サバイバル・ドライブの作品情報・感想・評価・動画配信

「サバイバル・ドライブ」に投稿された感想・評価

観ました。

ちょっと嘘でしょ?っていう展開ばかりで冷めてしまいました。
変態度がもう少し欲しい。やるならとことんやって欲しい。
Cem

Cemの感想・評価

1.5
つまんねー
出演者が少なく派手な展開もなく退屈でしかない。そもそも知らない男を乗せる女もどうかしてる。全然サバイバルじゃない。もっと爆発したり派手なアクションがほしかった
こぅ

こぅの感想・評価

2.1
イアン・ソフトリー監督による、【サバイバル・
サイコ・スリラー】。

マロリー(ジュリアン・ハフ)は、結婚を1週間後に
控え、デンバーに向かう道中、車がエンコし困って
いると、偶然の救世主的イケメン青年、クリスチャン
(テディ・シアーズ)が現れ、、
単純にヒッチャー系を想像したが、、ありきたりとは、
ちょい違う【新味】はあった。

ジュリアン・ハフがブラ姿と脚を露出、綺麗で声が
可愛いのも20分迄。

加点。

危険を感じたマロリーのある行動で車が◯転、後は、
マロリーが崖下車中に動けず残され、話は大した広がり
も見せず、停滞する。

クリスチャンは、偶に様子を見に来ては、置き去りに
するだけ。結構【胸糞野郎】だ。

◯◯スは寄ってくるわ、食べちゃうわで、邦題通り、
ずっと【サバイバル】なの⁈と思わせた。
泣き叫んでも誰にも聞こえない、気付かれない、
絶体絶命〜。

この展開でクライマックスだろうと思ったら、、
雑な展開(ご都合主義)は府に落ちず、続く。


本作で一番良かったのは、ラストの【状況とセリフ】
だ。確かにマロリーが言う本作のテーマ⁈人生は選択
ひとつで良くも悪くも変わる【◯命】も説得力あり、
スカッとする締め方。

加点。
マロリー強すぎる。
メンタルも生命力も格闘も。
ヤツの目的がなんなのかわかんないけど。
 ドライブ中に乗せた相手が実は危ない奴だったという設定はさほど目新しくはないが、この映画はそのあとに主人公が置かれる状況が斬新。事故って崖下に転落した車から抜け出せない! 危ない奴はピンピンしてる! さあどうする……あれ? サバイバル・ドライブ……?
サイバーネット、鳩の翼と同じ監督だが「一時が万事、一寸先は闇」にしても、もう少し表現なかったものか…以下予想

①低予算でヒロイン出演にお金がかかった
(ネズミとオシッコは譲れなかった)
②脚本を起と結しか作ってなかった
③監督名は貸しでヒロインが監督・脚本した
④地域貢献(村おこし)
マスン

マスンの感想・評価

3.0
ジュリアン・ハフ演じる結婚間近の女性が、テディ・シアーズ演じる好青年風のヒッチハイカーを車に乗せる。何とか男から身を守ろうとするが。しかし彼は恐ろしい変質者だった。Amazonprimeレビュー

車内のシートに足を挟まれ動くことができない。時々現れては様子をうかがう変質者
後半彼女の強さを見せる。

乗る車を間違えたわねのセリフが、なかなか。
記録。
結婚間近の女が車に乗せたイケメンは実はサイコ野郎で…なストーリー。
うーん、なんというかサイコ成分は大分薄いし、劇中想定内の事しか起きないので、驚くほどスリルが無い。そしてそんなにサバイバルもしてない。
男をやり過ごせたのにそうしなかったりや、崖から落ちたのも直接的には女の落ち度に見えてしまうので、主人公であるにも関わらず肩入れしづらい。
まぁ暇潰し程度にはアリ。
最初はおっぱいばかり見てる自分が嫌になったけど、途中からこの主役の女にイライラしっぱなし。
あのダッサい曲はなに?ほんとヤメテ。
はけ

はけの感想・評価

2.4
あらすじ
エンコした車を直してくれた紳士的な男を車に乗せたら豹変、ナイフを突きつけられる。
男がシートベルトを外したのを見て、ガードレールに突っ込むも勢い余って崖下に転落。
男は大したダメージもなく脱出、自分は車の部品に挟まり身動き取れずという最悪の事態に。

感想
身動き取れない状況で、やばい相手に延々言葉攻めされる…という状況は、昨日観た「プール」と似てますね。
主人公側のの落ち度が少ない分、こちらの方が感情移入できた。
主人公があんまり消耗しないのはちょっと気になったけど。
終盤、超展開とまではいかないが、流れがかなりホラー寄りに変わってちょっと取って付けた感。
その辺のツッコミも含めて、割とバランスよく楽しめました。