きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

The Fault in Our Stars

上映日:2015年02月20日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    ジョシュ・ブーン
    脚本
    スコット・ノイスタッター
    マイケル・H・ウェバー
    原作
    ジョン・グリーン
    キャスト
    シャイリーン・ウッドリー
    アンセル・エルゴート
    ウィレム・デフォー
    ローラ・ダーン
    ロッテ・ファービーク
    サム・トラメル
    デイヴ・ウェイレン
    アナ・デ・ラ・クルス
    ジーン・ブラサード
    ランディ・コヴィッツ
    クリス・ジェイムソン
    ウィリアム・カニア
    ティファニー・ザンダー・マッケンジー
    ナット・ウルフ
    あらすじ
    運命がくれた、今日が愛しい。 人気ベストセラー小説を『(500)日のサマー』の脚本コンビが映画化! 世界中が恋に落ちた、すべての人生を輝かす希望の物語

    「きっと、星のせいじゃない。」に投稿された感想・評価

    なほ
    3.8
    オーガスタスが最初出てきたときはなんだこいつと思ったけど、すぐに好きになった。
    Yuka
    4.9
    悲しすぎてマイナス0.1
    Ena
    3.8
    泣いた。
    これはお涙頂戴とかそんなのどうでもよくて、登場人物たちの人間性や考え方にじーんとくる映画だった……
    辛い経験があるからこそ、その人間や人生に深みがでる。生きた長さよりも生きてる間にどれだけ自分にとって納得のいく時間を過ごせるかが大事なのかも。
    幸せは人が決めるものじゃない。
    ガスの人格が大好きで尊敬でしかない。
    ガスの存在は星のように輝いてて、真っ暗な毎日を照らしてくれて、どこにも行かず一途にじっと見守ってくれて、あんな人に愛してもらえたヘイゼルは幸せだったろうなぁ。この映画のラストが小説の続きの答え…?ガスはいなくなってしまったけど周りの人にはまだ未来がある。どうなるかわからない、でも生きてる限り希望を捨てちゃいけない。
    「虹を見たければ、雨を我慢すべき」

    末期ガンながら、投薬治療で深刻な状態を免れているヘイゼル。しかし、学校にも通えず、友達もできず、酸素ボンべなしでは生活できない。
    そんな中、ガン患者の集会で骨肉腫を克服したガス(オーガスタス)と知り合う。ヘイゼルに惹かれたガスは、ヘイゼルに振り向いてもらおうと、彼女が敬愛する作家にメールを送って返信をもらうことに成功する。それをきっかけに、二人は作家に会おうとオランダへ旅行に出る....というお話。

    最後のほうはもう、涙腺ゆるゆるで泣きっぱなしだった。この映画は、ただの恋愛映画じゃない。
    「人生は、長い短い等は関係なく、どれだけ楽しんだか、幸せだったかを感じることができたもん勝ちだ。やりたいことはやれ!!」と映画が訴えかけてくる!!
    話は切ないし、痛々しいくらい現実的で、でも、この映画は明日も生きていく力をくれた。
    ただ、この人生を生きるのは自分自身だ。色んな事をして、色んな人を巻き込んで、誰よりも輝くような人生にしよう!と勇気付けられるような作品だった!!!
    よっし!
    俺も彼女作れるように頑張るぞ!💪
    こずえ
    3.8
    ありきたりな話の流れではあるが最後の手紙は良かった。言葉は綺麗だったので原作を読んでみたい
    高校時代に小説を読んだことがあって、ツタヤでたまたま目に止まって借りた見た。
    末期ガンとか生と死についてとか重く扱われがちなテーマだけど、この作品は皮肉で笑わせたり、明るく軽い演出。過剰に悲劇的にしてお涙頂戴というよりは、むしろ現実と向き合うような感じ。前向きな気持ちにさせてくれる。
    恋愛や葛藤など10代の青春ストーリーとしても描かれる。だけど末期ガン患者で死と隣り合わせなわけで、見る側としては生の儚さを感じられずにはいられない。未来あるはずの若者で、ポジティブな主人公たちだけに余計感じてしまう。
    あそこまで改編するならピーターの答えが聞きたかったな。
    Maya
    4.3
    原作読んだから話の運びも結末も知ってたけど本読んだ時より泣いた、クッッソ泣いた
    ここ
    4.2
    2人の素直な行動だったり言動がとても素敵だった!
    でも、本当に可愛い、でもとっても切なくて泣けた。
    AyanoOhira
    5.0
    切ない最高
    >|