ベイビー・ドライバーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ベイビー・ドライバー2017年製作の映画)

Baby Driver

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

4.2

あらすじ

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェー…

天才的なドライビング・センスを買われ、犯罪組織の“逃がし屋”として活躍する若きドライバー、通称「ベイビー」(アンセル・エルゴート)。彼の最高のテクニックを発揮するための小道具、それは完璧なプレイリストが揃っているiPod。子供のころの事故の後遺症で耳鳴りが激しい彼だが、音楽にノって外界から完璧に遮断されると、耳鳴りは消え、イカれたドライバーへと変貌する。ある日、運命の女の子デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ってしまった彼は犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし彼の才能を惜しむ組織のボス(ケヴィン・スペイシー)にデボラの存在を嗅ぎ付けられ、無謀な強盗に手を貸すことになり、彼の人生は脅かされ始める――。

「ベイビー・ドライバー」に投稿された感想・評価

Misa

Misaの感想・評価

4.5
好き。
アンセル・エルゴート、気づかない間にとてもイケメンに。
B.A.B.Y, BABY あのセリフ頭から離れない。
mariekko

mariekkoの感想・評価

3.5
コインランドリーで好きな女の子と好きな音楽を聴く
なんで?なんで?世の中そんなうまくいかない。仲間大切にしてベイビー 音楽は4.8
一言であらわすなら『音楽とカーアクションの痛快シンクロ映画』。主人公が劇中で聞く音楽と観客が聞く音楽をシンクロさせる演出は珍しくないけど、イケイケのカーアクションと相まってノリはピカイチの金メダル!めちゃあがる!ノリだけで観れる楽しいエンタメ映画はやっぱりイイよっ!
Daaaaaaa

Daaaaaaaの感想・評価

4.1
音楽を聴いたら才能が開花するところが◎
ワイスピのような緊張感があった。
とり

とりの感想・評価

4.2
ノリが良い!ずっとミュージック・ビデオみたい!オープニングのカーアクションかっこいい!リリージェームズ可愛い!
ライトに観れるのに、主人公の心情や過去などの内面にスポットが当てられていて良かった。
コーヒーを運ぶオープニング、朝ごはんの作り方、おしゃれすぎませんか?音楽とカーアクションのコンボ良すぎませんか?
後半、そういうかんじ?ってなったけどね。銃好きだねアメリカ。
八鍬

八鍬の感想・評価

4.0
何も変わらない日常を踊らせる 『ボニー&クライド』+『バニシング・ポイント』型ブラン・ニュー・ムービー炸裂‼︎‼︎
「バイバイ・ベイビー!」 毎日がサヨナラ。そして 辿り着いたら いつも雨降り。
「ヘイ・ベイビー! 俺は今を愛してる!」 高速でブッ飛び続ける「今」に繋がれた ロードムービー・プリズナーの孤独は続く。ますます その強度を研ぎ澄ますエドガー・ライト。『ベイビー・ドライバー』は2017年唯一のデット・エンドムービーだ。

エドガー・ライト最高!ロックンロール最高‼︎ もはやクリシェでしかないと思っている輩もいるだろうから 敢えて何度でも何度でも言ってやる。エドガー・ライト最高!『ベイビー・ドライバー』最高‼︎ いや 実際の話 エドガー・ライトの存在というのが いかに貴重で 破格だという事実に 本当に皆 気づいているのだろうか? 世界中見渡しても こんな映画監督は本当にいないんだぜ? 映画とロックンロール・ミュージックのことを何も知らないTUTAYAのレンタルコーナーでウロウロしてる奴らが言ってるのとは わけが違うんだ 俺が言ってるのは。つい最近 マシュー・ヴォーンやデヴィッド・リーチが登場するまで このエドガー・ライトにしかスプラスティック・アクションはできなかったと言っても構わない。それ きちんと映画歴史の教科書に書いといた方がいいと思う。聞いてるか “松本”? “庵野”?

そう どこか全体的にポスト・アポカリプス風モードが強かった『ワールズ・エンド』のロジカルな発展形として 最新作『ベイビー・ドライバー』では『スカーフェイス』とまでは言わずとも どこか『ヒート』や『カリートの道』のアル・パチーノの93〜96年頃の持つフィーリングを感じさせるシーンが格段に増えた。初期のジャストなゾンビから 未だ着実な深化を見せるエドガー・ライト。今作は 明らかに そうしたエドガー監督の新たな深化を告げるのに十分な内容だ。そう あのラストと言ったら!その素晴らしさを端的に証明していたのは ニューシネマ的な終わり方が これまでのエドガー監督一辺倒な感じとは 確かに違っていたという点だ。そう 『タクシードライバー』でトラヴィスが好き勝手に暴れまくる あの感じ。それが『ベイビー・ドライバー』の大半のシーンで巻き起こる。映画館ですべての観客が一丸になるのではなく 好き勝手に騒ぐ 映画の祝祭空間。大勢の人間がひとつの映画を見る姿で 俺的な理想は70〜80年代のグラインドハウスなのだが 今 メジャー映画監督でこれをやれるのは エドガー・ライトとロブ・ゾンビぐらいのものだろう。それがどれだけ凄いことか覚えおいた方がいい。
『ベイビー・ドライバー』があれば もう『アメリカン・グラフィティ』とかいらないじゃんか。おら 聞いてるか 世界? バイバイ 世界!
grace

graceの感想・評価

3.5
爆音映画祭にて鑑賞。奏でるようなカメラワーク、そして圧倒的なほどに音楽がかっこいい、ミックステープなんて作っちゃうのも最高。これが彼の人と繋がる方法なのだろうな。あまりカーチェイスものと縁のない私も十分世界に入り込めた。あとなんてったって非情なはずの世界に温もりを感じる登場人物の個性。
nIa

nIaの感想・評価

4.7
何気にたくさん登場する日本車たち
こまけーこたぁいいんだ おしゃれでポップなカーアクションを見てみたかった パーフェクトな作品だよ
SHiN

SHiNの感想・評価

3.7
ベイビーなんて名前からは想像もできないワイルドな走りをする逃し屋をすることになった青年。
普段は大人しいこの青年も一度iPodでお気に入りのセットリストを再生してハンドルを握ればフルスロットル!

ボスは今何かと話題になってしまったケヴィン・スペイシー!
悲しいです、ショックですスペイシー。好きだったのに、これがきっと最後の見納めか?(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
この作中の引き際も中々えらいことになっちゃったけどこれが最後かと思うと悲しいやら、清々しいやら…(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

今作はカーアクションはもちろんだけど、ノリノリの曲に合わせてセリフや動きをあてる編集力や、登場人物達の個性や激しい銃撃戦、そしてダイナーで出会う恋…とアメリカ映画を堪能するにはこれでもか!と投入してくれているところ。


全体的には目新しさはないし観終わった直後はまあ普通かなーと思っていたけど、なんだかんだ後々思い返してしまう余韻が後から来て残る映画かな?という印象。これって凄いと思う。
ポスターのオシャレさもまたいい感じで、現在待ち受けにしてしまってる程^^;笑


しかもこの上映が爆音祭りだったからまた上がった理由の一つかも?
>|