ガールズ&パンツァー 劇場版の作品情報・感想・評価

ガールズ&パンツァー 劇場版2015年製作の映画)

上映日:2015年11月21日

製作国:

上映時間:120分

4.1

あらすじ

「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定した。TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車…

「戦車による武道」を嗜む女子高生たちの青春と友情を描き、緻密な戦車描写と相まって話題作となった「ガールズ&パンツァー」。2012年10月のTVシリーズ放送開始から3年、2014年7月のOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」発売を経て、2015年11月21日に完全新作劇場版の公開が決定した。TVシリーズでは仲間たちとの友情と絆で強豪校に打ち勝ち、母校の廃校を阻止した西住みほたち大洗女子学園の戦車道チームが、今度は何のために戦うのか?TVシリーズのメインスタッフが再結集。新キャラ、新戦車も登場しTVシリーズの後日談を描く、さらにスケールアップした「ガールズ&パンツァー 劇場版」にご期待ください。

「ガールズ&パンツァー 劇場版」に投稿された感想・評価

PIXY

PIXYの感想・評価

3.7
全く予備知識がなかったのでわからないところばかりだが戦車のスピーディーさにはビックリした。
戦車の知識があったらもっとのめりこめたのかな?
カール自走砲!戦車か?観覧車も面白い。
劇場で観たかった… テレビ版観てなくても全然イケた
MMFRリバイバル上映頃、マッマとガルパンセットで爆音4DX楽しんでる方が多く、「ガルパンはいいぞ」の言葉を残すもんで気になる気になる…マッマ好きならガルパンもハマるって事かな?って…

ただ絵がアレだし笑、手が出せずにいましたが…

でもこの絵がギャップ効果出してる、個性豊かな女子高生達が戦車でドッカンドッカン💨するヒャッハー系でした^ ^

コレ爆音ならそりゃ楽しいさ
戦車ならではのモタモタなシーンで笑かしといて、次には迫力とスピードで興奮させる💨💨
劇場版をいきなり観ても戦車バトルは楽しめると思うけど、テレビ版観てキャラを知ってた方がフフって笑える
ロシア語出るとニヤニヤ

息子も興奮して「かっけー✨」
次のガルパン、近くで上映あったら行かなきゃね
2017 9 レンタル
UFOキャッチャーの寝そべりぬいぐるみ各校隊長シリーズをようやく全種コンプリートできたので、家に帰ってぬいぐるみをクッションの上に積み上げてみたら、なかなかどうして安定感のあるピラミッドをつくることができた。二頭身のちっこいやつが重なってる姿はとっても可愛いのだけれど、店ではアームパワーMAXの在庫処分台に叩き込まれていたのを見るに、キャラ人気ではラブライブサンシャインの足元にも及ばないのだろう。くやしいのうw
新作も公開することだし、この機会に劇場版をもう一度鑑賞してみた。
はじめは少ない上映館だったものが評判を呼び徐々に広まって、遂には4DXや爆音上映とやたら長期間上映していた作品だ。テレビアニメですべての問題が清算されて綺麗に幕を降ろした後を描くお話なので、大洗チームの新しい葛藤の置き所に少し違和感があり、『北斗の拳』で言うとラオウが死んだ後とか『キャプ翼』だと最後ら辺みたいな感じがして、多少強引に話を広げた続編なのは否めないが、あらゆる趣向を凝らした様々な視点・構図で描かれる戦車戦に詰め込まれた過剰なまでのサービス精神と、ふんだんなアイデアに出し惜しみがなく非常に景気が良い。
テレビアニメには登場しなかった新キャラも立っていて、彼女たちオールスターが一同に会する絵面は豪華だ。さらに大学選抜のおねえさんたちや西隊長にスナフキンにローズヒップなど、映画初登場のキャラがここまで魅力的なのも珍しい。
みぽりんが実家に帰ったときに「姉より優れた妹など存在しねぇ!」などと意地悪を言わず、お母さんに内緒で学校の書類に印鑑を押してくれるまほお姉ちゃんが女神なんですけど、新キャラのなかでは聖グロ期待の新人ローズヒップちゃんがお気に入りです。「マジですの!?」とか「来ましたでございますのよ!」みたいに敬語が滅茶苦茶なところが可愛い。これこそ日本語の可能性だ。近頃の若者の言葉の乱れについて、「実に嘆かわしいことです!けしからんですな。」などと了見の狭いことは仰らず、老害でいらっしゃるお方も一緒になってお楽しみになっていただきたいで御座いますことですわ。
ローズヒップはドラマCDで主役を張っていて、彼女が聖グロリアーナ女子の生徒としてあるべき気品を身に付けるために、ダージリン様からテーブルマナー講座を受ける様子を聴くことができる。お茶目なダージリンがものを知らないローズヒップをからかうのだが、この俗物を笑い者にする英国気質を可愛いやり取りとしてみられるのは萌えアニメだからか。オレンジペコの出来る副官っぷりが堪能できるし、何より本編の出番が少なかったアッサム様の御声が聴けるので、面倒見のよさそうな指導の様子から彼女の人となりがここでようやくわかる。
にしても、隊長と参謀の二人の先輩が卒業したら、その負担を丸々引き継ぐ上に、同期のバカたちの面倒をみながら、後輩の育成までしきゃいけない胃酸逆流必死の役職を押し付けられるであろうペコが不憫でならない。聖グロ、冬の時代へ!
aono

