ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~2018年製作の映画)

Midnight Sun

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

あらすじ

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ち…

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ちていく。

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」に投稿された感想・評価

hinano

hinanoの感想・評価

3.9
日光に当たることができない病気を持つケイティ。長年窓から眺めていた片思いの相手・チャーリーと、ある出来事をきっかけに急接近するのだが、、、

置かれた境遇の中でお互いのことを想い合い、精一杯愛し合う姿には本当に涙が止まりませんでした。

ケイティの周りには、チャーリーももちろんですが、よき理解者であり大切に育ててくれているお父さんや、気の置けない親友のモーガンもいて。

悪者が誰もいない、綺麗なドラマに仕上がっていたのも良かったです。

短い上映時間ですが、過不足なく作品に浸ることができたのも◎

鑑賞後は温かい気持ちになれること間違いなしです!!
2006年にYUIが女優デビューして話題になった「タイヨウのうた」。
この度ハリウッドリメイクがされたということで、
観にいってみましたら。
爆泣き。


XP(色素系乾皮症)を患い、太陽の光を浴びれずに過ごすケイティ。
夜しか外を出歩けない彼女が、ある晩駅前でギター片手に歌っていると、
毎日のように窓から見つめていた少年チャーリーと出会ってしまう。
2人は惹かれあい距離を縮めていくが、
彼女は病気のことを打ち明けられずにいた。
そして2人に最高で最悪な夜がやってくる。


個人的には
リメイク版の本作の方が好き。笑

オリジナルはどうしてもYUIの初々しさが際立ってしまって、
かわいいのだけど個人的にはあまり入り込めず。
ただ、主題歌でこの映画のために書き下ろした「good-bye days」は
ほんとに名曲。ぴったり。
雨音薫はYUIじゃないとダメだったと思う。
まぁ最後はもはやYUIのPV感あったけど笑
(「黄泉がえり」の柴咲コウに近い笑)


そういった意図的な演出がない分(※筆者の想像です)、
リメイク版はストーリーがよりはっきりしてていい。


例えば、家族構成を「シングルファザー」にしたことで、
父親の娘に対する過干渉がより顕著になるし、
父娘の関係もとても自然。
2人の出会い方だったり、距離の縮め方だったり
ラストも現代に沿ったアレンジもしてあって面白い。


父親の部分、XP発症の部分など
総じてオリジナルより悲劇的に描かれている印象。
それゆえにええいああチャーリーにしっかりもらい泣き。
てかパトリック・シュワルツネッガー!
いい感じに彼女の王子様にぴったりでした。
あの上半身裸シーンは父親へのオマージュなのでしょうか。(違)
イケメンだし将来有望!今後に期待。要チェックや。


大筋は同じながら、
オリジナルは、儚く散った天使の歌声「雨音薫」を描いたのに対して
リメイク版は死と向き合い最後まで強く生きる一人の人間を描いている
そんな印象を持ちました。
好みは分かれると思うけど、どちらにもそれぞれの良さがあると思います。
オリジナルは邦画っぽいんだな。ミニシアター系だし。(いい意味で)


「チャーリーの歌」はそのまますぎると思うけど。笑
歌詞もとてもストレート。いい歌。


劇場で観て、オリジナルとぜひ見比べてみてください!
どちらも観たことない人はオリジナルからがおすすめ!
一生

一生の感想・評価

4.8
「タイヨウのうた」のリメイク作品。
邦画版YUI、ドラマ版沢尻エリカ
どちらも好きなので期待していたら案の定号泣した。
もし日本で再リメイクする際は名前が"ゆい"というシンガーソングライターを使いましょう。
miyu

miyuの感想・評価

3.8
邦画の『タイヨウのうた』を見てから、この映画を見た為、それに比べたら 感動が薄かった…

パトリックは、パパのアーノルド シュワちゃんと目がそっくり。。。
角度によっては、まぢ 似ている…
ずっと パトリックの方がイケメンだけど…

ストーリー的には、アメリカナイズされていて、画像は邦画に比べてるさすがに、何倍も美しい…
風景の撮り方も とても 綺麗✨

でも、邦画の 『タイヨウのうた』の主人公の不器用な感じで、ずっと 憧れていた彼に近づくシーンは 何倍も 好きだ💕
下手をしたら ヤバイヒトみたいな感じでコクる感じが たまらなく 素敵だったし、好きだった…❣️

本作は、もっと、主人公は、はにかみやで
地味に彼に近づいていく感じだったが…
距離の縮め方は、アメリカ仕様…
パーティなどに行ったりして…
そこからは アメリカ人だなぁ…って改めて思った💦

多分、ワタシが日本人だからか、家族設定や岸谷五朗のお父さんの言葉などがガッツリ 胸に食い込んできたのかもしれない…

また、遊園地みたいな場所で、邦画も本作も歌を歌うシーンがあるが…
ここもYUIさんの歌の方が沁みる🎶

パトリック すっごく イケメンなんだけど…笑顔が 妙に 不自然と思ったのは ワタシだけかなぁ???
チョット ヤバイぐらいの笑顔だった…😅

ラストは両作品とも 好きな終わり方だった。。。

自分の身近な人を見送った後、ワタシ自身があまりにも悲しみとらわれ過ぎて
この映画の様に 生きられなかった反省を込めて…
自分の思いをいろいろ かえりみることが出来た映画であり、好きなストーリーではある🎬
Hana

Hanaの感想・評価

3.9
涙止まらない。
映画館で声出して泣くかと思いました。


ラジオで曲が流れた時のチャーリーのドヤ顔何気に好きでした
SakiHibino

SakiHibinoの感想・評価

4.0
日本版のタイヨウのうたは映画もドラマも観てるからストーリーも結末も分かってるけど、それでもやっぱり泣いてしまった

本当に大好きな話だな〜
Rug

Rugの感想・評価

3.7
これぞ王道ロマンスって感じでした。
音楽が最高で最後は泣けてバランスが良かったです。
ベラ・ソーンがかなり可愛かったです。
YukiSakai

YukiSakaiの感想・評価

3.3
脚本はベタだが、誰がみても感動を覚える王道感。何より曲がいい…
yuka

yukaの感想・評価

4.6
泣いて鼻が詰まって大変だった。
ストーリーは予想通りだったけど、良かった☆
ケイティの話し言葉は可愛い声ではないけど、歌声が良かった。
チャーリー、かっこいい☆
爽やかで、デートシーンは見ててニヤニヤしてしまった♪
二人のお互いを本当に思いやり、力になろうとする姿、良いなー。羨ましい。
二人のシーンも良いけど、父娘のシーンが1番泣けた。
ケイティのセリフ思い出したら、また泣けそう。
これはコレで……!

YUIの透明感や高校生同士のピュアでもどかしい一夏の恋っぽさはないよ!
吹っ切れた主人公がやたら積極的だし、Jr.は10秒ごとにパパ譲りのパーフェクトスマイル繰り出すし……

でも日本版リスペクト!の精神や色んなキャラにフォーカスあててたり、頑張ったね!!と素直に思えるイイ映画。
>|