127時間の作品情報・感想・評価

「127時間」に投稿された感想・評価

つよ

つよの感想・評価

4.0
岩山の隙間に落ちて抜け出せなくなった男の実話。

緊張感があって疲れた。
本人は疲れたどころじゃないだろうけど。
Sygyzy

Sygyzyの感想・評価

3.0
目的地に向かう時の主人公の壮大な自然の中でたった一人孤独の高揚感、自然を愛する者、独り旅をする者にはとても共感できる。
事故後の閉塞感と絶望感、自分の肉体の内側を強く意識する感じ、生命活動から起こる熱への愛おしさが強く印象に残る。
深刻になりすぎず、主人公のキャラに合わせてリズミカルに展開していく。映画の大部分が岩の狭間で起こっているのに退屈する間もなくあっという間に終わりになっていた。
troy

troyの感想・評価

4.0
「事実は映画より奇なり」
岩に腕を挟まれた男が脱出しようとする話。文字にすればたったこれだけのことがこうも胸を打つ。これが実話というのがまた凄まじい。生きるということはどういうことかを考えさせられる。ドキュメンタリーではなく、一つの映画として作り上げた監督、演じきった俳優もさることながら、実際に体験した方にも拍手と多大なる敬意を。どんな悲惨な状況になろうと、それでも人は生きたい。生きたいんだ。
自撮り好きの陽気なナルシスト野郎がグランドキャニオンに監禁される。鳥肌が立つような寒いシーン、絶妙なタイミングで小さく127HOURSのタイトルが表示される。これから脱出のための孤独な闘いが始まるのだ。

大自然のちょっとしたイタズラ心に戦慄が走る。友達と思うことなかれ、大自然をナメてはいけない。

グランドキャニオンの壮大な大自然が堪能できるが、同時に冷たさも感じる。あまりに無慈悲だ。手を差し伸べてはくれない。人間の無力さをあざ笑うようだ。

目を背けたくなるようなシーンに失神しそうになる。犠牲を払って生きるのか、諦めて死ぬのか?究極の選択を迫られる。実話というのが恐ろしい。
Hquuuu

Hquuuuの感想・評価

4.0
おお!流石ダニーボイル!!
って感じだった〜

映像とか音楽とか最初のテンポの良さとかやっぱ最高。さすがトレスポ監督
でもねぇ〜、見るのためらってただけあって、少しグロい、かな。
でもそのグロさとかが実際の過酷さとかをあらわしてるのかな、
良い映画だけどめちゃくちゃ見る人を選ぶ

閉所恐怖症の自分はずっと苦しくて、後半は痛すぎておかしくなりそうだった。
sawとか、ホラー映画なんか見たときの比じゃないくらい汗まみれで鑑賞してました。
遠藤勲

遠藤勲の感想・評価

3.5
絶対絶命のサバイバル
痛々しすぎて力が入らなくなった
本当にあった話だけに、自分がその立場になった時、同じ行動が取れるか考えてしまった。
途中、中弛み感が否めないがまあまあ面白かった
Hana

Hanaの感想・評価

3.3
極限状態になるとああでもならないとやってらんなくなるんだろうねぇ。。

痛エグかった。
Haruki

Harukiの感想・評価

3.7
ほとんどドキュメンタリーのような作り方で、爽快感や緊迫感がひしひしと伝わってくる。
それでいて映画的でもあり、生存本能や疲弊がしっかり描かれている。

ジェームズ・フランコの演技は見事で、アーロンが人生を見つめ直す心境が強く表現されている。

ラストの希望あふれる安心感も魅力。
比留川

比留川の感想・評価

2.5
とある渓谷で落下し、その衝撃で巨大な岩に腕が挟まり身動きが取れなくなってしまった男の127時間を描いたワンシチュエーションムービー。
勘ぐる癖が働いてしまい、すぐオチが頭をよぎってしまった…
>|