きっと、星のせいじゃない。の作品情報・感想・評価

きっと、星のせいじゃない。2014年製作の映画)

The Fault in Our Stars

上映日:2015年02月20日

製作国:

上映時間:126分

3.8

あらすじ

運命がくれた、今日が愛しい。 人気ベストセラー小説を『(500)日のサマー』の脚本コンビが映画化! 世界中が恋に落ちた、すべての人生を輝かす希望の物語

「きっと、星のせいじゃない。」に投稿された感想・評価

Eriko

Erikoの感想・評価

3.8
縁あって本まで読んじゃいました。

オーガスタスいい子!おちゃめでイケメン。二人だけに分かる冗談とか、独特な表現が多くて、とにかく愛おしくなる。

オラニエで食事するシーンが好き。スーツとドレスで決めてる所が可愛い。あとから思い出して食事を大げさに褒めるのも好き。二人にとって特別な時間だったんだろうなと思う。
泣くから機内で見るのは注意がいる。ウィレム・デフォーがよかった。
小森

小森の感想・評価

-
ベイビードライバーにハマったので主演繋がりで鑑賞。
よくある難病もので、とても可哀想な話だったけど、ヒロインが時々高嶋ちさ子に見えたせいであまり泣けなかった。

このレビューはネタバレを含みます

病気を持ちながらもまっすぐに生きるヘイゼルと、それを大きな愛で見守るガスの姿に感動。重いテーマながら、ユーモア溢れるセリフで、ピュアなラブストーリーに。生前葬のシーンがすごく好きです。
Ruri

Ruriの感想・評価

4.8
心からこの映画に出会えてよかったと思った。

愛は全てを変えられる。そして何よりも強い。

なにより2人がどんな時でも「愛してる」って伝え合っててこれこそ本物の愛だと思った。


日々何が起きるかわからない人生。
何をしたいか、そして誰といたいかを考えていきたい
他のDVDの予告編を見て気になっての鑑賞。評価も高いし。

いや〜、いい話。
こっちを観てからベイビードライバーを観ればよかったなぁ〜。そしたらもっとアンセル エルゴートに感情移入できたのに!

まあ、ベイビードライバーの話は置いといて…

テーマは重いけど、リアリティーを出すことで逆にライトにユーモラスに展開が進んで行く。観終わった後にガツンやられる感じではないからよかった。

何度かウルっときたけど、その中でも終わりの方のヘイゼルと両親のやり取りがグッときた。オレもうれしくなった(笑)

お葬式のシーン、やっぱり弔辞は弔辞で、ラブレターはラブレターでっていう事よね。愛の言葉はみんなの前で読む必要はなくて、その人だけに特別に伝えるだけでいいから。

期待値が高かった分、あえて言うなら、ヘイゼルのその後が知りたい。まあ、「大いなる痛み」の最後と同じって事って、自分を納得させまーす。

ヘイゼル役のシャイリーンは、ショートカット似合わないね。でも、そこがまた良い!
感動するけど
ちょっと違う展開が
あったと思うのが本音
haru

haruの感想・評価

4.0
きゅんときた、死語だな。
もうね、アンセルエルゴートの笑顔がやんばいの。ベイビードライバーで好きになって、それきっかけで観たんだけど主演の二人の笑顔が本当に好き。
アムステルダムに行きたくなった。
人間どんな状況に置かれても、こうやって明るく生きていたい。
Nana

Nanaの感想・評価

3.5
中3の春に映画館で観てぼろぼろ泣いたの覚えてる。
jack31

jack31の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

癌患者のコミュニティで出会った男女のラブストーリー。
物語前半までは女の子の生死がストーリの軸かと思いきや後半からは男の子の方が鍵に。
2人の愛読書の著者が語る「無限にも大小がある」という理論を伏線に、余命少ない2人の愛も小さい(=短い)ながら無限の可能性を秘めた立派な愛だという回収。
>|