タンク・ソルジャー 重戦車KV-1の作品情報・感想・評価・動画配信

「タンク・ソルジャー 重戦車KV-1」に投稿された感想・評価

WWⅡ中に、ドイツの重戦車に立ち向かった戦車兵たちの実話を基に描く戦争ドラマ。独ソ決戦の鍵を握る攻防戦で、勇敢に戦った兵士たちの姿を映し出す。
おそらく先程鑑賞した「1941 モスクワ攻防戦80年目の真実」から約半年後、ロシアの冬将軍もあって、多少ドイツ軍を押し返した頃の話し。
もうコレはWWⅡ戦車の動いているところを見たい人向けなだけの作品。
の割には、平場のどうでもいいドラマパートが長くてタルい。女性整備兵がヒロインでモテモテなんだけど「えっ!そうかなー?」ってぐらいのオバちゃんでイマイチ設定に説得力が無い。まぁ、戦場補正なのでしょうね。
「T34レジェンド・オブ・ウォー」がいかに優れていたかがよくわかる。例えば「T34」では実際に役者を乗せて操縦させて、小型カメラを駆使してそれを撮っているので、戦車のとても狭い車内の様子がよく伝わってくる。でも今作での戦車車内はおそらくセット。やたらと周囲に空間があって、いくら大型の重戦車KV-1とはいえ、そんなゆとりないでしょう!とツッコミたくなる。ちょっとした船舶ぐらいの余裕がある。肝心の戦車戦でも戦術的な読み合いや位置関係等をうまく見せてくれれば、もっと面白くなったのに…って感じた。基本無双でただ突き進むだけだし。ラスト、テロップ説明に「本当?」って疑ってしまうぐらいな破天荒さ。
でもよくよく調べるとこの2作品、実は共に2018年製作作品で多分半年くらいの違いしか無いのではないか。そんなところも“おそロシア”。
にこぺ

にこぺの感想・評価

3.0
ソビエトvsドイツの戦車映画です。
指揮官コノワロフの戦車が敵に囲まれてるのに、何故そういう展開になるのかがわからない。位置関係と距離感が掴めず、うまく行き過ぎ感だけを感じながら観てました。
その点、以前観た「T-34」は上からの目線など、位置関係を理解させてくれたので、やっぱりあの作品は良き良きと改めて褒めてしまう。
あとは、終盤のメロメロ度がウザい。なんでパヴラ登場くらいのスタンスで最後までいかなかったのかしら?戦車映画見るやつに一番いらない要素ですよね〜。
placebo

placeboの感想・評価

2.5
実話を基にした映画と言うことで鑑賞🎦戦車好きには良いのかも😅
MAH

MAHの感想・評価

2.6
皆さんお待ちかねのロシア製映画です

夫婦だった話も実話かね?
UoxoU

UoxoUの感想・評価

3.0
あれだけ多くのドイツ軍と戦車一輌で戦ったのはすごいと思ったけどドイツ軍あまりにも弱いし下手くそ過ぎた気もする
そして全体的に手を抜いてる感じがして凄さも半減してしまう
一番観たかったのは戦う姿や撃ち合いだったけどその重要な部分を見せてくれない😥
天才整備士の手元も殆ど映る事もなく
全体的に呆気なさは否めない。
これが実際にあった話しなら
もっと緊迫、臨場感か欲しかった😅
戦車映画ファンには楽しめる作品です。
gakupapa

gakupapaの感想・評価

2.5
実話との事でロシアの人達にとってのヒーローものとしては良いかもしれないが、KV-1の凄さというよりドイツ戦車の無能さが酷過ぎて、イマイチ嵌れない。
efn

efnの感想・評価

3.9
 戦車の特徴を機動力ではなく装甲と砲に見出した正しく戦車な映画。どうしても間抜け面になってしまう遠景を切って、履帯が泥をえぐったり跳弾で火花が飛ぶ、といったクローズに特化している。
 急停止すれば操縦士が頭をぶつけて流血するし装填手も大慌て、身を乗り出したがために戦車ごと吹き呼ばされる描写など、戦車映画として地に足がついている。
 もちろん撃つときは停車。弾もなかなか当たらないが、そういったスリルを装甲の厚さが調整していてる。(この辺はUボートに似ている)きちんと超信地旋回もしているし、戦車を戦車のままエンターテイメントとして見せていあたりガルパンやフューリーよりも誠実で感心した。
 ただ整備関係にも焦点を当てたのにスパナひとつ映さないのはどうなのよ、みたいなことは思った。KVの部品に触れている画は排気管の取り替えくらいしかないのに、レコードを修理する場面だけ整備平面しているのは公平じゃない。
J四郎

J四郎の感想・評価

3.5
ソ連戦車を愛でる戦争アクション。
第二次大戦でドイツ軍との実際にあった戦車戦!ってウリなんですけど、ホンマかいな?ってね。もちろんロシア映画です。

俺は戦車にはさほど興味が無いので、どの戦車も皆同じに見えちまうんですが、メインディッシュの戦車そのものの描写は見事!でミリオタさんにはたまらん作品なのかも知れません。タイトルはクソダサいですが侮れません。

映画そのものや話は「T-34」の方がずっと出来が良いんですが、戦車戦の見応えは遜色ないです。もう戦車戦に焦点を絞って観ても良いかもしれません。夜間戦闘で炎に照らされた戦車のシルエットが実にええですなぁ。

それ以外は普通ってところ。例えるなら昔のアメリカのスペシャルドラマに金をかけたようなレベルかな。
登場すんのがオッサンばかり(強そうな面した女性整備士を除き)ですが妙に青臭くてオチャメです。

戦争もんだけど軽く観れるのが人によって良し悪しでしょうなぁ~。
KEITO

KEITOの感想・評価

3.6
戦車映画を調べていると、似ている作品一覧に必ず『ガールズ&パンツァー』が紛れているのが絵的になんか面白い。ガルパンの劇場版も面白かったですね。自分はミリオタではありませんが、KV-1の無骨な見た目が結構好き。

最近話題になったロシア産の戦車映画といえば『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』ですね。自分もあの作品はかなり楽しんで観ましたが本作もなかなかの出来!「1両で16両撃破?フィクションでも流石にあり得ないっしょ(鼻ホジ)」って思って観てたら実話なのかよ!すいませんでした!

1942年、東部戦線ではナチスドイツとソビエト軍が激しい戦闘を繰り広げていた。ソ連第15戦車団に所属するコノワロフは、KV-1戦車部隊8号車の指揮を担当する。彼が率いるのは個性的な4人の戦車兵で、最初の仕事はまず自分たちの手で戦車の修理をすることだった。整備士のパヴラの力もあり8号車の修理は完了し、いよいよ彼らは戦場に向かう。

先述した通り実話を元にした本作。主人公コノワロフの妻パヴラが天才的な戦車整備士というのも事実だったらしい。いやすげーな、こんな漫画みたいなシチュエーションあります?戦場に紅一点がいたらもっと男たちがグイグイ行きそうですが、みな彼女の整備士の腕を認めているため戦友の一人として認め合ってるのがいいですね。

ラストの戦車戦がマジで最高。演出の方向性の違いもありますが、戦闘シーン単体で見たらレジェンド・オブ・ウォーより好きかも。一台のKV-1によりナチスのティーガー戦車が次々に沈められていきます。ラストは夕闇に燃える戦場が美しくもあり、仲間たちの死が切なくもあり二重に涙…。これかなりの拾い物じゃね?本作とレジェンド・オブ・ウォーのおかげでロシアの戦車映画をもっと観たくなりました!
>|

あなたにおすすめの記事