• Filmarksトップ
  • ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスの感想・評価

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

Guardians of the Galaxy Vol. 2

上映日:2017年05月12日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:136分
    監督
    ジェームズ・ガン
    脚本
    ジェームズ・ガン
    キャスト
    クリス・プラット
    ゾーイ・サルダナ
    ブラッドリー・クーパー
    ヴィン・ディーゼル
    デビッド・バウティスタ
    カレン・ギラン
    マイケル・ルーカー
    ショーン・ガン
    エリザベス・デビッキ
    カート・ラッセル
    シルヴェスター・スタローン
    ポム・クレメンティーフ
    ネイサン・フィリオン
    トミー・フラナガン
    あらすじ
    “スター・ロード”ことピーター・クイルをリーダーに、凶暴なアライグマのロケット、マッチョな破壊王ドラックス、ツンデレ暗殺者ガモーラなど、たまたま出会ったノリで結成された宇宙の“はみ出し者”チーム、<ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー>。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つ“黄金の惑星”の指導者アイーシャ率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に…。間一髪、ガーディアンズを救ったのは“ピーターの父親”と名乗る謎の男エゴと、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティスだった。仲間からの忠告にも関わらずエゴに魅了されていくピーターの姿を見て、次第にチームの絆に亀裂が…。そこへ“ピーター育ての親”ヨンドゥが率いる宇宙海賊の襲撃や、さらに銀河全体を脅かす恐るべき陰謀が交錯していく。はたして、ピーターの出生に隠された衝撃の真実とは? そして、彼らは絆を取り戻し、銀河を救うことが出来るのか? その運命の鍵を握るのは、チーム一小さくてキュートな、ガーディアンズの最終兵“木”グルートだった…。

    「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」に投稿された感想・評価


    4Dはもはやアトラクションですね。
    映画を超えて楽しめました。

    声変わりした頃が懐かしい。

    でも、やっぱりアライグマ。
    最高オブ最高!!!

    前作と比べて印象深かったのは、強面で刺々しかったドラックスがすごい笑う笑う。
    今作ではすっかり毒が抜けて気さくなあんちゃんになっていたところは少し嬉しかった。家族を失い一度はどん底だった彼もクイル達に出会えて、むしろこれが本来の姿なのかもなぁと思ったらそれだけでちょっと涙腺にくる。

    今作も家族愛がテーマ。姉妹だったり兄弟だったり血の繋がらない親子であったり。前作よりも複雑になっていたもののそれを全く感じさせないテンポの良さと面白さは健在。
    あとは皆言ってますがヨンドゥが最高にカッコ良かったです。
    『宇宙イチ愉快な仲間と次回作の予想』

    鑑賞してから1か月が経過しました。
    いや〜長いあいだ宇宙を彷徨ってた笑

    とりあえず、ザックリ感想から申しますと、、、、クッッソガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。(褒めてます)

    前作と比べてしまうと断然に今作!!
    それは前作を深く深く掘り下げた内容になっているから。
    笑い要素もアップ。
    ドラッグスの笑いには釣られて笑ってしまう。あんな笑い方ができれば楽しそう。

    実はスターウォーズよりも最近のワイスピ寄りだったりします。

    あまり難しいことは言えないけど、最近純粋に笑って楽しめる映画が少ない気がする。
    特にハリウッド級の超大作は続編を量産して、どんな爽快なアクションを魅せよう。この組み合わせだったら客にウケる。
    と、映画全体よりも1つのアクションや1つのシーンに力を入れすぎて、それが空回りしていざ、公開したら大コケ何てことも、
    だが大事な事はストーリーがあるか?キャラクターが生きているか?でほぼ映画の面白さは決まる。

    勿論、本作にはどちらもある。
    それも前作があるから成り立つストーリーとキャラクターが生きている。
    まるで実際に遠い宇宙の果てで、活躍しているような楽しんで演技をしているスターロードことクリス・プラットとその一行が、現にいる感覚だ。

    そしてサントラを聴けば君もヒーローになれる。



    ※ここからは次回作の予想である
    ネタバレ含む。







    今作で活躍したのはガーディアンズはもちろんだが、それ以上にヨンドゥの活躍は大きい。
    それはもう1人の父親でもあるからだ。
    では次回作では誰が活躍するのか?
    その予想はかなりぶしつけではあるが、ズバリ。ロケットだ。

    それはなぜか。ポイントは2つある。
    前作のラストカットに映し出されたのがヨンドゥだ。
    そして今作で活躍した。
    今作のラストでは、そうロケットである。
    しかもロケットとヨンドゥは似た者同士だとヨンドゥが言っていた。

    もう1つは監督自らロケットをお気に入りのキャラに挙げている点だ。
    これはある記事で読んだものだが、ロケットのキャラクター構成にかなり時間を費やしたらしい。
    ならばロケットの生い立ちが明らかになるのでは?

    以上が予想である。

    とサントラを聴きながら新幹線内で感想を締める。
    1は正直そこまで来なかったが、auマンデー&時間が合うのが2しかなく鑑賞しました。

    全く期待もせず、前作も振り返らず観ましたが…

    なんだ!この秀作は!!!!

    完全にヤラれました。
    笑いあり、涙あり、

    marvel×Disney
    恐るべし。 究極のエンターテイメントをありがとう!!!!!

    帰って1見返します。
    ネタ映画としても充分面白いけど、映像素晴もらしく、音楽も良し、今作の重要なテーマである家族という部分もしっかりメッセージが盛り込まれ、いろんな角度から楽しめました!なによりグルート可愛すぎ!サントラほしい!
    カッコイイ!笑える!泣ける!
    やっぱり面白い映画はレビュー書きたくなりますね。文句無しの音楽チョイス。
    笑えるし泣けるしグルートかわいいしグルートかわいいし最高だった
    困ったことに1作目ほとんど覚えてなかったけどそれでも面白かったからよかった
    アイムグルーーート
    音楽のセレクトと笑いのセンスが最高!!!
    冒頭のタイトルが出た瞬間「あっこれはもう最高だわ」ってなります。
    3D・MX4Dだと揺れがすごくてアトラクションみたいだったけど、この作品には合ってました。とりあえず最高。もっかい見たい。
    前作よりさらに見やすくなっていて、色んな世代が楽しめる映画になっていました!最後にはまさかの感動でした!仲間や絆といった人と繋がりたくなる映画に思います(^^♪
    >|