JUMPINGの作品情報・感想・評価

JUMPING1984年製作の映画)

製作国:

上映時間:6分

ジャンル:

3.8

「JUMPING」に投稿された感想・評価

hagy

hagyの感想・評価

3.5
すごい、
アニメーションってすごい、
その力と可能性をとてつもなく感じる今日この頃

大変興味深い6分でございます
もっと跳ねてもよかった。
ビル群のところは落下に伴う原初的な喜びを感じた。
Junko

Junkoの感想・評価

4.0
アナログの時代に、
今のVRを既に描いていたなんて!
天才の視点は素晴らしい。

『何が』ジャンプしていたのかは謎だけれど、何かのオマージュなのだろうか?
あさの

あさのの感想・評価

4.0
動き続ける画面から目が離せない、まさに実験アニメです。
シンプルに眺めてるだけでも楽しいのですが、ラストの涙などの解釈をぼんやり考えるのもとても面白いです。
shot

shotの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

驚異の4000枚ワンカットに,徹頭徹尾の主人公視点。
田舎→都会への運びは,加速的に文明開拓を進行していく人類の軌跡そのもの。
文明のシンボルを連続する危うい綱渡りは,地球の怕さを虎の威をとして訴えかけられ,普遍的に風刺する力がある。
メモ
映画史
まばたき もはいっている
「はぁ」主観ショット
1234

1234の感想・評価

5.0
アイディアの豊富さ
Passion Pit「Take a Walk」のMVの元ネタ
もう、手塚さん、、、
アニメでしかできない絶対をしてくる


特にビルのシーンが斬新とおもった
ズミホ

ズミホの感想・評価

3.5
なにがジャンプしているのか
次着地する時に見える景色はどんなか

音がいい感じ
静かなんだれけれども、映像の上下の動きが大きくて引き込まれました

とても良い短編です

アニメーションに馴染みがあまり無いのですが6分なのでスッと入ることができました
手塚治虫って、毒々しい静かにパンチの効いた物語が多いのかと思ってた。
この作品もパンチが効いてるけどただただ発想に感服するしかない、、。
現代の技術の先読みがすごい。前編二次元バージョンのVRだった