タイム・トゥ・ラン(2015年製作の映画)

HEIST/BUS 657

上映日:2016年01月09日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:93分
    監督
    スコット・マン
    キャスト
    ジェフリー・ディーン・モーガン
    ロバート・デ・ニーロ
    デビッド・バウティスタ
    ジーナ・カラーノ
    ケイト・ボスワース
    あらすじ
    裏社会を牛耳る巨大カジノのオーナー、ポープ(デ・ニーロ)。彼の下で働く凄腕のカジノディーラー、ヴォーン(モーガン)は重い病を患う娘の為ポープに借金を申し出るも、断られた挙句口論となりカジノをクビになってしまう。追い詰められたヴォーンは娘の命を救う為、同僚の用心棒コックス(バウティスタ)の誘いに乗り、勤務先からの現金強奪計画に加わることに。勝手知ったる場所で簡単に行くはずの計画。しかし首尾よく現金を手にしたのも束の間、仲間の裏切りによって彼らは逃走経路を失ってしまう。武装したボープの手下が迫る中、ヴォーンらは通りかかった路線バスを占拠し運転手に逃走を命じる。しかしバスジャック事件はすぐに警察の知るところとなり、ヴォーンら強盗団、ポープと凶悪なマフィアたち、そして警察特殊部隊SWATの精鋭たちによる壮絶な逃走劇が幕を開ける!

    「タイム・トゥ・ラン」に投稿された感想・評価

    ロバート・デ・ニーロ目当てで鑑賞。ジャケットからは想像つかなかったんだけどちょっと泣きました。まさかの良作。まさかクライムアクションで泣くとは。オチも思ってたより捻られてて満足。あまり詳細入れずに観てみてください!
    ほっこり(^ω^)
    デニーロも歳だな。

    けど、思ってたよりは良かったです。
    娘の手術代のために強盗して、バスで逃走する話。

    バスから降りられないせいか、ところどころスピードを思い出して懐かしかった(笑)
    あと、カードマジックやミスディレクションを勉強したくなるよね(笑)

    強盗に入るときのお面がバイオハザードにしか見えなかった、、、(笑)
    ありがち&都合の良い展開のオンパレードという感じでB級臭さが拭いきれない印象。。。
    時間も長くなく、何も考えずにみるならそれなりに楽しめると思います。

    ラストシーンのロバートデニーロ煙草に火をつけるところが一番カッコよかった。
    まさかの、強いヴォーン(笑)

    社会秩序が人情に負けた!(笑)
    で、びっくりするほどの大団円。

    冒頭のカードトリックと同じ要素が色々なところにちりばめられている。ヴォーンとコックスの動きもそんな感じかな。

    それにしても、ホープがタバコを手にした時は、ほっとした。タバコを吸い込んだ彼と観客は同時に「しっくり」してると思う(笑)
    デ・ニーロが電子タバコなんて…(笑)
    バスジャック物で主役は訳有り犯人。難病の娘の手術費のためにクビになった元職場のカジノに強盗に入るお父さんの奮闘記。退屈せず見ていられるが、後半は何番煎じかわからないストックホルム症候群展開だし、結末もあんまり好きじゃないな。ジェフリー・ディーン・モーガンも日本でもそれなりに知名度出てきたので、ロバート・デ・ニーロの主演映画みたいな扱いにモヤッとするな。途中まではこれ別にデ・ニーロじゃなくてもいいやんと思ったが、ラストシーンはいい味わいが出てた。
    2017.6.4 ムービープラス(字幕)
    う〜んwww時間も短いし暇潰しにはいいかも(笑)
    娘の手術代の為に強盗をすることになった男の話。
    最後、無理矢理にハッピーエンドにした感じが、あったけど良い意味で騙されたところが帳消しにしてくれたw
    >|