きっと、星のせいじゃない。の作品情報・感想・評価・動画配信

きっと、星のせいじゃない。2014年製作の映画)

The Fault in Our Stars

上映日:2015年02月20日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「きっと、星のせいじゃない。」に投稿された感想・評価

ふうの

ふうのの感想・評価

3.2
本が大好きで原作を読んだ後に見た。原作と違うところも多かったけど良かった。
凜々

凜々の感想・評価

4.8
100万人の愛より1人の愛を求めて。

広くはないけど深く愛された。
それって最高だろ?

生きていれば傷つくこともあるけれど
その相手は選べる。

OK?ヘイゼルグレース。
Sakura

Sakuraの感想・評価

-
久しぶり感動系
これは誰が見ても泣くでしょ😭😭😭
涙必須の良い映画
i love you and i'm gonna remember you
泣いた
みう

みうの感想・評価

3.0
気持ちが少しナーバス?になってる時だからか何回か泣きそうになっちゃった

作り方的に、いわゆる「がんの映画」にはしたくなかったのかもだけど、まぁ結果的には典型的な病気の映画というか。

ただ、2人が死ぬのを分かりながら恋に落ちて、残された時間を確かめながら触れ合って愛し合うのは、ここ最近の自分たちとも少し重なって、いつもより感情移入しちゃったかも。
死んじゃうと永遠に会えないけど、今もこの先しばらく会えないのは確定なわけで。例えば、この先会えなくなる(死んじゃうとかで)のは分かってるけど今はずっと一緒にいれる、触れ合えるのと、死にはしないけどその間ずっと離れ離れなのはどっちがいいんだろうとか考えたり。2人は若くして死によって別れなきゃいけなくなったけど、それまでは近くで愛し合えたから幸せだったんじゃないかな。そう考えると、やっぱり会う、そばにいる、触れ合えるって大事なことだよなぁって思った。

I almost cried a few times because I was feeling a little nervous.

Maybe they don't want to make it a "cancer movie" in terms of the way it was made, but it turned out to be a typical illness movie.

However, the fact that two people fall in love knowing that they are going to die, and touch each other and love each other while checking the remaining time, overlaps a little with our recent expression, so I might have gotten more emotionaly involved than usual.
If they die, they can't see each other, but it is certain that we won't be able to see for a while. I wondered whether it would be better to know that we will never see each other again(because of death, for example) but to be able to be with each other and touch each other, or to be seperated from each other for a long time even though we will not die. I think they are happy because they were close to each other and loved each other.
かすや

かすやの感想・評価

4.0
ロマンチックで悲しいお話

なにか障害または病気を抱えてる人達の集会で出会う2人

お互いを思いながらスレスレの人生に悲しくなりつつも支え合って今を楽しむ

最後は涙
qkilogram

qkilogramの感想・評価

3.5
命の尊さと愛の素晴らしさを感じた
病気系の映画は好きではないが今作は単なる「御涙頂戴作品」ではなく、ワードセンスが輝く淡い恋愛映画。という印象
「生きてる限り傷つくけど、傷つけられる相手は選びたい」「虹を見たいなら雨を我慢する」ワードセンス最高!
個人的には終始ドキドキヒヤヒヤで、幸せになればなるほど怖くて見れない。そんな映画だった
会いに行った本の作者が結局のんだくれの救いようもないクズだった展開には驚いたし、特に名誉の挽回もなく終わったのは予想外だったが、その秘書も秘書で2人を展覧会に連れて行った時に人としての気遣いが足りてなかったり、2人が最上階でキスをした理由、彼らの背景を知らない周りがなぜ拍手したのかも少しわからなかった
あんなに辛い階段帰れた?という現実的な面で途中少し冷めてしまった
しかし、母親が娘の死後は福祉士になる予定だったことがわかり、それが教会の待ち時間は勉強していた時間だった伏線。死んだ人の周りがどうなるか、前進出来るのか、という本の続きの答えにもなっていた。
ラスト、ガスが添削依頼をなぜあののんだくれにしたのかは少し理解できなかった
deckid2022

deckid2022の感想・評価

3.9
もうすぐ死ぬかもしれないという時に、なんで目の前のやりたいことよりも長生きすることを優先するんだろう。
延命することよりも、どんなに短くても限りある生を全うすることのほうが本人にとっては大切なことだと少なくとも私は思ってた。でも、家族は少しでも長生きして欲しいと思っている。それは当然なことだとも思う。そんな家族の気持ちを本人は1番わかってる。だから、延命よりも今のこの瞬間を大切にしたいなんていえない。
そう思っていたんだけど、
この映画をみて、残される人のことについて、大人になってから初めて真剣に考えてみたんだけど、長くいきたいって思うのが真理なのかもしれない。大人になっていくにつれて、人の幸せを自分の幸せと思うことが多くなっていくからなのかも。

あと、『生きてる限り傷つく事はあるかもしれないけど、誰に傷付けられたいかは選べる』っていうガスのセリフが新鮮だった。『葬式は残らせた人たちのもの』、このヘイゼルのセリフも新鮮だった。最期の時が近づいてるってわかったら、私も生前葬してみたいな。『なんで忘却が怖いの?なんでそんなに認められたいの?私に認められだだけでは不十分なの?例えそれが不十分だったとしても、それで十分と思うしかないんだよ。』っていうヘイゼルのセリフが沁みました。
ヘイゼルグレースランカスター、オーガスタスウォルターズ、2人ともフルネームで呼び合う感じがまたなんかよかった。
この映画は『死』を描くのではなくて『生』にスポットライトを当てた愛のある素敵なポジティブな映画だった。

眺めのいいベランダで、好きなキャンドルと共に見る映画もまたよかった🌙

エンディングソングがエドのall of the stars で、あ!この映画か!ってみ終わってから気づきました!
さとう

さとうの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

いいおじさんだったんだね、、
二人の出会いから幸せな思い出を思い出して泣いた
21

21の感想・評価

-
昔本読んだから気になって映画見てみた。
ちょっと長く感じた。
高校生が好きそう。
>|

あなたにおすすめの記事