ニンジャ vs ミュータント・ゾンビーズの作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

「ニンジャ vs ミュータント・ゾンビーズ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

あらすじ
世界大戦争終結から数年後。生き残った四つの忍者一族は、それぞれに不思議な能力を纏っていた。ある理由で人目を避けて暮らす、電磁波を操るケージ率いる「ザ・ロスト」5人は、全忍者の最高指揮者フミタカの招聘で地中深くの隠れた会議所で行われる平和会議に参加する。フミタカが「我々に脅威が迫っている、今こそ団結すべき」と宣言した直後、彼はその場で暗殺されてしまう。フミタカの部下に濡れ衣を着せられたケージは他の忍者たちに襲われるも、仲間とともにその場を切り抜ける。地中を彷徨ううち、ケージたちは恐ろしい真実を知ることになる。そして、ケージたちを追ってきた他の一族たちも同様に…。果たして彼らの、忍者たちの運命やいかに!?(YouTube!より引用)
アクションホラー映画

怖さ☆
B級度★★★★★
ストーリー★
アクション★★
忍者と言えばNARUTO★★★★
ミュータントゾンビーズ★
タイトル詐欺★★★★
オススメ★
総合評価★★
[タイトル詐欺な超B級映画]



忍者と言えばNARUTOだよね‼︎という海外の方が作ったような映画でした。製作者子供の頃螺旋丸の真似したでしょ、多分、知らんけど。

忍者VSミュータントゾンビというタイトルは詐欺ですね。ゾンビは後半にならないと現れないですし、ほとんど戦わないですし。なぜこのタイトルにした…

アクションホラーと言うことで借りてきましたが、ホラー要素は0でした。なんでホラーコーナーにあるねん。最近はゾンビが出れば何でもホラーにしがちなので困っちゃいますね。

スカイ(かな?のあ大きな人)特に思い入れがあったわけではないけれど、仲間を守って自爆(⁇)するお約束のようなシーンは思わずでっかい人ーー‼︎ってなりました。

CGも中々のB級感。

B級映画をツッコミながら見たい人向けの映画でした。


ホラー他映画45
さるこ

さるこの感想・評価

1.5
邦題がもうすでに香ばしい。
これは期待できるぞ!と鑑賞。

ストーリーはニンジャ会のゴタゴタ。
忍術(?)の見せ方なんかは結構頑張ってます。

ニンジャ会の平和会議(?)に参加する主人公たち。
会場まで行くのにゴツい四駆に乗り込んだ時点で「あぁ。こう言うやつか。」と思い、その思いは見事にラストまで引っ張られます。

そもそもミュータントゾンビなるものがしばらく出てきません。
後半30分ほどになってやっとわらわらと出てきますが、どこらへんがミュータントなのか。
そもそもゾンビ要素が必要ありません。
ゾンビパートはすぐ終わります。

原題は「ニンジャアポカリプス」素直にこのままで良かったのでは。
全体的にしょうもない感じでした。
るう

るうの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

いやーいいなー(笑)
どこからツッコメばいいかな!?

制作陣はきっとNARUTO大好きだよね
ニンジャ=NARUTOだよねきっと!
ゾンビーズ、必要だった?
地下からやっとエレベーターで上がってきたら
女より食事じゃない?!
今から投げナイフ投げますよ!って感じで投げてきたナイフ、何で刺さるの?!
今まであれだけ華麗に戦ってたのに?!
マスターの隣にいたはずのヒロシは
影分身の上で変化の術で暗殺したのかな?!
ラストおにーちゃん急に元気になったね良かったね!
フミタカは叔父(変人神主)の名前だし
ヒロシは義弟の名前だから親近感あったよ!(謎

でもなんか嫌いじゃないこの映画(笑)
剣々

剣々の感想・評価

2.0
忍び寄る群を、ぶったKILL(ギル)!!
(パッケージに書かれたキャッチコピー、ちなみにゾンビムービーではない)

大戦後の荒廃した世界、ウロク国の侵略を察知したニンジャの頭領フミタカは忍者の一族を呼び集め団結を促すが、凶手裏剣に倒れてしまう!
犯人から濡れ衣を着せられた破滅の一族がこの窮地を切り抜けられるのかを描く作品です!
ん?なんか似たような設定の映画を最近観たような……
※ウロク国については冒頭に名前がでるだけなので忘れてしまって問題ないです

主人公ケイジは要請に従い、仲間を引き連れて颯爽と車に乗り込み集会に向かいます
忍者だからね!移動手段は車だよね!

