ガールズ&パンツァー 劇場版の作品情報・感想・評価

ガールズ&パンツァー 劇場版2015年製作の映画)

上映日:2015年11月21日

製作国:

上映時間:120分

4.1

あらすじ

「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定した。TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車…

「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定した。TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車道チームが、今度は何のために戦うのか?TVシリーズのメインスタッフが再結集。新キャラ、新戦車も登場しTVシリーズの後日談を描く、さらにスケールアップした「ガールズ&パンツァー 劇場版」にご期待ください。

「ガールズ&パンツァー 劇場版」に投稿された感想・評価

龍じん

龍じんの感想・評価

3.6
大洗に遊びに行くので聖地巡礼という訳ではないのですが、予習を兼ねて鑑賞。

ミリタリー属性はあまり持ち合わせていないのだが、凝ったアクション・魅せるカメラワーク・マシンの重量感・砲撃のタイミング・緊迫する戦略の読み合い、戦車戦の醍醐味をこれでもかとばかりに詰め込んだ秀作。4DXで何回となく上映されるのも納得。システムにピッタリの作品だわ。

茶道や華道の如く家元すら存在する乙女の嗜み「戦車道」、甲子園と同列(それ以上か?)に民衆に受け入れられている全国大会。概要だけ書くとなんじゃそりゃだし、本作だけ観ても話の流れもキャラクター同士の繋がりも分からないけど、コレはファンのための映画なのだな。実在の兵器を使用するものの人は負傷しないし、被弾破壊される街の住民もそれが名誉とばかりに応援する(いっそ清々しい程に壊していくんだなコレが)。これらの謎設定さえ乗り越えてしまえば非常に完成されたスポ根ものの極み☆☆☆と言えよう。

ガルパンはいいぞ!
パンツァーフォーーー!


追記
大洗行ってきました。まだまだ聖地としての貫禄は十分。ガルパン列車やガルパンバスに揺られ、劇中に出てきたのと同じ風景を目にするとやっぱりアガり↗ますね。ファンの方々も結構な数巡礼続行中です。勢いに乗って入店してしまった「ガルパンカフェ」(マリンタワー内)が内装とか思いの外ちゃんと(?)してて感心。間違って入ってきてしまう親子連れが複数いましたが…w
団体戦のため高校生の新チームを出したんやろうけど、はっきり言って要らんわ。新たなキャラファン増やそうってか?
また、大学生チームのキャラ、描ききれてないんは、しゃーないんか?
ほんで、別の戦車道の家元の女娘の天才少女?このありきたりな設定、もうエエちゅーんや。
普通に対抗戦の方が、良かったと思うわ。
521号

521号の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

映像的にはテレビシリーズを引き継ぎつつさらに洗練されたカメラワークがとても云々…ってことよりとにかく、

車両、砲撃、そしてキャラクターへの愛。

声優とスタッフとファンの作品への愛。

映画はみんなの映画だって再確認した。



テレビ本編同様、メインとして大洗というパースを切り取った本作であるが、皆には皆のドラマがあるのである。
各校ごとのドラマが並行しては絡み合い連鎖していく。テレビ本編やドラマCDで積み重ねられたキャラクターや世界観の多様でふくよかな広がりが、ついに結実しガルパンの真の魅力をここに提示した。

その文脈に愛と感動以外のもはや何も覚えない。




個人的には

ノンナ…泣
そしてダー様…号泣

泣ける。作中では察する程度の描写しかないけど、ダー様の活躍が半端じゃない。

秋山殿がワンコでめちゃくちゃ可愛い。
配給兵食調理時の迷彩エプロンとか、シュトルムティーガーの写真提示時とか、やっぱポテンシャル高いわ。

エリカは本当に思春期すぎておじさん涙。

お姉ちゃん妹はもう大丈夫だからもう少しエリカにデレてあげてくれ。

会長はようやくカリスマ性と女子高生の間に落ち着いてきて安心。

ナオミ砲手なのにあらゆるもの運転できすぎ、イケメンすぎ。


ダー様あいかわらず安定の作中トップ、ネタ提供活動ありがとうございます。
しつつもこんなにご活躍なさって、MVPどころではないよもう。

カチューシャ×ダー様

の紅茶フレンズ絡みがけっこうあって美味しい。


要所で副隊長、隊長格の好敵手コンビネーションが泣ける。
だけでなく隊員も。
この作品にはモブなどいないのである。

理屈っぽい感想などなく、もう何か書けと言われたらキャラクターへの愛を個別に書くしか無くなるので割愛。

やっぱ冒頭のエキシビションマッチのクオリティやばないすか。
映画の本筋も面白いけど、冒頭20分強の痺れと余韻がエンディング後まで残ってる。

ぱねー。

エンディングのアンツィオ可愛すぎ。
鴉

鴉の感想・評価

4.1
立川極爆にて鑑賞。

戦車の砲撃音が凄かった。重低音で腹の底に響く感じ。そしてバシッ!っとパンチの効いた破裂感。これは映画館じゃないと体感出来ないですね。戦車の予行演習を観てる気分になりました。

戦闘中はBGMを極力流さず、セリフと効果音だけで緊張感と臨場感を演出してたのは好印象だった。劇伴は雰囲気を引き出せて効果的にみえる反面、雰囲気をその曲に染め上げてしまう諸刃の剣でもある気がする。コミカルなシーンでは能天気な音楽で徹底的に笑いを誘い、戦闘シーンでは彼女達の真剣な表情の如く音楽を極力省き、張り詰めた緊張感を表現してた。
ただ可愛いキャラが出るだけじゃなく、こういった演出があるからこそガルパンは評価されてるのかなとも思った。
みけ

みけの感想・評価

4.1
アニメも去ることながら映画のクオリティもさすがでした。最後のシーンでは息をするのも忘れるくらいに映画に入り込んでしまいました。
ガルパンって最初萌えアニメ風熱血アニメかと思ってたけど、もしかしたら謎世界観に浸るアニメなのかもしれない
継続高校が活躍するシーンすき
パチンコ店で見たことある。あぁ〜これかと鑑賞。最初は、ガールズパンツだと思った。えらいストレートなタイトルやなと思って。で、なんで戦車やねんと。美少女と戦車。男心をくすぐるツボをおさえたズッこい設定。結構リアルに描写されていて、のめり込む。パンツァーフォー!!!!!
ガルパンはいいぞ。
できれば映画館で見てほしい作品。重低音的なので座席が振動して臨場感が半端ない。全身で視聴しよう。
Rurimi

Rurimiの感想・評価

2.0
ガルパン初見。
このアニメ、顔が女の子で体は戦車なのかと思ってたら違った…
女子高生が部活で戦車っていうい設定は面白いげどあまり好きなジャンルじゃないので集中できず流し見。
まこ

まこの感想・評価

4.4
前に付き合ってた人に誘われ鑑賞。
それ以来何回観たかわからないレベルでリピートして観てる。
でも周りに好きな人あまりいなくて話せないのが悲しい。
…レビューになってない。笑
>|