きっと、星のせいじゃない。の作品情報・感想・評価

きっと、星のせいじゃない。2014年製作の映画)

The Fault in Our Stars

上映日:2015年02月20日

製作国:

上映時間:126分

3.8

あらすじ

運命がくれた、今日が愛しい。 人気ベストセラー小説を『(500)日のサマー』の脚本コンビが映画化! 世界中が恋に落ちた、すべての人生を輝かす希望の物語

「きっと、星のせいじゃない。」に投稿された感想・評価

koh

kohの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

「ベイビー・ドライバー」で初めて今作の主人公ガス(アンセル・エルゴート)を見たときの衝撃再び。

登場シーンからもう引き込まれるこの魅力。そしてヒロインのヘイゼル(シャイリーン・ウッドリー)。

小さい頃にガンが見つかり、それからずっと放射線治療やら投薬の繰り返し。今も鼻にパイプを通して生活している。もう恋をしたり明るい未来など無いと思っていたが、、

自分のことを好きになってくれた人への恥じらう姿や表情が素晴らしい。
いずれ死ぬから友達でいようと決めたのに、初めての飛行機ではしゃぐガスが、たまらなく愛しくてキスしてしまうとことか、良かったな。

いい作品だった。
まず題名きっと星のせいじゃないこれはすごく内容にあってると思う
この映画の1番いいところはありきたり病気で恋人死ぬだけの映画じゃなく二人とも限られた命という運命を受け入れながらも精一杯深く愛していくというところだと思う。無限という概念がすきになった
ちな

ちなの感想・評価

3.9
なんか自分が死ぬこと想像して怖くなった(笑)

電話でオッケー言い合ってたとこかわいすぎかよバカ〜〜

死ぬ前にこんなに誰かを愛し愛されて、
幸せだよね
でもやっぱ残された側ってどんだけ辛いのって感じ、
11

11の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

病気のせいで恋心をセーブしてたのに、飛行機の離陸を怖がった彼氏(ガス)が落ち着くようにに彼女(ヘーゼル)が手を握ってそこから恋が発展していくのが良かった。 彼氏が先に死ぬんだろうなというのは途中でなんとなく気がついたのであんまり泣けなかった。 いい話ではあった

シャンパンを星の味だというのが印象的
S

Sの感想・評価

4.0
久々にこんなに泣いた。

お母さんが、他の家族のサポートをしたいと打ち明けるシーンがすごく良かった。
台詞1つ1つに重みがあって、考えさせられる映画。

最初から最後まで、ガスのユーモアセンスが素敵だった。
nobuki2298

nobuki2298の感想・評価

2.8
ニヤニヤしちゃう笑
シャンパンは星の味って表現好き!あのレストランの店員さんに会いたい!
もなみ

もなみの感想・評価

3.5
死と病気が主軸のラブストーリー。
でも彼らの明るさを観ていると
暗い気持ちにはならない。
映画に力を入れるアメリカの作品で
予算が少なかったらしいけれど、
素晴らしい作品。
今生きていることに感謝したい、
精一杯生きたいと思える映画でした。
眠りに落ちるように恋に落ちた――
主人公は末期ガン患者の女の子。普通の生活をするのも難しいくらいだったが、ある日嫌々行っていたガン患者の集まりで1人の義足の男の子と出会い…

何だろうなあ、泣きはしなかったんだけど、ずーっと( ´Д`)こんな顔して見てたなあ。泣きそうになる寸前みたいな変な感じ。
ユーモアのセンス溢れるガスがとても素敵だった◎
何故この映画のDVDをレンタルしたのか全く覚えていません。元来私は病気で人が亡くなる映画は苦手なはずなのに。
しかし、手元にあったので何気に鑑賞をしたのですが、予想外に感動をし涙を流してしまいました。良作です。

とにかく1つひとつの会話がおしゃれでかっかこいい。相手を思いやる気持ちを感じました。先が見えている極限の状態なのに、ウィットに富み辛さを見せない。会話の中に相手を気遣い優しさを感じます。自分が同じ状態であったならここまでひとに優しくなれるか考えさせられました。自分もこうなりたいと思わされます。

主人公が当初自分が先に逝く事を考え、ガスとの距離を縮められない感じが視線に出ていました。しかし、段々とガスとの距離を縮め自分の気持ちを正直に相手に伝える姿は感動です。アンネの家で2人が自分達の気持ちをキスで表し、その時周囲にいた人達が祝福するところは胸が熱くなります。
2018.2.7
機内で鑑賞。ちょうど涙してた時に隣の外国人からどーでもいいことで話かけられて恥ずかしかったももくりです。

病もの+お別れはやっぱり辛いですね。しかも子供というか、青春まっさかりで夢や希望がいっぱい、これからっていうときのこれは辛い。身体を蝕む病気が憎いに尽きる。残された家族や友人は悲しいし無念だけど、頑張ってほしいです。

この映画の魅力は主演の2人とその友達。アンセル君が出演していたとは知らなかったので驚きとともにキュンキュン。やっぱりカッコかわいい。イケメンじゅるり。

ちょうどアムステルダムに行こうとして行けなかった旅行の機内で鑑賞したので、どんな偶然?!と、びっくり仰天。実際にアンネ・フランクの家は外せない!と思ってリサーチしたりしてたので大変興味深かったです。アムステルダムを舞台にした映画はたくさんあると思いますが、この映画はアムステルダムを違う角度から映しているような感じがして、すごく良かったです。そんな意味でもオススメな映画☆
>|