ラン・オールナイトの作品情報・感想・評価

ラン・オールナイト2015年製作の映画)

Run All Night

上映日:2015年05月16日

製作国:

上映時間:114分

3.5

あらすじ

殺し屋として闇の世界に生きるジミー(リーアム・ニーソン)は、仕事のために家族を捨て、一人息子のマイク(ジョエル・キナマン)とも疎遠になっていた。しかし、ある日、殺人現場を目撃して殺されそうになっていたマイクを救うため、ニューヨークを牛耳るマフィアのボスの息子ダニーを射殺してしまう。ボスのショーン(エド・ハリス)とは固い絆で結ばれた30年来の親友だったが、息子を殺されたショーンは、嘆き、怒り、ジミ…

殺し屋として闇の世界に生きるジミー(リーアム・ニーソン)は、仕事のために家族を捨て、一人息子のマイク(ジョエル・キナマン)とも疎遠になっていた。しかし、ある日、殺人現場を目撃して殺されそうになっていたマイクを救うため、ニューヨークを牛耳るマフィアのボスの息子ダニーを射殺してしまう。ボスのショーン(エド・ハリス)とは固い絆で結ばれた30年来の親友だったが、息子を殺されたショーンは、嘆き、怒り、ジミーに宣告する。「お前の息子を殺して、お前も殺す」と。朝が来る前にジミーたちを葬ろうと、ニューヨークは今、街中が敵となった。父と子の決死の戦いが始まる―。

「ラン・オールナイト」に投稿された感想・評価

MoviePANDA

MoviePANDAの感想・評価

4.1
『 君のためなら
~ Just You and I ~ 』

「この街すべてが敵になる。」
これ、途中で出てくるセリフなんですが、「くぅ~痺れましたぁ✨😆」もう、こういう“多勢に無勢”設定が大好物なんで、予想通りこれ大好きなヤツでした❗️

息子を守る為に街のドンの息子を殺しちゃって、それによってドンが率いるマフィア達から狙われ一晩中逃げ回る事になる... っていうプロットは知ってたのですが、なるほどこれはちょっと想定してたのと違ってたっていうか、こういうお話だったんですね😺 なんか、セラ監督はリーアム様をダーティお父さんに描くのが好きなんでしょうか😁 ボクは一作目の『96時間』が大好きなんで、あの一点の曇りもない“善”故の無双感が好きなのですが、こっちはこっちで好きかも🙂

大好きな「逃亡×圧倒的不利」な状況設定もさることながら、今作でもうひとつ楽しみにしてたのが、対峙するお相手がエド・ハリス様である事❗️ボクの生涯No.1が何たって『ザ・ロック』でありますので、この義侠心でむせ返る様な演技を魅せられるだけで、一言“虜”です😍 そんな、彼とのある意味せつない対峙がまた予想外で、途切れない緊張と相まって最高のドキドキを全編に渡って楽しめる事が出来ました❗️🤣

途中からは“やはり”なリーアム無双展開なもんで「待ってました!」と「またこういうのか...」が一緒に訪れた感は正直ありましたが、ただそこに『96時間』同様のそうせざるを得ない“理由-ワケ-”というものがしっかり敷かれていたのは良かったと思います😃 あとはクライマックスですかねぇ。画的なクライマックスはそこになるかと納得はしつつ、感情移入上の観点としてはクライマックスの置き所がやや惜しかった気もしましたね。

その他にも、一晩というくくりの必然性が感じられなかったり、双方親から息子への愛の深さの(あらかじめの)示しが不足していたり... でも今まで観た「リーアム×セラ」2作品よりかは、遥かに面白かったです❗️監督の演出もノリにノッてる感じですね✨言い過ぎかもですが、部分的にそれはもうデ・パルマやフィンチャーが最新型アップデートされて乗り移ってるかの様でした☝️😳あと、エンドロールのカッコよさには鳥肌が立ちました❗️正直言ってこの監督にはもっともっと重いトーンの方があってるというか、色が活きる気もします⁉️だから、次が『ジャングル・クルーズ』ってのは、何だか勿体ない気が致しますが...😅

細かいとこ見れば前述した通り粗はあると思うのですが、逆に言うなら“親の子への愛”だけでこれだけ魅せきったという点では素晴らしい作品だと思います‼️

ひとり身同士の時遊んでた後輩と、お互い子を授かった後話した事があります。

「子を守る為なら死ねる」

で、これはもう何か本能的というか、親になったらもう当然の事の様に気付いたら「思ってた」。だから、どんな生業であろうと、どんな過去があろうと、子を愛する親の愛というのは変わらないと思いたい。ただ、世を見渡すと残念ながら皆が皆そうではない様で... 色々と事情なんかもあるとは思うのですが、それが本当に悲しくて悲しくてたまらないです😢

余談ですが、先日引退した安室奈美恵さんのこの曲を聞くと、ボクは娘を想って必ず泣いてしまうんですよねw😂 💦
そして、改めて決意するんです
「オレが君を守ってゆく。君のためなら...。」って🐼


