ベイビーティースの作品情報・感想・評価

ベイビーティース2019年製作の映画)

Babyteeth

上映日:2021年02月19日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

あらすじ

「ベイビーティース」に投稿された感想・評価

mary

maryの感想・評価

3.8
難病の女の子が不良青年に恋をするっていうまぁ単純っちゃ単純なお話(笑)

確かに主人公が病気を持っているけど、病気がテーマっていう感じはまったくしなくて、すごく見やすかった。

最初よく分かんなくてどうなっちゃうかと思ったんだけど後半にいくに連れてだんだん見応えが増えてきた。それはやっぱりミラの心の変化にもあるのかなぁ〜なんて。ポスターの感じにも負けないぐらい色彩豊かで可愛さもある。

ミラ役のエリザ・スカンレンがいいよね。
難病を患った女の子が不良少年に惹かれちゃう映画。

毎シーンごとにお洒落なタイトルつけてて、かつ素敵な音楽を流してくれます。

めちゃくちゃ素人意見ですが、このカメラワークはあかんやろっていうシーンを見つけたのは僕だけでしょうか。
aya

ayaの感想・評価

2.5
マジでごめんなさいだけどまじで全然はまらなかった、、
病気のミラと不良少年モーゼスの恋物語。
まず、、出会いのプラットフォームのシーンで、へ?!?!😳😳😳😳て感じ。
場面が変わるごとに表示されるタイトルや、画面の色調は、アルバムをめくっているよう。
モカ

モカの感想・評価

2.5
若手病弱女優No.1、エリザ・スカンレン主演。
中身は『きっと、星のせいじゃない』とかそっち系のよくあるストーリーで、大したものではないんだけど、エリザ見たさについ視聴してしまった。

薄幸女優として名をあげたジェニファー・ローレンスを思い出させる彼女の眼差しは印象的。
というか、他にあまり長所が見つからない。

オーストラリアの田舎の子って、遊び方もなんとなく地味で可愛らしかった。
あの妊婦さんは不要だったかも。


面白い映画なのだろうけど、中国語訳しかなくてうまく観れなかった😢😢
kendallJJ

kendallJJの感想・評価

3.8
泣いた。喉の奥が痛かった。
一部のセンスのいい人たちが聴いてるようなインディーズ系の洋楽をそのまま映画したような感じ。
病を持つ少女と破天荒な青年のお話。
自由で何考えてるか分からないような人に惹かれるのなんだかすごく共感できた。
setsudosha

setsudoshaの感想・評価

4.3
個人的に大注目のエリザ・スカンレン主演のオーストラリア映画。

恋人、病、両親……少女の残りわずかな人生はほぼこの三本柱で構成されており、それぞれのテーマのハイライトがほどよく編集された形で進んでいく。
たくさんのスナップ写真から人生の名場面を抽出して、届けてくれているような、そんな雰囲気。
しかも、たまに少女と目が合うものだから、彼女の人生を覗き見しているようで何だかドキマギしてしまうのだ。

---

『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』でも病魔に命を奪われていたエリザが今回も、短命だが儚いだけでなく生きた証をきっちり残すような演技で魅せている。

父親役が売れっ子バイプレーヤーのベン・メンデルソーンてのもイイ!悪役的な役柄も多いけれど、今作は珍しく(?)普通の人間を演じている。
オージー俳優は味わい深い人が多いなあ。
ちかミ

ちかミの感想・評価

4.0
「若草物語」のベス役、エリザ・スカンレン主演。
末期ガンに冒された16歳の少女が、年上のドラッグディーラー?に恋をする。少女の両親は男を気に入らないが、娘が望むならと渋々許す。

ストーリーに目新しさはないですが、少女をメインに4人の心の葛藤と感情の揺らぎを繊細に描いた作品。コーダが泣ける…。

今年は、coming-of-ageモノに好きな映画が多い。映像にも新鮮さがあり、本作ではパーティー場面の曲と映像のシンクロがカッコ良い。あとベイビーティース(乳歯)の使い方も好きでした。
あんこ

あんこの感想・評価

4.0
余命わずかの女子高生が宿無し無鉄砲男に恋をする!

ただのお涙頂戴映画じゃなかった…!
惚れた男は不良青年!タトゥーも入ったこんなやんちゃな男との2人の恋の行方は!?そして娘に何かしてやれないかと考え無力さも痛感している両親の葛藤…みんなの心情が心にズシンと重くきたけど、でも!!色彩豊でユーモア溢れて愛くるしさある映画!衣装の色合いとシャレオツな音楽にタイトル、少しおてんばなミラちゃんがかわいらしい!

どう生きるかで人生に色味が出てくるんじゃないのかな!

命短し恋せよ乙女!!!

あんこぶつけたろか!
シャノンマーフィー、とてつもない才能なんですがなんなのこの人…放心状態
>|