オンネリとアンネリのおうちの作品情報・感想・評価・動画配信

「オンネリとアンネリのおうち」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

Words📔
"バラなんてすぐに枯れるわ 地下室に置かないと"

出来たらいいなが沢山詰まった可愛いお話でした!
登場してきた人全員がキラキラしてる🔅
み

みの感想・評価

4.7
女の子の憧れを全て詰め込んだお菓子の箱みたいにキラキラ可愛くて甘い映画。登場するもの全てが可愛い。観た後に幸福感が残り、また観たくなる映画。
nu

nuの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

すごく、好き

子供の時に思い描いた夢見たいな物が全部詰まってて、幸せな気持ちになった
アンネリもオンネリも周りの人たちも優しさで溢れてて、お洋服も家具も食べ物も全部可愛い。夢が詰まってる、、、
とても良い、、、
仲良しでいつも一緒にいる、オンネリとアンネリ。
“正直者にあげます”と書かれた手紙と大金の入った封筒を拾った二人は、バラの木夫人という老人から水色の家を買う。
離婚した父と母の間を行ったり来たりしているアンネリと、9人もきょうだいがいて両親から相手にしてもらえないオンネリは、この家に住むことにする。
二人は、個性豊かな近所の人々との生活を楽しむが……。


絵本か児童小説が原作なのかな?と思ったらやはり原作は児童文学だったんですね。
大金を拾う(交番に届けるも、君達は正直者なのだからもらって良いのだと言われる)ところから始まり、お金持ちの御婦人から家を譲り受けたり(しかもそのお家がまるで二人が買うことが決まっていたかのような内装&家具)、二人の親たちも子どもが二人で住むことに二つ返事でOKするし、モップが勝手に動き出すし、庭の花や野菜たちがヘンだし、とにかくこの映画の中で起こっていることは色々とハチャメチャなんだけど、「そんなこと気にせずこの世界観を楽しもう」と思える不思議な魅力の作品でした。
夢の国のお話、であり、あくまでもファンタジーです。
女の子が皆、幼い頃に空想したおとぎの世界がここにはあります。
街並み、家、インテリア、衣装、食べ物…
映るもの全てが可愛く、ただ眺めているだけでも全然飽きません。

子どもが苦手な私は、「主人公が女子二人組」ってだけで遠ざけていた作品ですが、とっても癒やされました。


疲れているときに観るとイイかも☺️
ツナ缶

ツナ缶の感想・評価

4.0
おうちでおめかししてかわいい食器にすきなもの盛り付けてきゃいきゃいしながら食べるのたのしいよねえ
この歳にしてターシャみたいな生活手に入れるなんてうらやましい
ポパイ

ポパイの感想・評価

4.0
癒しが満ち溢れたメルヘンなおとぎ話はもう観てるだけで心が洗われるようでした👼

おもちゃの宝石箱のような、ワクワクする色彩で飾られた箱庭のような世界💍
魔女の庭の奇妙な作物や動物も良かった🐔

見たことないお菓子やケーキに目を奪われてしまった🍰
お呼ばれしたいもんですな😃

主役2人がホントに楽しそうに笑ってるのが良かった👏
プロポーズの後ろでクスクスしてるの微笑ましすぎ🎵

続編あるようなので、癒されたい時の楽しみにとっとこう☺
ゆったりしたい北欧好きにおすすめ。
午後に紅茶などをいれ、何か映画が観たいな〜という日に観ると北欧の雰囲気に呑まれ一瞬で安らぐ。オンネリとアンネリの透き通った肌や色素の薄い髪・瞳に魅了される。
アンネリ、オンネリの笑顔に癒される。
北欧の色彩、いいですね
riko

rikoの感想・評価

3.8
可愛くて幸せな魔法のお話。私もおうち欲しいなー。おばあさんは魔法使いなの?🥰
Rii

Riiの感想・評価

4.6
かわいさと、
しあわせと、
やさしさが
詰め込まれた映画…!

子どもはもちろんだけれど、
単に子ども向け、じゃなくて
大人にとっても
むしろ大人に癒しをくれる、
"大人の絵本"のような気がしました。


メルヘンで、非現実感があるけど
程よい設定が好きだし、
"犯罪者"、とか、"殺人犯"とかじゃなくて、
"どろぼう" なのがまたいい。

プレゼントとか贈りものを
誰かにあげたいなぁとか
思える、
観た後に優しい気持ちになれる映画。

このシリーズほかも見よーっと


3年前の年末に 一人で飛行機に乗って
親友に会いに
フィンランドとエストニアに行き、
フィンランドで年を越しました。

豊かな自然の中で作られる映画は
優しいものになるのかな。

また、行きたいな。
>|

あなたにおすすめの記事