ラン・オールナイトの作品情報・感想・評価

ラン・オールナイト2015年製作の映画)

Run All Night

上映日:2015年05月16日

製作国:

上映時間:114分

3.5

あらすじ

殺し屋として闇の世界に生きるジミー(リーアム・ニーソン)は、仕事のために家族を捨て、一人息子のマイク(ジョエル・キナマン)とも疎遠になっていた。しかし、ある日、殺人現場を目撃して殺されそうになっていたマイクを救うため、ニューヨークを牛耳るマフィアのボスの息子ダニーを射殺してしまう。ボスのショーン(エド・ハリス)とは固い絆で結ばれた30年来の親友だったが、息子を殺されたショーンは、嘆き、怒り、ジミ…

殺し屋として闇の世界に生きるジミー(リーアム・ニーソン)は、仕事のために家族を捨て、一人息子のマイク(ジョエル・キナマン)とも疎遠になっていた。しかし、ある日、殺人現場を目撃して殺されそうになっていたマイクを救うため、ニューヨークを牛耳るマフィアのボスの息子ダニーを射殺してしまう。ボスのショーン(エド・ハリス)とは固い絆で結ばれた30年来の親友だったが、息子を殺されたショーンは、嘆き、怒り、ジミーに宣告する。「お前の息子を殺して、お前も殺す」と。朝が来る前にジミーたちを葬ろうと、ニューヨークは今、街中が敵となった。父と子の決死の戦いが始まる―。

「ラン・オールナイト」に投稿された感想・評価

とむ

とむの感想・評価

3.0
リーアムニーソンといえば最強パパという事で楽しみにしてたんだけど、
な〜んか乗れなかったなぁー。
息子を好きになれなかったからかも。
期待してた親子のバディ感もそこまでなかったし。というか父親無双。
さすがのノンスップアクション!
元殺し屋がパトカーを追う奇天烈なカーチェイス。低所得者層のアパートを舞台にした縦を生かしたアクション。なかなか見応えがあった。
エド・ハリスのキャラがちょっと残念。ダメ息子を殺されてしまって、“建前“でニーソン親子を狙うという風にすれば良かったのに・・・。あれじゃ、ただのバカ親だ。
刺客役のコモンは、まるでターミネーターのよう。もうリーアム・ニーソンとは、ターミネーターくらいしか互角に戦えないという暗示かw
個人的には、次の『アベンジャーズ』の敵はニーソンでいいような気がする。
ヒロオ

ヒロオの感想・評価

3.8
リーアムニーソンが主演という事で鑑賞。
素行が悪くて感傷的だけど芯があって強い男を演じていて、それだけで作品に安定感。
ただのアクションだけでなく、家族関係を表現していて、父親と息子がポイントになってる。
個人的には満足、面白かった!
エド・ハリス老けたなぁ〜(´⊙ω⊙`)
もう立派なおじいちゃんですね。。

アポロ13、アビス、ザ・ロックのエド・ハリスの印象が強く残っているので、おじいちゃんぶりにはしょうがないけど、悲しくなってきます。。

それはさておき。

この映画には1ミリも共感できるところがないんですよね。。

逆恨みもいいところというか。。
全てエド・ハリスの息子がいけないんじゃんって思ってしまって、エド・ハリスとリーアム・ニーソンとの関係性とか、過去とかありますけど、そんなのどうでもいいほど、エド・ハリスの息子が悪い。

話の軸はそこなので、どんな場面が展開されようが、なんだかなぁと思ってしまう。

さらに冒頭の場面がラストに繋がる作りになっているので、驚きも何もない。。

いろいろもったいないなと思う。

リーアム・ニーソンの息子との絆復活に主軸を置いていれば、もっと違う映画になってたのかもなぁ。
琉太

琉太の感想・評価

2.5
午後ロー
クリスマスの夜
エドハリスやっぱり怖かった
ドラ息子でも可愛いだろうなと
リーアムお父さんは相変わらず強いけど96時間と違い爽快さが無くて今一つ
この監督主演コンビにしては、これまでと比べてちょっと地味な印象。
ストーリー自体はそれなりに面白かったものの、もう少し一捻りがあればなと思いました。

ただキャッチコピーの「NY中に狙われた男」ってのはどう考えても大袈裟すぎ。笑
NaokiN

NaokiNの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

安定のリーアム・ニーソンのおっちゃん。

今作は復讐するほうではなくされる側
親友のマフィアの息子を我が息子を救うために殺してしまいそこから復讐されてしまうという新しいところは良かった
結果やっぱリーアム・ニーソン=親子の絆というのが当たり前になってきちゃってるのが残念だけど逆に言えば今作も当たり

マフィアや警察からラン・オールナイトするのは大変だけどよく逃げ切るよなーと笑
ラストの結末はそっちかーって感じだったけど満足する内容でした
akM2

akM2の感想・評価

3.0
内容、展開的に普通な感じですが
リーアム・ニーソンの居るだけでカッコ良く、面白く感じてしまいますね。

2018#097
安定のジャウムコレットセラ印というかリーアムニーソン印というか…。
割合バカにされがちな部分もありますが、この手のジャンル映画としてしっかり作り込まれていると思う。
最後はムチャクチャ格好良かったし、親子の関係も少しグッときた(ベタですけどね)。
殺し屋として生きてきた主人公の贖罪という渋いテーマでありながら、ニューヨークの空撮からの素早い位置関係の説明など、現代的な演出も良い。
もちろん、あーだこーだ言おうと思えば言えるんだろうけど、観ている間中は、楽しかったので文句なし!
終始ドキドキしっぱなし。
NYという街の中で繰り広げられるアクション。
それは壁を挟まれている家の中でのアクション、NYという街の地形を表した映像表現でそれは構成される。

他のジャウム・コレット=セラ×リーアム・ニーソンとは違って謎解きはないが、
そのハラハラ感で映画をもたせる技術がすごい。

観客だけが主人公と敵との距離を知っている中で、
繰り広げられるアクションは片方が相手の距離を知らないので、
ハラハラする。

そして、話自体も父親と息子、親友同士といったアツいテーマで括られるので、
面白い。
特に、リーアム・ニーソンと息子の絆は凄い。
父と息子が仲違いしているという設定はありがちだが、
絶対に息子に銃を打たせないという父親の精神が入ることで、
その物語は熱くなる。
そこに秘めてた自分の人生の後悔、息子への愛を込めており、
1つの行動に様々な思いを込めていることに興奮をする。

そのドキドキと熱さが繋がる最後の結末は最高に美しい。

『トレイン・ミッション』はそこまでハマらなかったけど、
ジャウム・コレット=セラ×リーアム・ニーソンの作品はこれからも好きになると思う。
ありがとう。
>|