aonoの感想・評価

4.2
アニメ版を予習済みでの観賞です。
これほどまでに、製作者の方々の愛を感じる作品は稀です。たくさんのキャラクターがいながらその全てに魅せ場を与え、アクションシーンや音響にもかなりこだわっています。最後の姉妹共闘シーンはアニメ版を見た人なら誰しもが観てみたかった部分で、観て後悔する人はほとんどいないのではないでしょうか。

2017秋 7/25
Toku

Tokuの感想・評価

5.0
映画とアニメの力を感じる。私にとって、この映画は救いだ。
少女たちの「青春の絶望的危機」を努力によって乗り越えて行く。学園艦の廃止、さらに住む人々を人質にとられてもなお、少女たちはささやかな日常を続けるべく「大きい力」と戦い続ける。
最終的に勝ち得た日常は、果たして未来永劫確約されたものなのか。それとも束の間の日常なのか。
日常とは、かけがえのないものであると同時に、努力しなければ自動的には続かず、あまりにも不安定であると思い知らされる。
ガラスのように繊細で、脆いもの。それが日常であり、幸せな人生であり、意識的/主体的に自ずから守り続けなければならないのだろう。

これは少女たちだけの物語ではない。
水島努の高い要求に応える制作者(おじさん)の努力の物語でもある。
この物語に登場する少女たちは、おじさんたちのたゆまぬ努力を表象しているのだ。
大傑作の映画である。

ガルパンはいいぞ。
今まで観たTVアニメから派生した劇場版としては最高傑作だと思う。
ガルパンおじさん補正もかかってるわけだがw

当然TVシリーズを知らないとキャラ特性がわからず?な部分があると思うがそれを差し引いても良くできたシナリオと演出。

最初にデジタル配信版を観て、あまりの面白さに限定版のBlu-rayを買い、Blu-ray/DVD発売記念で4DX公開されていたのを知って劇場に観に行った。

普通に観ても面白いが4DXの凄さがまた異常。
特盛りという爆音、4D効果もかなり派手なバージョンだったのでなおさらかも知れない。

雨のシーンは本当にすごい量の水が降ってきてかなり濡れたしw

凄さという点では4Dで振動などの効果をつけるプログラマーが戦車ごとや地形、動き方にまで細かく配慮して振動の具合を調整したとか。

音響なども各スタッフがこだわり抜いて作っているのでTVシリーズも同様、ただの萌えアニメになってないのがこの作品の良いところ。

我が家も私だけではなくて妻も子供もみんな作品のファンになって、それぞれに推しみたいなキャラがいたり。

やはり練りこまれたシナリオ、アニメらしさとリアリテイの境界が絶妙で、老若男女問わず、最後の最後までワクワクハラハラしながら楽しめる作品だと思う。
もえー

もえーの感想・評価

5.0
戦車戦がとにかくかっこよくて最高。
既存・新規問わず魅力的なキャラクターもたくさん。
爆音上映や4DXも含めて計15回くらい。
何度見ても最後の決戦はドキドキしてしまう。
和登

和登の感想・評価

4.5
戦車戦は映画で見なくてどうする!!と、何十回と映画館に通いました(主に立川…お世話になりました)
展開は早いし「このシーン必要?」と思う部分もありますが、それを帳消しにしてくれるくらい、戦車シーンが良かった!
2015年12月9日
TOHOシネマズ日本橋にて鑑賞。
戦車道全国高校生大会優勝した大洗女子学園のその後を描いた作品。
友情、協力が満載されただけじゃなく、迫力ある戦車戦、ホロリとさせられる展開、魅力あふれる新キャラクターともう大満足。
上映時間の長さを感じさせない作品でした。
臨場感あふれる戦車戦が楽しめるので、映画館での鑑賞は必須の作品ですよ。
2016年2月25日
コロナワールドにて4DXにて鑑賞。
4DXシステムが作り出す振動、水しぶき、バイブレーション等で、また楽しませていただきました。
>|