ワイルドツアーの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ワイルドツアー2018年製作の映画)

上映日:2019年03月30日

製作国:

上映時間:67分

あらすじ

監督

脚本

「ワイルドツアー」に投稿された感想・評価

ko0

ko0の感想・評価

2.5
実験的とはいうものの、ワークショップに参加したほぼ素人を使ったこの手の映画は最近じゃそこまで珍しくもないような。
バイオ系ワークショップが舞台でどういったストーリーになるのか序盤は楽しみだったけど、結局中学生の「あいのり」に付き合わされる羽目になって残念。
kakaka

kakakaの感想・評価

3.8
風に吹かれる枯れ葉をなめるようなローアングルのカメラワークでとらえて物語を感じさせ、どこにでもあるようなマクロな恋の物語に繋げるセンス!!
良すぎ。デジャーーーヴショット!!!

もう間違いなくそこには何かが起きていた。起こってる!やばい!この世界は美しい!幸せ!転がってる!既にある!起こる!

だらしなくない大人になりたい。



君とりバチカのオープニングパーティー楽しかったっす。頑張ろうと思いました。
暗室で動画みてるショットどれも素敵。色の使い方もとても鮮やか。YCAMのラボがガラス張りで、梅ちゃんがダラ〜ってしてるのが外から丸見えという遠景よい。お勉強なんかよりやっぱりみんな恋ですよね。
EDA

EDAの感想・評価

5.0
抱きしめたくなるような愛おしい一本!監督曰く、東宝のキラキラ青春映画よりもキラキラした映画。その通りだった。劇映画ではちょっと見たことない生々しい空気感で溢れてた
植物採取を目的としたワークショップを舞台に描かれる少年少女の瑞々しい初恋
立ち入り禁止区域に入っていくショットが印象的に繰り返されるけど、いろんな境界の外へ出ようとするのが思春期。可愛らしい背伸び。後悔も含めて全部正解
登場人物が人との出会いで自分のいる世界を再肯定するって話が大好きなんだけど、この映画のラストにもそれを感じた
TEXAS

TEXASの感想・評価

-
こういうアプローチで撮ろうとする気概のある監督は応援していきたい。

極めて誠実で、新しい。
本作を『きみの鳥はうたえる』の
ジュニア版だと、聞いて
これは、絶対に逃さないぞ‼️と鑑賞。

立ち入り禁止を越えてみたい中3男子
大学生のお姉さんに出会う。
お姉さんは、ちっちゃくて、ドジ。
「次の土曜日は空いてる?」なーんて
うちの甥っ子に手を出したら許さん‼️

大学生のお兄さんに出会った女子は
現実的でクールで、笑える。
厳しいと思えた道もドンドン進む。

シュンとタケのトイレの内と外での会話。
どっちの気持ちもわかって
可愛くて、抱き締めたくなった。

成人して、4歳の差なんて
何でもなくなった頃の
三人にまた会ってみたいなぁ☺️✨

・・・
7月から9月は、映画鑑賞休業期間。
なので『きみの鳥はうたえる』は
劇場鑑賞を逃しました。
今年は、良作を見逃さないよう
フィルマークスとSNSに
しっかりアンテナを張っておこう‼️
イワシ

イワシの感想・評価

4.0
凄い。トニー・スコット『デジャヴ』を明らかに参照したショットがあるんだけど、安光隆太郎はまだ子どもだしデンゼル・ワシントンじゃないから伊藤帆乃花に近づくための活劇は展開されようがない。それでも彼が最後に行うのがささやかながら世界をポジティブに捉える行為だったのがすげー良かった。

ただ三宅唱の映画のショットには過去に対する哀切な感情はまったくなくて、あこがれの人に対するほのかな恋と未来に対するポジティブな予感があって、だからこそ観てるいるほうはちょっと切なくなる。
kentou

kentouの感想・評価

4.0
ワイルドツアー、山の奥で、さまよって冒険するグーニーズみたいな映画と思っていたけど、全く違って、「きみの鳥はうたえる」の10代バージョンみたい。
丁寧で美しい映画◎
カットを割るリズム感が気持ちいい。開幕直後の逆アクション繋ぎや、最初に山に入るシーンとか。
また、ラストは驚いた。冒頭からラボやトイレの壁、立ち入り禁止の区域といった境界が頻出するが、まさかそんな境界まで越えるとは(ネタバレっぽいから書けないけど、、)
>|