“Just You and I”

平穏な日々に ありふれた煌めきが
眩しくて いつも目を伏せてた
ずっと遠くまで そう疑わなかった
Just you and I ふたりで

(We always find a way)
手に入れたいものは 何もない
君のためなら 強くなれる
I believe in love

君を愛してる時間は
君を抱きしめる想いは
色褪せない Shining so bright
永遠に変わるまで
君を愛せない未来なら
私の明日に意味はない
What we got is true love
すべて この胸に

君を抱きしめる時間を
君と生きていく未来を
信じていたい Days of delight
永遠に変わるまで
君を抱きしめられないなら
私の両手に意味はない
What we got is true love
愛を この腕に

Song by. Namie Amuro
ど渋い!
リーアム・ニーソンの十八番、バイトレントダディ再び。

もっとニューヨーク中が襲いかかってくるのかと思いきや、意外とそうではなく。誰も彼も敵に見える!っていうパラノイアックな描写が好きなのでちょっと物足りない。汚職警官とかもっと出てきたら良かったかな。

コモン演じるライバル殺し屋かっこよかったなぁ。ジョン・ウィック2とキャラが似てる。

アクション多めですが、話もちゃんと面白いです。
暴力的な生き方をしてきた男2人の贖罪、家族を失った怒りと奪わせない決意がぶつかり合う展開がシックに描かれていて心揺さぶられました。

トリッキーなカメラワークも最初は気になりますがだんだんクセになってくる。

ベタですけど苦難を乗り越えて血縁以上の絆を親子間で結んで行く過程はグッときますね。

細かいこと言えば、息子のマイクさん、がっつり敵に向けて発砲しちゃってますよね。序盤でマイクが銃を構えたのを制止してジミーが自ら警官を射殺したりしてたので、そこは父親の言いつけ守って欲しかったです。エイムが下手で当たらなかったからいいものの、あれで万が一殺しを一度でもしてしまえば父親と同じ道をたどることになっていた。注意を引きたいなら空に向けて撃つとか他の方法でしないと、父親が体張って息子には堅気でいてほしいと願っているのが無駄になってしまいます。
Kazumaru

Kazumaruの感想・評価

3.7
殺し屋のジミーは、
事件に巻き込まれ殺されそうになった息子を守るためにマフィアのボスを殺してしまい、NY中の警察・マフィアから追われることなってしまう。

リーアム・ニーソンらしい、くたびれたおっさんだけど殺し屋っていう設定
何だかんだで強過ぎる!
息子家族のために命をはる姿はカッコよすぎ!
内容も何度もハラハラさせられる展開で飽きさせられなかった
(吹替え)
ザン

ザンの感想・評価

3.4
うだつの上がらぬ老いた殺し屋が、疎遠な息子を救うために再び無敵の殺人マシーンに戻るのはやや強引。エド・ハリス軍団が弱すぎだ。あれほど引き金を引くなと、くぎを刺されていた息子はラストでは弾がなくなるほどの銃撃戦を展開。過去の事件をもっと掘り下げて明らかにしてほしかった。
IM

IMの感想・評価

3.3
悪いことはしてないのにNYの全員から追われるのはきつい。それでも戦い続ける。最初も最後も息子の命は父が守ってくれた。息子の見本となる父親になれたのではないだろうか。「家族の絆」これが映画のテーマではないだろうか。
リーアム・ニーソンさんは
こういう役がぴったり!
リーアムパパーー!!
今回もちゃんと守ってくれて
ありがとーーー!!!!
かっこいいおじさん
この人を敵に回すのがいちばん怖い
リーアム・ニーソンの作品はハズレが無いくらい感じに楽しめました。
情けないオヤジを演じるのは見事にハマってました。
年齢を感じさせないアクションも良かったです。
リーアム・ニーソンの出演作は
いつも安心して観れるわー

ご年配なのに相変わらず
アクションが力強い!笑

ヴィンセント・ドノフリオが太りすぎててびっくりした

このレビューはネタバレを含みます

96時間シリーズを見て、他のリーアムニーソンの作品見てみたいと思い、見ましたけど、やっぱりかっこいい!

96時間シリーズでは娘や妻を守るため必死に戦い、今回のラン・オールナイトでは息子を守るために戦う、リーアムニーソンは誰かを守る役一番合ってるて思います!

最後にはジミーが亡くなり、マイケルがお父さんていうシーンが感動です😢
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.0
またしてもリーアム…、過去を背負ってやさぐれた父親役。最近はこんなリーアムばかりです。今回は息子とその家族を守る!!ただ今回はそれだけではなくて、エド・ハリスとの友情も絡んではいますが、大物同士のわりには対決シーンもちょっと弱い。。。ストーリーも予想外展開もなく、リーアムが主役じゃなかったら面白味に欠けてたと思います。
>|