ネバーエンディング・ストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

ネバーエンディング・ストーリー1984年製作の映画)

Die unendliche Geschichte/The NeverEnding Story

上映日:1985年03月16日

製作国:

上映時間:95分

3.6

あらすじ

「ネバーエンディング・ストーリー」に投稿された感想・評価

まなん

まなんの感想・評価

3.4
とてもよく聞くタイトルなので人気の作品なのかなと思って観賞
期待しすぎた気がしました
少年が物語の主人公となるのはいかにもファンタジーでワクワクするけど、あっさりとしたストーリーに感じた
男の子が現状を受け入れる部分の境界がわかりにくいのかな?
やはり、現代のCG技術に慣れてしまってるせいでチープに感じてしまいました、、
でももう少し小さいときに見ていたら興奮度合いは高かったかも
さやぴ

さやぴの感想・評価

2.0
Limahl の歌うテーマ曲”Never Ending Story”から来た。(元々は80年代のUKバンド kajagoogooの曲が好きで、そこから気になった)

王道のファンタジーで、内容はけっこうあっさりしていた。私もファルコンの上に乗って空を飛びたい🐉

自分を信じる力、大事😤
nanonsan

nanonsanの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

音楽聴くとワクワクしてくるけど、期待してたほどはおもしろくなかったなぁ〜
ちょいちょい現実の世界と物語の世界とで場面が切り替わるから、なんか分かりにくかったし…。
本の中のストーリーと、それを読む少年が繋がっている。またそれを観ている私たちともつながっている。

岩食い男が友を救えなかったと語るシーンはグッときた。「大きい手にみえるだろ?」

でも、編集というかつなぎが雑。眠い。
fuo

fuoの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

いじめられっ子のバスチアン(バレット・オリバー)が手にした不思議な本。読み進めていくうちに、その世界に引き込まれ…。

今観ると映像の技術面で時代を感じる部分もありますが、印象的な主題歌に、本の中の世界観や登場する不思議な生物には子供がワクワクするだろうなと思いました。

昔から人気だった記憶がありますが、やはり竜のファルコンが魅力的です。彼が登場する場面は安心感があります。

ただ、結末はなんともいえず。バスチアンが成長したというには、今ひとつという印象です。いじめや母を亡くした喪失感から心が渇いてしまったバスチアンに、本を通じて夢や空想といった潤いがもたらされたのが良かったのかなとも思いますが。

本作だけでは満足できず、続編の内容が少し気になりました。
kmk

kmkの感想・評価

3.9
過去に見たことがあると思っていたけど、ファルコン登場と同時に

(「あれ、、思ってたファルコンと様子が違うぞ、、、!」)

ってことでおそらく昔に見たのは3の方だということが判明。

無は恐ろしいね。

星の王子様のようなふわっと語りかける物語。
小学生の頃
水彩画の授業で
水入れに絵の具のついた筆を入れたとき。
水の中で泳ぐ絵の具が

「ネバーエンディングストーリーの
雲と同じだ!」

と思い、父にそれを言うと

「案外そうかもしれないよ」

と言われました。


後に映画ヒストリーみたいな番組で
スタッフが水の中に絵の具を泳がせて
雲を表現したと言ってるのを観たときに

私は天才かもしれない。

と思いました。


ファルコーーーーーン!


おしまい。
再鑑賞
いじめられ子のバスチアンが学校の屋根裏で本に没頭し、自分がストーリーに入り込むという映画です。

Netflixのストレンジャーシングス3の作中でネバーエンディングストーリーの音楽が流れ懐かしく思い再鑑賞。
小学校1年生の時は何回も見たのを鮮明に覚えてます。
自分に子供が出来たら見せたくなる作品。
ネシ

ネシの感想・評価

4.0
純度100%のファンタジー!
映画よりも先に主題歌を知っていたから観よう観ようと思いつつようやく。
なんか子どもの頃魔法を信じてたことを思い出したし、最後もファンタジーらしい絵本のような終わり方でとても好きになった。
いつまでも少年の心を大事にして生きていきたいと思った27の冬
前島

前島の感想・評価

3.5
みんな物語の主人公なのよね
夢を持とう

主題歌を無線機使って歌いたい
>|