T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版の作品情報・感想・評価・動画配信

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版』に投稿された感想・評価

mana

manaの感想・評価

3.9
戦車のアクション初めて。
内部の配置とか役割、弾が当たった時の衝撃、すべて新鮮で楽しかった。
照準合わせるの時間かかるからこそのドキドキ感がたまらん。
敵ながらもライバルとして戦いを楽しんでるのが伝わってきていい。
操縦手かっこいい。
○ 戦車の砲台の動きの遅さがハラハラ具合を加速させる
○ 風景が綺麗
○ 戦場に変化があって飽きない
○ スローの多用
○ 憎めない悪役
○ 轟音が凄まじい
○ クラシックが合う
○ 漢の友情
hidehide

hidehideの感想・評価

3.8
やはり、戦車には『橋』の戦いが良く似合う。
そして、橋は必ず崩れる…ナウシカの様に…

着弾のシーンや弾頭の軌跡がスローなのは
『!…んんんっ!ギリっ!』と力が入りました。
※若干アングルが判り辛いシーンもありましたが。

しかしながら、やはり戦争はイヤですね…
娯楽として見れている今日に感謝です…
タケ

タケの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

アマプラ配信終了直前にて

主人公は天才的な?ロシア人戦車長

過去~~~圧倒的な戦力差を覆しドイツ戦車隊を殲滅し敵、指揮官と1体1で対決するまで奮闘するも最後に拳銃に倒れ囚われる

現在~~~何度もドイツ軍から逃亡を図るも成功せず死を待つのみだったが、過去に自分を打ち倒したドイツ軍指揮官に脅され、1台の戦車を与えられ、演習の敵役をする為に捕虜の中から選抜しチームを組まされる

演習では実弾は与えられず、技術のみで立ち回れと命ぜられたが、戦車の中にあった同胞の死体に、同じく車内に残っていた実弾を隠して埋葬することに成功。↼いくらなんでもドイツ軍間抜け過ぎだろう…

演習始まって速攻で実弾でドイツ軍を砲撃して裏切り逃亡。
迫力ある戦車の動きや砲撃戦の描写は面白く感じる、効果音も○
砲弾をギリギリで避け過ぎなんだけどねww


これまで色々と助けてくれた通訳の美人さんも拾って逃亡~~~

主人公の戦車長と通訳さんがロマンス
⤴︎これも酷すぎるだろ 他の男隊員がいる中で2人だけでラブラブするか?苦笑
美しい音楽流れてるけど無いわー

何だか無理やり綺麗な流れにもっていって感がヒシヒシと、薄っぺらく感じるな

ラスト戦車で一騎打ち、決闘か?グローブ地面に叩きつけて
リアルとは言い難くシラケる

橋に落ちそうになってる敵隊長を撃たないのもなんだかわざとらしい
敵隊長の最期を誇りあるものにしたのはまぁ良かった

見終わった後で~~~

ウクライナ戦争が起きてからロシアにはどうしても厳しい目を向けてしまう
これまではロシアなりに面白い映画があったと思っていたが、この作品は無いな
共産圏の作るプロパガンダ的な、なんというかとてつもなくわざとらしい美談を見せられた感じ
この作品はおそらくどこの国にもいる自称保守の愛国マンセー映画
フューリーがどこまでもリアルな作劇だったけど、こちらは戦車ファンタジー。

仲間との絆、ヒロインとの淡い恋愛、魅力的なライバル…少年マンガ的要素が高次元でまとまっている。最初から最後までずっーと楽しかった!

コロナ自粛明け、久々に映画館で観たのが今作で本当に良かった。
さあっ

さあっの感想・評価

4.3
全身に力を入れながら鑑賞
ドキドキハラハラが止まらなかった
アッと言う間の139分
ぶん

ぶんの感想・評価

3.6
敵の陣地で堂々復活戦車T-34
「白鳥の湖」のメロディに乗って回転する程の快調な動き。
そしてやっちゃいます!敵の目を欺き突破しる、つよい!つよい!ひたすら強い!

初っ端からクライマックスで、ずっと盛り上がってるんで、ストレス発散楽しめるエンタメ盛モリ。
戦争映画なのに「不幸」がない。小賢しい歴史背景やら人間模様など一切省いて良いとこ取りなので頭が楽チンでした😄
今まで戦車って全然興味なかったけどめっちゃカッケーーーー!戦車映画界の少年ジャンプ これ以外に戦車映画見たことないけど
IMAXでの上映逃したのは未だに悔やまれるけど とりあえずダイナミック完全版も制覇できたのは喜び
監督が戦車好きなのが伝わってくる、こだわりがすごい。

CGもハリウッドに劣らぬクオリティ
派手、派手、ド派手
>|

あなたにおすすめの記事