ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~のネタバレレビュー・内容・結末

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~2018年製作の映画)

Midnight Sun

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:92分

ジャンル:

あらすじ

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ち…

二人で過ごした時間は、どの瞬間も輝いていたー。17歳のケイティは、太陽の光にあたれない“XP”という病をかかえていた。そのため、幼い頃から昼間は家から出られず、 父親と二人で時間が経つのを待つだけの日々が続いていた。彼女の唯一の楽しみは、毎夜ギターを片手に駅前まで行き、通行人を相手に歌をうたうことだった。そんなある夜、彼女はチャーリーと出会う。彼には病気のことを隠したまま、次第 に二人は恋に落ちていく。

「ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~」に投稿されたネタバレ・内容・結末

結論、とても爽やかな青春恋愛物語で、観てる側がこーいう恋愛したい(亡くなるのはなしで、、)と思わせるのに、十分な雰囲気。

パトリック・シュワルツェネッガーの演技含めて、キャスト全員がストーリーにはまっていたように思います。

鑑賞後少し考えてみたけども。
嫌みなキャラクターがいないことも、気持ちよく観ていられる理由なのかもしれない。
全員がキレイな素直さで、行動している。
また、冗長なシーンがないことも良いのかと。

邦画版は観ていませんが、、邦画ではきっとこの手の病気物でさっぱりとした最期やその前後が描かれることはないように思います。
(命への執着や、抵抗、本人・周囲の悲しみはあって当然なわけですが、予想がつくし、映画でまで、そんな苦しいシーンはもう観たくない。というのが個人的思いです。)

ともかく、DVDが発売されたら、また観たいと思う映画でした。
日本でめちゃめちゃ流行らないのは、宣伝が足りていないのでしょうか、、、?
今回は珍しくネタバレで書きます。

観た後で知りましたが、これって邦画のリメイクなんですってね!オリジナルはノーチェックだったのでどうか知らないんですが、まぁ一言で言って「普通」ってのが正直なところ。

何よりも彼女が大好きな彼に病気の事を伝えていないのがどうにも理解できないので、共感度がだだ下がり。

もし自分が大好きになった人から「実は太陽の下に出れない病気なの」って言われたら、正直そんなにショックですか?だって夜なら会えるしデートも出来る。もう会えないって言われるより100万倍マシだと思いませんか?全然許容範囲だと思いませんか?

もちろん病気の事は気の毒だし、大変だろうとは思うけれど、それで相思相愛の人をあなたなら諦めますか?そして自分に負担をかけまいとして、病気の事を秘密にしていたその人をどう思いますか?

もしかしたら自分の感覚がずれているのかもですが、大好きな人に夜しか外出出来ないと打ち明けられたら。。。自分の反応は多分こうです。

「ふーん、じゃあ昼間のデートは諦めるね」

元々ヒロインは太陽の光に当たらなくても命は長くなかった?でも映画からはそんな設定は見えてこなかったし、彼女があんなことになってしまったのは、病気を彼氏に話してなかったせいだけに感じられました。

と言うわけで、なんか釈然としない作品でしたが、一応切なさは伝わって来たので評価は★★★。シュワJr.も良かったですよ。お父さんに似てるけど、もっとイケメンですね!個人的にはイーストウッドJr.よりシュワJr.のこれからに期待したいと思います。
なんとなくストーリーは分かっててもぼろ泣きしてしまう。最後のラジオを聴くお父さんのシーンに一番泣いてしまった。
とにかく、恋愛の綺麗な上澄み部分だけをすくい取ったような瑞々しさ。
主演二人以外の周囲も含めて容姿のみならず内面も清廉で、薄汚い・無様な本性を曝け出すような人が出てこない。
誰もが他人を想っている世界観。

それでも嫌味を感じないのは、特に主演二人が本当に爽やかな演技を見せてくれたからだと思う。
正直、シュワちゃんの息子さんという興味で観た部分も多分に有り、マッチョ感の無い若かりしシュワちゃんを見られたようでそこはそこでニヤリとできたが、ベラ=ソーンも含めて説得力の有る青春模様だったように思う。
とどのつまり、自分の患っている難病を彼に隠す彼女の「もう少しだけ普通の女の子でいさせて」という切なる気持ちにどれだけ共感出来るかがそのまま子の作品に対する各人の評価点になるのでは。

後半、彼女の衰弱ぶりはメイクと微かな所作で表現するに留め、生涯に最後の陽光を恋人と謳歌して、死の模様は敢えて描かずに、彼女の父親・恋人・親友の三人が海に散骨するシーンで端的に示す。この流れの潔さと鮮やかさは掛け値無しに美しかった。

