ストーカー 3日目の逆襲の作品情報・感想・評価・動画配信

「ストーカー 3日目の逆襲」に投稿された感想・評価

まし

ましの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

お決まりストーリーではあるけどちゃんと怖い。
監禁される前の車で執拗に追いかけられる時の方がリアルな恐怖がある。
いつだって助けようとしてくれた人がやられてしまうのが一番可哀想
ます

ますの感想・評価

2.4
ジャケ写を観て面白そうだなと思い鑑賞。
内容はありきたりでピンとこず。
犬

犬の感想・評価

2.8
トリック

夫を亡くしたジェシカは、都会を離れてアメリカ北西部の田舎へ車で引っ越すことに
その途中、林道をゆっくり走る黒い車をジェシカが追い抜くと、その車は執拗に彼女をあおってくる
やがて黒い車は姿を消すが、その後もジェシカの行く先々に同じ車が出現
運転手の男から逃れようと車を走らせるジェシカだったが、ついに男に捕らえられ山小屋に監禁されてしまう……

危険な男に狙われたヒロインの恐怖をスリリングに描いたサスペンス

明らかに怪しい

ラジオ
車から森

攻防
ヒヤヒヤしました

過去
ツッコミ所あり

雰囲気は良かったです
煽ってきた車の運転手につけ回され、しまいには襲われて監禁されて…といった話。

ストーカーというより変質者に近いかな。
変なやつに追われて逃げて監禁されて…的な内容
所々ツッコミ所はあったものの無難に楽しめたかな。副題にもある通りちゃんと逆襲してくれるのも良かったです。
スリラー映画が好きな方は是非
くれあ

くれあの感想・評価

2.0
邦題がしっくり来てない気がする…
最後の死闘は見応えあった。
車の追い越しから始まるクライムサスペンス。
邦題のセンスの無さ。しっかりネタバレしてるしストーカーの域超えてるし笑。
原題のアローンの方が主人公たちの境遇を表していてしっくり来るのに、何故あえてタイトルをグレードダウンさせるのだ?
ストーリー自体はまずまずだけど中身が薄い。話の内容よりも舞台となる森林の自然の撮影に力を入れているようで、その為かBGMが少ない。何ならセリフも少ない。
だからか犯人が監禁以上のことをする理由も分からない。
最後の空き地での泥んこ試合が恐らく見せ場。
恐怖心の煽り方、特に怯える主人公を挑発するサイコパスな犯人の講釈を垂れるシーンは良かった。犯人役の人、普通過ぎて怖いしスリルやドキドキ感は十分。
playground

playgroundの感想・評価

2.7
Bマイナスな雰囲気だけど、
意外とドキドキハラハラしました。
犯人さん普通でいいですね。
何人かやっちゃってる感もビミョーに匂わせるとこも良かったです。
説明的な部分少なめなトコも好感触でした。
みー

みーの感想・評価

3.0
ドラレコ必須ですね。
変態ヤローが、変態ヤローそのままの見た目でゾクゾクします。
不穏な雰囲気をだせる、俳優さん凄い!
山道で追い越した車の男に執拗に狙われるお話

「彼と結婚したのはこのトリックがすごいから」
爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

3.6
若くして未亡人となったジェシカは都会を離れ、田舎へ車で引っ越すことに。林道を移動中、黒い車を追い抜いたことから執拗に煽られ…というストーリー。
黒い車を追い抜いたことから運転手の殺人鬼に煽られ監禁された女性の逃走と戦いを描いたサスペンススリラーです。監督は「ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録」のジョン・ハイアムズです。
ストーリーは本当に殺人鬼に追いかけられ監禁された女性が逃げながら戦うというだけのシンプルな物で、初め主人公の背景とかも説明されません。物語が進むにつれて夫を自殺で亡くしているという事などが明らかになってきますが。
サイコ殺人鬼がジェシカをターゲットにした理由もハッキリしないんですよね。車で追い抜かれたからなのか、タイプだったのか。見た目普通のオッサンみたいな所や、妻や娘がいて出張と偽って犯行を行ってる所等普通の人の仮面被って普通の生活送ってる殺人鬼感は良かったですね。最初親しげに話しかけてきたと思ったらグイグイ距離感詰めてくる会話とか、接してるうちに「なんかおかしい奴だ」と感じさせる所も良いですね。ジェシカを保護したハンターのロバートを言葉巧みに説得しようとする所や、夜の森の中で隠れているジェシカを言葉で嬲っていく所は犯人の卑劣で狡猾な性格現してて良いですね。
序盤の煽ってきた黒い車を振り切ったと思ったら行く先々に現れる不穏な描写は好きですね。そこから監禁→逃走までテンポよく進んでいきます。
森を裸足で逃げていたジェシカの足に木の枝が刺さってそれを引き抜くシーンはかなり痛々しかった。
死体を埋めている殺人鬼の隙をついて車に乗り込み、鍵や携帯を探したり後部座席に隠れるシーンはハラハラしました。そしてそこからの反撃は盛り上がりました。
終盤、殺人鬼の奥さんに電話をかけて全部ばらして心理的に追い詰めていくシーンは楽しかった。その後の戦いはグダグダな感じだけど、弱者の必死の反撃感がありました。泥だらけになりながらに必死さも良かったですね。その後のラストはアッサリしてましたね。
難点はこのタイトルのせいで大体の話の流れは読めちゃうことかな。シンプルなストーリーですし。
適度にハラハラできて楽しめる作品でした。
>|

あなたにおすすめの記事