元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件の作品情報・感想・評価・動画配信

「元カレとツイラクだけは絶対に避けたい件」に投稿された感想・評価

 ふざけた邦題だなと思いつつ、この邦題じゃなかったら目に止まったかと言われれば否定できない。

 とはいえ、製作総指揮にジャウム・コレット=セラが名を連ねているからか、退屈はしない。
 パイロットが心臓発作起こした時点で正面に陸地が見えてるから、最初からそこに不時着すれば?と思った。

 退屈はしないが、最近ジャン・ポール・ベルモンドの特集上映で彼が実際に空飛ぶセスナの上でスタントをこなす姿を見てるので、それに比べるとタマヒュン度が全然違う。
 
 トム・クルーズにやらせたら良かったんじゃないかな?
バニラ

バニラの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

さすがにこの邦題は話題になる、製作が「ロストバケーション」のジャウムコレットセラなのでパニックに期待して。
飛行機に乗ったとたんパイロットが急死、主人公サラと元彼ジャクソンの運命は。
元気なパイロットのフレディ、乗客2人でもジャンボ機みたいに飛行前挨拶をしてお笑いムードの冒頭から絶対絶命の大ピンチで目が離せなくなりました。
いきなりの嵐をやっと抜けたと思ったら通信がとれなく燃料も無くなってハラハラの連続、まさか機外に出るのはあり得ない燃料漏れがガムテープで止まるわけないのでツッコミどころ満載すぎた。
操縦桿を握るサラと元彼も意外と頼りになって盛り上がります。
ゲットアウトに出てたアリソンウィリアムズ、気合いの頑張りが魅力ありました。
ネタバレと言うか。
燃料の為に物を捨てて軽くしよう、わかるけどフレディ落とすんかいとおもわず声が出る。
お酒が燃料になるとは、高所恐怖症じゃなくても足がムズムズした。
不時着からのラストは「ロストバケーション」になってた。
大自然の脅威の中で愛を確かめ合う2人、頑張ったからラッキーも勝ちとった。
高さもストーリーも「イントゥザスカイ」には及ばなかったが、「究極のフライトサバイバル」楽しめた。
高得点。
こうするしかない!

そんな無茶なことやめて!

でも、やる!

をお互い繰り返す話。
mdk0714

mdk0714の感想・評価

3.6
ハッピーエンド版「オープンウォーター」。邦題はまあ冗談として、飛行機がやばくなるまでの導入は必要十分でいいかんじ。そこからまああれこれあって、でもまあロマンスが前提としてある以上、よっぽど性格悪い製作者以外はそこからバッドエンドにしないよねー的な予想があたっちゃうと感じ。んーまあ可もなく不可もなくです。
kiu

kiuの感想・評価

3.0
タイトルだけで観た映画

邦題でザワついてた本作。どんなもんよ?っと、それだけの理由で観たのでハードルは低めに観賞。

昭和センスの邦題じゃなく、ラノベみたいな邦題で売ってみたらどーよ?って、なんかの感想に書いた気がするけど、実際に目にすると違和感が凄いね(笑)

ネットでニュース(最初は邦題センス酷くね?って晒されてて、いやいや手違いでしたわっでタイトル変更された記憶)になってなきゃ、手に取る事もなかったかも?って考えると、狙った方向じゃなかったと思うが、少なくとも自分には宣伝効果はあったかもねぇ。

ストーリーですが、主人公が中々のビッチな自己中で、全部おのれの行動が招いた結果な様な?ってなるかと。。。タイトルの出オチが全て。可もなく不可もなくの普通のパニックムービーやね。
緑茶

緑茶の感想・評価

3.3
友人の結婚式に向かっていたセスナ機のパイロットが心臓発作で死に、元カレとあたふたする話✈💦

タイトルにまんまと惹かれ鑑賞。大きなスクリーンで見たかった。
空でのシーンを全部グリーンバックで撮影している画が脳裏に浮かんでしまい、撮影楽しいだろうなぁ~と呑気に観てたら終わりました。。
こんな状況に陥ったことがないから分からないけど、普通の旅客機と違って下の海との距離感が近くて変な安心感があるため、そこまでハラハラせず。

それでも終盤にお決まりのゲストをチラ見せしてくれたおかげで最後の最後までなんとか楽しめました。
レスキュ~♪って歌うエンディングが地味におもしろい😂
言わずと知れた駄目邦題の代表選手。

邦題からもっとギスギスしてるかと思ったけど次々訪れるドキドキのピンチを協力しながら乗り越えていくし、伏線もちょっとあるし、時間はタイトにまとめてくれてるし、評判通り内容はちゃんと楽しいです。

邦題勿体ない!
ネジ

ネジの感想・評価

3.6
タイトルが酷すぎるので気になって鑑賞。
タイトルからは想像できない真っ当な作品だった。
こういうのにありがちなお互いを責め合う描写が無く助け合うのが好印象。
最後の最後に奴が現れるけどあんな結果に少し残念。
kira

kiraの感想・評価

3.0
ラストシーンの◯◯はフラグだと思ってここから勝負だなぁ〜!(◎_◎;)

って思ってたら・・・エンドロール流れてました💧
JIZE

JIZEの感想・評価

3.4
インド洋のド真ん中を舞台に偶然にも小型セスナ機に乗り合わせた元カップルが離陸直後に上空6000mでパイロットが心臓発作で急死するという事態に見舞われる。スウェーデン製。プロットは中学生が懸命に考え抜いたような発想一発だが、舞台立ての大海原を見下ろす開放感や、迫りくるアクシデントの要素もあり、わりと本編はグイグイと惹き込まれる。また燃料を補充しにセスナ機の外部に元カレがまわるくだりが、劇中のピークだったかなという印象。おもにパイロット急死や自動操縦の故障、GPSもない状況下で瀕死の生還劇がワンシチュエーションの形式を多用して展開する。セスナ機に搭乗するまでがすこし長かったり、日本の邦題のつけ方は、ややスベった感が否めず"コメディスリラー"みたいな落とし所は、評価に影響しないのかかなり心配になった。。いわゆる"元カレ元カノ"同士で鑑賞すれば確実に盛り上がるでしょう!
>|

あなたにおすすめの記事