「永遠の鈍色よりも、一瞬の虹色を選ぶ」という、そんな映画。
彼の前だけは、普通の女の子でいたかった
それまでの18年間を思うと、年頃の女の子として自然な感情だろう
ただ、その代償は大き過ぎたと思う
お父さんの気持ち、親友の気持ちにも泣けて大変だった

シュワちゃん息子さんは、絶えず穏やかな表情
シュワちゃんのゴツさを無くして良いとこだけ残したような、これからも楽しみな俳優さんだなと思った
主演のベラソーンも、歌は上手いし自然な可愛さで魅力的✨
モーガン役の女の子もすごく良かった✨

日本の「タイヨウのうた」は観ていなかったけど、そのリメイクだとは知らなかった
自分はなかなか面白かったと思うが一緒に行った子はそうでもなかったよう。
日本映画の方は未鑑賞で予備知識もあまりないまま見たけど見やすい。邦画が元になってるぶん日本人にもウケやすいように感じた。

内容にはレビューではあまり触れたくないのだが、自分はチャーリーとケイティの関係よりもケイティと父親の関係の方を注視した。とくにケイティが父親に婚活を勧めるシーンとかはなかなかグッとくるものがあった。
ただよくよく考えてみるとこれまでずっと大切にしてきた娘をぽっと出のよくわからん男に知らなかったとはいえ日光を浴びせられて殺されたも同然。父親かわいそうじゃね?
とにかく見やすくて鑑賞直後はいい気分だったのでこの点数をつける。

泣くだろうとは思っていたけれど、こんなに泣くポイントが永遠に来ると思わなかったです

チャーリー本当に格好良くて優しくてスーパーハンサムガイでした。
パトリックが私の好みのイーサン・ホーク、ジャックロウデン、ヘンリーカヴィル系の優しい顔で大好きです

アントンイェルチェンに少し似ていて泣けます

病気がテーマの物語は「永遠の僕たち」や「きっと星のせいじゃない」でもそうでしたが作中で病気が完治して幸せになる終わりは少ないと思います。
どんどん症状が悪化していってしまう。

ただ命が尽きてしまうまで、何が出来るか何をお互いに残してあげられるかが大切で

今作も幼い頃からずっと家の中で過ごしてきて、周りの子のように生きれない主人公に周りの人達がパーティや恋や友情など沢山のことを教えて主人公もまた絆や歌を残していました。

とにかく出てくる人たちが本当にいい人達でした。
いつもケイティの家でモーガンとダラダラ過ごす日常も、序盤で父親が卒業式を挙げるところも素敵でした。

チャーリーと2人で出かけて、歌を歌ったり夜の海で泳いでいるシーン本当に好きです。
見終わってたらシュワちゃんの息子と知って驚いた!くっそイケメン。身体ムッキムキ。
病気ものって感動するのは確実だし、しかも父親と娘の2人家族っていうより泣かしにくる設定っていうのにまんまと引っかかった感じ(笑)恋愛に至るまでも、病気が発症して死に至るまでも、その後の経過も、全てキラキラな青春、夢物語って感じの純粋な物語だった。展開もまあまあ早かったし、これはしばらくしたら記憶から消えるかな〜って感じだけど、一時的にでもすごく感動できたからよしです!
THE感動物はあまり得意ではないせいか、はるか昔に観た『タイヨウのうた』の記憶はおぼろげですが。
アメリカのティーンエイジャーになったので、ポップでハッピー。
家を飛び出せばイケイケアゲアゲパーティー!
ノリが良くてテンポが良くてみんな可愛くて明るい。
もしかしたら、チャーリーが撮った動画をネットに上げて募金を集めて研究が進んで助かるのでは…?と期待するほどの明るさ。
短くても幸せな人生ならば自分の後悔はばくても、遺す人を思うとどうしてこんなに苦しいのかしら。
中華の出前は日本でいう寿司とかピザの感覚なのかしら…。
遺灰を海に撒いていたけれど、あれって向こうでも充分伝わるのかしら…。めちゃくちゃ日本の骨壷に見えたのだけど…。
予想以上によかった!
もっと暗いのかなと思ってたけどそうでもなくて、主要人物がみんな素敵!特にお父さん!!
音楽もよかったし、光の演出が綺麗すぎる
最後船に乗るシーンからはお涙頂戴感あるなって思いつつも涙腺崩壊しました
強いて言うならチャーリーがケイティに惹かれていくあたりをもう少し丁寧に描いて欲しかったかな
>|