ダウンレンジの作品情報・感想・評価・動画配信

「ダウンレンジ」に投稿された感想・評価

一貫したテーマで、お決まりの死亡フラグも立たせまくりで良いところも多々あったけど、オチの投げやりはいただけない。
いや、好きだけどもいただけない。
B級シチュエーションスリラーを想像しながら、日本人監督が撮影している海外作品という珍しさで見始めた。期待感なかった分、おもしろい。先が見えない怖さを十分感じられた。有名俳優が全く出ていないのもいい。誰が生き残るのかも分からない。もちろん犯人像も。血のりがちゃっちいのが、低予算ムービーの残念なところ。
hiwatt

hiwattの感想・評価

1.8
90分間椅子を握りしめていた!!みたいな触れ込みを聞いて見てみたら、攻撃されないに時間キャストの下手くそな演技で結構な尺を使っていて、めちゃくちゃ間伸びしてて緊迫感なんか皆無で凄く怠かったし、演出がことごとくダサかった…
最初の1分でこれは凄く低予算なんだっていうのは丸分かりで、後半夜になってからはそれが更に顕著になって、悪い意味で観るのがどんどん辛くなる映画でした。
説明はさささーっと済まして、最初から最後までただスナイパーに狙われる。その1点で勝負してるのが最高。

グロ演出の展覧会状態で、90分間、口が開きっぱなしやった。オチで完全に顎が外れた。
ツッコミどころ満載
マヌケしか出てこんのかこの映画わ!笑

最後は笑ってしまった笑
絶対にヒッチハイカーのジョディが犯人の仲間で、手引きしているんだと思ったんだけどなー。はずれた。

木の上からスナイパーが動かないもんだから、足でも悪いのかなぁって思ったんだけど、そういう訳でもなかったみたいだし、だとすると何故近づいてさっさと片付けなかったのかが不思議。動かないで全員殺すというのがマイルールだったんだろうか。
あさひ

あさひの感想・評価

2.7
胸糞悪い。。趣味悪い。。子供は殺しちゃダメだろ。つまらなくはないけど。
KEITO

KEITOの感想・評価

3.8
面白い。謎の狙撃手から狙われて車の影でやり過ごすワンシチュエーションスリラー。マンハント(人間狩り)系の作品ではかなり好きですね。こういった内容の作品はあまり高得点が付かない傾向にありますが、ぜひ見てほしい映画でした。

6人の大学生は自動車で広い山道を疾走している途中、タイヤがパンクして立ち往生してしまう。仕方なく車から降りた彼らは携帯電話を取り出すが、電波が不安定な状態だった。さらに自然発生的なパンクではなくタイヤが銃撃を受けていることがわかり、自分たちが誰かに狙われていると悟る。

本作は道路の真ん中に車を挟んでスナイパーと登場人物の攻防を描くというシンプルな内容ですが、90分飽きずに最後まで楽しめました。早々に殺されてしまう人物たちがいますが、この死体が常に画面に映ってたり車に踏み潰されたりするので何か存在感があるんですよね。

ちなみに「ダウンレンジ」とは銃弾の射程圏内を指す用語で兵士たちの間では「戦闘地帯」を表すらしいです。このタイトルもカッコいいよね。中盤で出てくる家族がマジで可哀想。特に撃たれて窓から飛び出した挙句に血塗れで娘を探すお母さんが悲惨すぎる。子どもを容赦なく殺すのは鬼畜展開ですね。

あと警察官がちょっと使えなさすぎるというか「何しに来たん?」感は否めません。もうちょっと頑張って。ラストの展開は好みが分かれそう。自分は「えぇ…😥」ってなりましたけど女優さんの演技で許せちゃいました。ゴア描写も頑張ってるし90分で手軽に観れる作品としては文句なしですね。『NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ』も面白かったし北村龍平監督のハリウッド作品は好ましい作品が多いですね。
えり

えりの感想・評価

2.2
グロい。
お話は、ずーっと見えない何者かが彼らを殺そうと銃口を向けている、下手したら殺される、っていう怖さだけ。

ドキドキしながら見たけど、間延び感は否めない。
ダニー

ダニーの感想・評価

2.9
なんの説明もなく関係性もわからず物語は進んでいく。

ただわけわからん奴に狙撃されるだけ。

前半の演出は引っ張りがち。

ラストのオチには唖然として笑ってしまった。
>|

あなたにおすすめの記事