ヒットマンズ・ボディガードの作品情報・感想・評価・動画配信

「ヒットマンズ・ボディガード」に投稿された感想・評価

Shingo

Shingoの感想・評価

3.6
これは、なかなかの掘り出し物。
頭からっぽにして、ガン&カーアクションのライド感に身を任せられる最高のポップコーンムービー。そこに、ほんのちょっぴりビターな人生訓が入ってる。「人生で嫌な事があっても、それでジュースを作れ」すべてを用意周到に準備しても、何が起こるかわからないのが人生。

150人以上を葬ったヒットマンを証人として護送する任務。証人を消そうと武装集団が襲い掛かる。かつてトリプルAのボディーガードだった主人公は、無事に証人を法廷まで送り届けられるのか。
ストーリー的には、ブルース・ウィリスの「16ブロック」あるいは、藤原竜也の「藁の楯」と同様のコンセプトだが、今回の警護対象は凄腕のヒットマン。なんなら、ボディーガードより経験も腕前も上というところが一味ちがう。
悪人を守るボディーガードと、悪人を殺すヒットマン。果たして本当の正義はどちらか?そんなバットマン的なテーマも滲ませる。

ライアン・レイノルズ演じるボディーガードと、サミュエル・L・ジャクソン演じるヒットマンは、守る側と殺す側、お互いに対立する関係だったが、それはあくまで仕事上のこと。話をしてみれば、似たような境遇で意気投合(とは言えないか?)。ただ、どちらも口から生まれたような二人だから、ひたすら舌戦を繰り広げるのが楽しい。

アムステルダムの運河をボートで疾走するチェイス場面は必見。
ボートを追って、武装集団とインターポールの車が並走し、さらに主人公がバイクで追いかける。とにかくスピード感がここちよい。
追走劇の合間にオランダの名産品を紹介、ついでに公娼の「飾り窓の女」まで写すところはご愛敬。「ファー・フロム・ホーム」でもそこはカットしたのに!でもちゃんとチューリップネタは入れる。

ライアン・レイノルズらしいジョークも随所で光る。車の後部座席のオシッコネタに始まり、シートベルトを締めろネタ、エンドクレジットの撮影裏話まで笑いを欠かさない。ライアンは終始、苦虫をかみつぶした顔をしているが、サミュエルが常にご機嫌の笑顔を見せて場のテンションをあげてくれる。ファックネタもしっかり入ってるし。

二人の妻・恋人役は、絵に描いたような強い女性。サルマ・ハエックは御年54歳とは思えない現役感。エロディ・ユンはパリ出身ながらカンボジア人の父を持ち、エキゾチックな雰囲気。
サルマが監房の中、「私にも人権ってものがあるんだ!」と言いつつ、同房の囚人を面壁させている可笑しさ。とどめにオナラでひと笑いとるとは。いや、不謹慎だとわかっていても、笑っちゃうんだな、これが。

最後に、「俺のボディガードを撃ちやがったからだ!」とビルから突き落とす場面は最高。「お前の敗因はたったひとつだ・・・てめーは俺を怒らせた」という承太郎みたいじゃないか。正義も罪悪感も関係ない、俺を怒らせるな!っていうザ・アウトロー感がたまらない。
一応、主演はライアン・レイノルズだが、これは完全にサミュエル・L・ジャクソンの映画。Netflixでしか見られないのがもったいない。
「Shit happens」哲学

人生には、一見偶然とは思えないほどの出来事が、純粋な不幸によって起こることがあります。 誰かのせいにせずに結果をありのままに受け入れることを学ぶことは、人生で学ぶべき最も重要な教訓の一つです。
1:45:50のカメラワークは映画史上指折りの名シーンだと思ってる良作。

https://open.spotify.com/track/0q21FNwES2bbtcduB6kjEU?si=Vs2fvx9yTMWqj1QqR6JarA

凄腕の殺し屋を凄腕のボディーガードが護衛する話。
基本的にコメディタッチで、ライアン・レイノルズがキレるシーンは大体面白い。

回りくどい考察など無しに何も考えずに観れる映画は評価されづらいが、なんやかんやこういう映画は楽しい。

普段は吹替えで見るが、「Jesus Christ!」のシーンだけは本人の声の方が良い。
愛樹

愛樹の感想・評価

5.0
凄腕ボディガードと、世界を股にかける殺し屋のバディムービー。
もう、バディムービーというだけで大好きなんですが、ライアン・レイノルズとサミュエル・L・ジャクソンの軽妙な掛け合いがテンポ良くて最初から最後まで飽きずに見れました。
そして、アクションもカッコよく、コメディチックなのに決めるところはバシッと決めていくのが何ともにくい。
タイトルにもあるボディガード要素は、殺し屋が強すぎて少々弱いと感じましたが、最後の最後でそのあたりも締めてくるあたり、熱い展開がありました。
比較的大きな予算で一昔前のハリウッド映画のような作品を楽しめただけでも満足。
これが定額で観られるんだから、すごい時代だと思います。
かなた

かなたの感想・評価

3.5
アクションかっこよかった
コメディ要素も入ってたので個人的には見やすかった
サラ

サラの感想・評価

3.7
サミュエルLジャクソンのゲラゲラ笑う笑い方大好き

時間潰しくらいに最適な銃、カーアクションこれだけ派手にやってくれるとみてるこっちもスッキリする
末次

末次の感想・評価

3.5
ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソンのバディだから保った感。よくある感じなので少々長く感じた。
それでも終盤〜終わり方好き。鐘の音が鳴り止まないライアン・レイノルズ。
うめ

うめの感想・評価

-
デコボコでドッカンドッカン

ゲイリーオールドマンの悪役いいよね。
Ryu

Ryuの感想・評価

3.9
2ガンズとかと同じ部類のアクションコメディ

笑い要素強めで ザ・王道ではあるものの ありそうで無かった設定に引き込まれる

それと、やっぱりゲイリーオールドマンは凄い役者だと改めて思う
「この人ゲイリーオールドマンっぽいなー」とすぐに分からない辺りが凄すぎる
ライアンとサミュエルのスーパーコンボ!

バイクアクション、カーアクションが
見応えありました!
2人のやりとりも最高
>|