無言日記2015の作品情報・感想・評価

無言日記20152015年製作の映画)

上映日:2016年03月18日

製作国:

上映時間:66分

3.6

監督

「無言日記2015」に投稿された感想・評価

Yuriko

Yurikoの感想・評価

4.0

日常の些細なことでも、カメラを回せばそれが映画になる、という良い例。

私もやってみようかな(笑)

2014も観てみたい
maya

mayaの感想・評価

4.0
雨が降り出す時、鳥の大群みたいな狙って撮れない映画的瞬間を目撃する幸福感がヤバいです。
(159)
決定的瞬間や決定的でない瞬間をやり過ごすか記録するか
傑作

@ シネマヴェーラ
「日本映画の現在」
ラサ

ラサの感想・評価

-
見終わって映画館を出たら目に映るすべてが映画になる。
10

10の感想・評価

3.0
雄弁に語りだしそうな画の連続、日常に対する視点、映画人の業を見た気がする。
ちさえ

ちさえの感想・評価

3.0
実験的だけれどひとつの映画として立ち上がっていて面白かった。映画館で観ることができてよかった。
tjr

tjrの感想・評価

3.5
日常の断片をカメラで切り取り再編集する。
ハトが老人に異様に群がるシーンや、山形駅前で鳥が集団飛行する様に単純に驚く。身近で起きるこういった瞬間の多くを見逃してしまっているんだろうと思わずにいられない。
先日レビューした『無言日記2014』と同じ日に見た今作ですが…フィルマークスの登録申請を待ってる間に記憶が薄れてしまいましたが…。

概要を説明し直しますと、boidマガジンというwebマガジンの連載のひとつである『Playback』『THE COCKPIT』の三宅唱監督の動画日記を劇場用に編集したものであります!

ルールがあって
・撮影はiPhoneのみ
・日記のために出かけてはいけない
・編集は撮った順を変えたりしない

他にもあった気がするけど忘れました。。

ただ『無言日記2014』はその場の景色のみが映ってるという無機質なイメージだったのが、この『無言日記2015』になると友人らしき人の頻度が多くなり、何かのイベントで拍手してるシーンで自分も拍手してカメラが手ブレするという人間らしさが垣間見れるようになりました。 とは言え1年間は66分にまとめてるぐらいですからカットは早く「こういう1日でした」っていう判断は観客では把握する事はできません! でも、紛れもなくコレも映像作品となってるんですね。 偶然撮れたっぽい鳥の大群の映像とかは普通にスゴイです。

というワケで『無言日記2014』より色んな意味で幅が広がった気がするので点数も上乗せ。インタビューでは今も無言日記を継続中との事ですが…だんだんヤル気なくなってきたとか。。

そして、最近よく人から「自分も無言日記撮りました」と送られてくるようでそれ見ると面白くて刺激になる、と。

さぁ皆さんも明日から無言日記始めよう!!空でも街でも猫でも恋人でも何でも撮ったら良いのですよ!!※盗撮NG!!