PUSH おすの作品情報・感想・評価

PUSH おす1987年製作の映画)

製作国:

上映時間:4分

ジャンル:

3.3

「PUSH おす」に投稿された感想・評価

ボタンを押せば全てが新品に交換出来る世界。
飲み物も、服も、車も、ペットまでも。

1987年の映画ですが、映画から30年、奇しくもAI、IOTの出現により急速に「無人化」が進もうとしている。

便利さに慣れ過ぎてしまうと、人間は傲る。

本作の主人公も、造物主にさへ偉そうに、クレーマーの如く食ってかかる。
新しい地球をよこせ、と。

それが何故手に入るのか考えもせずに、権利に慣れ、被害者意識丸出しの身の程知らず。

神は聞き入れず、
「君たちは間違ったボタンを押した」
と言う。

化学の発展を、最早手放しには喜べない。
火薬は?殺虫剤は?遺伝子組み換えは?原発は?

科学に傲ってしまっては、人間は必ずスイッチを間違える。

そうした教えを、僅か4分に詰め込んだ傑作。
作画が良い。パキッとした影の描き方もカッコいい。話も風刺が効いてて短編としての最適解。
Yukimatsu

Yukimatsuの感想・評価

4.0
お前達は間違ったボタンを押してしまった。というセリフが印象に残る。
地球が荒廃していようがいまいが所詮ナニカはナニカの代替に過ぎない
shot

shotの感想・評価

3.1
この時代における当該発想の斬新さを想起すると,とても印象に残るね。神様の間周辺のデザインなどもいい。
まぁ

まぁの感想・評価

3.4
機械が言う「ありがとうございました」…は…暖かみ、温もり、優しさがなくて…冷たい感じ…。

ボタン1つで…「何でも」「新品」に出来てしまう…って…便利なようだけど、
彼が最後に選んだものを考えると…「怖い」…って思っちゃう…(^^;;

作画、色味は…私好み…♡

YouTubeにて鑑賞…☆
星新一のショートショートに世界観が似ている。男の質問が斬新だと思った。
星新一さんのショート・ショートに出てきそうなお話 絵のタッチがかわいい
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.2
手塚の短編の中なら、最も手塚らしいストーリーじゃないでしょうか?

荒廃した地球で、ボタン1つ押せば何でも出てくるが、新しい地球は出て来ない。押してはいけないボタンを押しちゃったからね。

手塚の世相を斬った皮肉タップリのデストピア物。
絵柄もカートゥーンっぽさが混じってはいるが、手塚のテイストが強い。

やっぱり手塚のやりたいのはコレなんだなぁと。そういうのが全て詰まっている1本。
林檎

林檎の感想・評価

3.7
最初、近未来的かと思ったけど、実は全然そんなことなくてもっと身近なんだと思う。
なんだか虚しい。
人間以上の力を持った機械に支配された世界。
>|