ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~2018年製作の映画)

Midnight Sun

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

3.9

あらすじ

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ち…

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ちていく。

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」に投稿された感想・評価

emo17

emo17の感想・評価

3.9
ありきたりな内容だろなって思って流し見しようとしてたのに、流し見どころか普通に機内で号泣してしまった、、2人とも美しすぎるし、パパが大好きすぎた、セリフがささる。
Namnam

Namnamの感想・評価

2.4
シュワちゃんの息子なんだ!めっちゃイケメン。機内でシクシク泣く始末
太陽に当たってはいけない病気を持った女の子とその子の初恋の相手との話。
Anna

Annaの感想・評価

4.0
病気でお外に出れなくても、最高なお父さん、友達、彼氏に恵まれた人生できっと主人公の女の子は幸せだったろうな。最後涙止まらなかった。

Everyday is a giftってお父さんが言ってて感動した。
Haruna

Harunaの感想・評価

5.0
太陽が登る前に慌てて家に帰る姿は
シンデレラみたいで.....
ヨットで夕陽を見に行くシーンが何とも言えず
切なくて美しかった(;_;)

前半の、親友と恋の話で盛り上がったり
好きな人との進展にキュンキュンしたり
ホームパーティーで大騒ぎしたりする
ティーンならではの姿がキラキラしてて、
その分後半 病気が悪化していくのが苦しかった

大好きなチャーリーと一緒に
陽の光を浴びたケイティは本当に幸せそうで、
あの一瞬が永遠に感じた....

ごめんなさい上手く言えない
久々にレビューがまとまらない作品に
出会ってしまった...!
親友のモーガンとかお父さんとか
パトリックの事とか言いたい事いっぱいなのに!
この静かな感動を上手に文に出来ない!!

とにかく今は眠るのがなんだか
もったいなく感じて今夜はずっと
起きてたい気分( ´∵`)
MAHOZHA

MAHOZHAの感想・評価

4.2
普通に泣いたんだけど…

映画館で号泣してました

あれ私です…

ベラソーン最近荒れてたから落ち着いたかな?って感じで見ました笑

パトリックイケメンだし

まあ少し、理不尽なところあるけど良かった!
Yuko

Yukoの感想・評価

3.9
久しぶりに難しい事を考えずに観れる映画でした。私は日本版は映画もドラマも観ていなかったので、先入観なく楽しめました。たぶん主人公たちのストーリーに涙すべきなのでしょうが、グッときてしまったのは、むしろ父親と娘のお互いを思いやる関係。自分がいなくなった時のために新しいパートナーを見つけて欲しいという娘と、その娘の思いを受け入れようとする父親の気持ちを思い、不覚にも泣かされました。歳ですかね…。
Matilda

Matildaの感想・評価

4.8
大好きな映画「タイヨウのうた」のハリウッドリメイク。ずっと待っていました。
でも正直なところ、YUIの魅力が最大限に引き出されたあの映画は大好きだったので、今回この映画を好きになれるのか不安でもありました。大好きな映画のリメイクを観るというのは、ちょっと勇気がいることなんだと思います。

ベラソーンにパトリックシュワルツェネッガーという美男美女すぎるイケイケな2人がこの作品の雰囲気を壊さずに演じることができるのか。それが一番の心配要素でした。
でもこの2人、これ以上ないくらいに最高だったんです。彼らは本当に一途でそれでいて少し不器用で、観ている全員が彼らを応援したくなる、そんな微笑ましい2人でした。ベラソーン、演技めっちゃ上手くないですか!?(普段の彼女と今作の彼女違いすぎる)

誰と一緒に居て、どう過ごすか。私たちはそれを選択することができます。そしてその選択肢は本当に沢山あります。私は、できる選択肢の中でどうすれば自分の人生を歩めるかをもう一度考え直そうと思いました。
どうすれば最高の人生になるか、私たちは自分で多少はわかっているはずです。でもそれが怖かったり、もしダメだったらどうしようとか不安になるから踏み出せない。
人生は結果が全てではない、私はそう思います。世の中にはいろんな制約があってたくさんのことに縛られるけれど、結果がどうであれ、その過程が自分の納得できるものであるかどうかが大切な気がするのです。

彼女はとても愛されていました。最高の父親に最高の親友、そして最高の恋人。でもそれは、彼女が彼らをとても愛していたからだと思います。彼女は、自分のことをよくわかっていました。その上で、自分ではなく、いつも誰かの幸せを願っていた。

この映画には、いい人しか出てこないんです。みんな優しくて、誰かを思って、自分より他人のことばかり。時に痛々しいその優しさは、この世界に
はまだ愛が溢れているのだということを信じさせてくれます。

病気の主人公が、憎むべき太陽に憧れていたのが印象的でした。一瞬でも当たってしまえば死ぬかもしれないのに、彼女はそんな太陽に憧れていた。そしてその彼女の気持ちが溢れ出すようなあのシーンでは、涙が止まりませんでした。彼女にとって、太陽、その光とは、母親との記憶であり、彼女の憧れだったんですね。

こんなに優しい映画は久しぶりに観たような気がします。恋も友情も音楽も、この父娘の親子愛も、どれも最高でした。この世界は愛に溢れ、輝いていました。
も

もの感想・評価

-
試写会友達が取ってくれたので見た。
日本の原作とは異なってるけど、これもこれで美しい。
MisakiIno

MisakiInoの感想・評価

3.4
親子愛、純粋な恋愛、友情
総合的にいい映画だった
涙無くしては観られない

何よりシュワちゃんの息子イケメンだ
>|