ダークロード -闇夜の逃亡者-の作品情報・感想・評価

「ダークロード -闇夜の逃亡者-」に投稿された感想・評価

yukko

yukkoの感想・評価

2.0
マッツ目当て💕なのに、とんだB級だっつーの!
マッツらしくないし、マッツが出る意味も無い。
つまんなーい😫時間の無駄~時間返せ~💦うわ〰〰ん😭
DVDあり
マッツ・ミゲルセンが投資銀行の経営者
 …なんか らしくないなぁ
デンマークでも、こんな暴力映画 つくるんだねぇ
なぜか クルマは三菱

このレビューはネタバレを含みます

マッツ祭り。
この顔どこかで…?と思ったらスカルスガルドのお兄さん…!!弟のビルが好きなのですがパーツが似ている。これを機にアレクサンダー・スカルスガルド出演作も観ていきたい👀

マッツが足で!車で!船で!走る映画でした。
決してつまらないわけじゃないんだけど、アクション映画というほど激しくなく、サスペンスやミステリーに振り切ってる感じでもなく、なんだかすごく真面目な映画だな〜という印象でした。
と言いつつ観てて結構ヒリヒリしてたんですが…
犯人側が求めるのがものすごい大金なんだけど、失っても意外と主人公が生きていけそうなので緊張感がなかったからかなと思いました…

ていうのをハッピーエンドなんじゃろうな〜と思って観ながら書いてたけど本質はそこじゃなかった…
主人公が本当に守りたいのは金じゃなく自分だったんですね🙄だからあんなに必死になれたわけだ。
最後怖すぎ…😭
でも妻と子供が大切なのは本当なんだな。「だれでも弱点を隠してる」というある意味ホラーな真実。

しかしなんだろうこの謎の邦題??、?、🤔
ロアー

ロアーの感想・評価

3.0
マッツ祭22作目✨
長男ガルド(アレックス)も出てるアクションミステリー?

何とな〜く、マッツにしては珍しい感じの映画に出てるなぁって印象だった作品。つまらない訳じゃないけど、色々残念な感じ😅時々カメラワークや音楽が敵の演出がクサ過ぎて思わず笑っちゃう。

マッツの役は殺人の罪を着せられ逃亡する容疑者トーマス。ただし、ただの善良なパパって訳じゃなく、妻も知らない秘密が明らかになったりと、ダークさが垣間見えるキャラ(しかし割とあっさり秘密がバレて、ちゃんと回収される訳でもないという、単に裏の面を仄めかすだけの設定)久しぶり?にスーツキャラな気がする。身支度するシーン好きです💕 娘ちゃんとのやりとりも好き💕んーん、んーんって何⁉️😍この子、そのうち、大きくなったらパパと結婚するとか言い出すと思うよ😂

で、アクションシーンだけど・・・そもそもこの映画アクションなの?謎の邦題、つまらなそうなジャケ、ジャンル詐欺はそろそろ辞めて欲しい(例:ブレイカウェイ) それと海外版ジャケにはどれも長男ガルド写ってたのに、なぜ日本版では消した?😂

一応アクションあります‼️走るマッツ💕走るマッツは「バレット・オブ・ラブ」の時のが好きだけど、手錠姿で逃げるマッツも良い。
後、椅子に座らされて拷問されるマッツ💕ジャケでも「カジロワのマッツ」と宣伝されてるし、思わずニヤッとしてしまうシーン(ただし短い💦痛がって呻くマッツは良い)

長男ガルド演じるトーマスの部下ファビアンも見どころあるキャラ💕気の毒なファビアン💦トーマスから「助けてファビえもん‼」️ってなって、健気に協力するのに、色々酷い目にあわされて、ついにはのび太君並みにえぐえぐ泣かされる一途でかわいそうな子😂頑張れファビアン‼️他にいい人見つけて‼️

ラストの佇むマッツも安定の存在感で素晴らしい✨ヒューヒューと口笛を吹いて、ブラボーと拍手して、よ、マッツ屋‼️と大向こうやりたい🤣

鑑賞メモ✍️
・マッツの役が嫌煙家とかビックリして言葉も出ない😂
・疲れてたので吹替で観ようと思ったけど、マッツの顔に高木渉さんの声が違和感ありすぎて無理だった💦誤解しないで!高木さんは好きなの!ただ、もう井上さんボイスのマッツしか受け入れられない体になってしまったの!😂
pier

pierの感想・評価

3.3
また冤罪でまた罠に嵌められたかと思っていたら、マッツはやっぱりワケありだった。
部下役アレクサンダー・スカルスガルドとの共演が嬉しい。
出演
北欧の至宝マッツ・ミケルセン
アレキサンダー・スカルスガルド

ってだけでポチった、スウェーデン産サスペンス☆

中身は北欧らしく地味、超地味w

が、とにかくマッツを堪能出来る!
ターザンのスーツ姿も最高!!

それで良いのだ( ´∀`)



ベンチャー投資会社代表トーマス(マッツ・ミケルセン)。

ある日、共同経営者が殺され、その容疑者として警察に捕まってしまう。

そこへ、7年前に自殺したはずのモーガンから電話が…
妻と娘を殺されたくなければ、金を渡せ
と。

トーマスは脱走し、家族を守ろうと奔走。
7年前の事件の真相とは……?



手錠されて全力疾走のマッツ
拷問されるマッツ
パン一で佇むマッツ

有難うございます(〃∇〃)

どんなにボロボロでも、色気と気品が滲み出てしまう、流石至宝☆
指先まで美しい…

そんなマッツの忠実な部下役がアレキサンダー!
スーツびしっとキメた長身真面目君は、クリマイのリードっぽくもあり、これまた惚れる♪

ストーリィは北欧らしい淡々と暗いもので、特に捻りもありませんw

が、妙にバイオレンス描写はしっかりしてるし、風景も美しく、旅行してる気分になれました♪

マッツとアレキサンダーのファン以外には響かなそうですけどね(笑)
ひたすらマッツはカッコいい。
色々走り回ったり、逃げたり、追いかけたり… ただ、場所関係がまるでわからん。暗くて、人物もイマイチ…
なぜマッツ出演作の邦題はこんなにもひどいのか、関係者を小一時間ほど問い詰めたい。

いたぶられるマッツ、逃げまどうマッツ、ダークなマッツ。どうもありがとうございました。
マッツ目当てで観た、それに尽きる。ストーリーはなんとなく想像もつく。

とにかく、マッツ好きの人向けだとは思う。私は観てよかった。手錠かけられたまま全力疾走するマッツに萌えた。たまんねぇー。

あと椅子に縛り付けられた時の足の余りある感がヤバイ。

かわいいアレックスも出てるし、どんだけ私得なんだ。
Brosso

Brossoの感想・評価

3.9
評価がそんなに高くないからあんまり期待してなかったけど、なかなか良かった!!(マッツさん目当てだからかもしれないけれども)
設定とか人間関係がはっきりわからない感じが逆に良い。こういう裏あり、影ありの主人公好き。
ラストのテープはほんと鳥肌たった。
マッツ・ミケルセンのファンにはおすすめです。
>|