キッズ・レボリューションの作品情報・感想・評価・動画配信

「キッズ・レボリューション」に投稿された感想・評価

 原題は「黄金のズボンと少年」。スウェーデンで1967年に発表され、70年代にはテレビシリーズとして放映された人気小説の長編映画化だそう。内容はまったく知らないので比較のしようがないのだけれど、その時代に流行した児童文学を現在に蘇らせるのは並大抵なことではない。

 ポケットから現ナマが無限に出てくるという不思議なズボンを手に入れた少年の話。そのカラクリや理由については一切触れられることのないまま、ただ訪れる事件や危機をどうするか?ってだけなので、
ほぼ子供が右往左往する地味目なアクション映画になってしまっている。

 まったく理解できないありきたりな邦題も酷い。こんな見て秒で忘れるようなタイトルを良く思いつくなあと逆に感心する。
 たぶん配給した人も、この魔法のズボンのことはどうでもいいと思ったのだろう。

 いきなり大金を手にしたときは子供らしく好きなおもちゃを買いまくったり無駄に捨てちゃったり。自分に置き換えると、こんな夢のような話はないし、悪いことならいくらでも思いつくw
 ところがさすが北欧のお子様。さっさと自らの過ちに気づき、世の中に役立てなくては!と、心機一転、善行に邁進する。

 そのせいでいったい誰が悪者なのか、なにをすればカタルシスを得られるのか、目的がはっきりしないままにお話が転がっていくので、結局ドラマ性の薄い作品となり、この低評価になっているように思う。
 ラストのオチも、なんか良い話ぽくまとめてはいるけれど、そもそもが他人の金なのでモヤモヤとしたものが残った。

 子供なら子供らしく大いに悪さをして、ちゃんと痛い目に遭って、こっぴどく叱られる。そんな話のほうがいいよね、とか考えながら、ドラえもんの偉大さを知る。
Hiroking

Hirokingの感想・評価

2.5
【小説実写映画化:スウェーデン映画】
マックス・ルンドグレンの小説を実写映画化らしい⁉️
ポケットの中からビスケットではなく❗お金が出てきます‼️それもなぜか銀行からのお金が‼️リアルです‼️ファンタジーではありません‼️
ファンタジーすぎないのが良かった作品でした。

2021年1,358本目
題材のユニークさに比較して圧倒的にケレン味がない。無限に紙幣が湧き出るパンツを拾った少年は、特に活用することもなくドンキで豪遊したり、目の前のホームレスの顔を札束ビンタして、知らない国の知らない人への寄付を無限に行おうとする、という、こう、なんというかもう少しこう、愚かさの下限をどんどん更新していく。終盤の意味のない人質交換シーンややる気のないメキシカンスタンドオフも失笑もの。後半はパンツを脱いだままま逃げ惑うので、そこは少し面白かった。
August

Augustの感想・評価

2.9
ポケットからお金が際限なく出てくる魔法のズボンを手にした少年のお話。
お金は無限に出てくるのですがその分、銀行からキャッシュが無くなります。

スウェーデン映画です。
少年が自分ことではなく、人のために使い始めます。
福祉国家で恵まれない人々に富の再配分を子供が行います。
そこが一番印象に残りました。
月泉

月泉の感想・評価

-

🗣️シャウト・アウト・ラウズ 🎵Tonight I Have to Leave It
🗣️Johnossi 🎵For a Little While
🗣️シャウト・アウト・ラウズ 🎵Tonight I Have to Leave It
mota

motaの感想・評価

1.4
面白かった!無限大パンツあったらバレないようにずっと履いとくなあ(笑)寄付するなんてえらい!
ユウキ

ユウキの感想・評価

2.9
最後らへんで自分のためにじゃなくて人のためにお金を使うところ良いと思いました
み

みの感想・評価

3.2
大事なのはお金じゃないってことなんだろうけどお金があって常識と善意を持ち合わせているのが最強かな。
最後はちょっと感動したけど自分で稼いだお金じゃないのに勝手に寄付してイイコトシタナーはおかしくない?
kyokyo

kyokyoの感想・評価

3.5
魔法のパンツ🩳
ポケットの中にはビスケットが一つ〜♪
の歌を思い出した笑

子ども達がもっとはちゃめちゃする映画かと思った!
ぺんぺ

ぺんぺの感想・評価

3.5
ツッコミどころ満載。なかなか面白かった。何よりも「ポケットからお金が出てくる」という設定が良い。先は読めるけど、気軽に見れる内容でオススメ。児童書みたいな感じ。未開封のDVDにしてたのはもったいなかったわ。ブルーの髪の女の子が好き。
それにしてもスウェーデンの映画って初めて観たかも。福祉の国のイメージしかなかった。

あなたにおすすめの記事