そして危機が迫り、戦いが幕開ける訳ですがこの忍者達体術は得意なようですが刀の扱いは不得手
殺陣が全然イケテナイ……
どうやらこの世界最強剣術はピッケルの要領で何度も振り下ろすことらしい…

登場する忍術も手から火の玉や電撃を放つ、ソナーのようなのでに探知する、毒の爪を伸ばす、ちょっとトカゲっぽくなる等々、恐らく少年マンガか何かで忍術を学んだのでしょう笑
忍術を使うためのパワーは有限ですが、兄弟喧嘩でほとんど使っちゃったりするのが偶に傷…

中盤くらいで唐突にゾンビも出てきます!ゾンビ要素なんて全然なかったのに!
なんの脈絡もなくちょろっとですけどね!
扱い的にはステージギミック程度ですかね
何故邦題はこのゾンビをチョイスしたのかが謎です
例えるなら「スーパーマリオ」に「マリオVS強制画面スクロール」みたいなタイトルつけるようなものです笑

とりあえずニンジャってこんな感じやろ!?って悪ノリで作られた作品としか思えません笑
話の展開や演出はむちゃくちゃですが、時よりおっ!と思える要素があったりします(色んな意味で)
低クオリティなのは間違い無いですが、まだ観れる部類の作品だと思います
どんな作品だって楽しんだもの勝ちです!!
Same

Sameの感想・評価

1.8
ミュータントゾンビーズなるものが何なのかはよくわからなかったです笑
そもそも後半に唐突にちょっと出てきただけだし。

あらすじ
世界が滅亡した後の世界。世界はニンジャの世界となっていました。破滅の一族のケイジは、全ニンジャを束ねる指導者フミタカの呼びかけでどっかの地下に仲間と共に向かいます。
そこには各地からやってきた、炎を操る南の一族、呪いの一族、牙の生えた竜の一族、お色気悩殺系セイレーンというニンジャの一族が集結。
その全ニンジャに対してフミタカは、おめーら喧嘩してんじゃねえ!ウロク国が攻めてくるから力を合わせて戦わんかい!と告げます。
その直後、最高指導者フミタカは手裏剣一つで瞬殺され、ケイジにその罪がなすりつけられます。ともかく逃げ出すケイジたち。無事自分たちの里まで帰れるのか!
というお話。

映画は地下の工事現場みたいなところで、ひたすら他の種族のニンジャに追われるだけです。めちゃくちゃ退屈笑
特撮はそれなりながら、殺陣も動きもヌルくて見てられません。
そうこうしてるうちにゾンビーズたちもヌルっと登場笑

もはやこれは忍者なのか?そもそも忍者とは?と思いながら見てましたが、ファンタジー映画の中の中世っぽい世界観に細々とツッコミ入れる人がいないように、外国人にとって忍者とはファンタジーのジャンルの一つなんですよね。だからこの映画に出てくるのは「ニンジャ」なんですよ笑

ところで、ケイジたちのチームで紅一点だった女ニンジャを早めに退場させて、チームをおっさんだけにしたのは誰のアイデアだ笑
世紀末以降のニンジャ世界なので、車で移動したり映像機器を駆使するのは良かったですけどね
indeskamen

indeskamenの感想・評価

2.0
タイトルにつられて見たらコレだよ、まったく。
邦題がダメ。
あらすじもよくない。

内容はツッコミどころが多々あるけど、まずまず見られる。
いろいろ詰め込んでぼんやりしてしまったのかな。
鑑賞 2020.03.28 ひかりTV

"忍び寄る群れを、ぶったKILL‼"
製作陣のニンジャ愛がすごすぎる

ニンジャというか、NARUTOやDBとかジャパニメ
しまいにゃラスボスが王の財宝使ってくるし(大好きなんだね

ストーリーは、まんまウォリアーズ
バイオハザードやウォーキングデッドのエキスも少々
ニンジャ編とゾンビ編は階層限定の別物

あとボスのフミタカさん
何気にVIPルームにサイレンス(妖女族)囲ってるって、なかなかヤルね(濡れ衣
ウォリアーズじゃねーかよ‼︎系。

【2セットレビューその2】
ヤンキー的に怖いではなく、ホラー的に怖…くねーけど一応ゾンビ。

忍者のボス(フミタカ)殺しの濡れ衣を着せられた忍者一族が色んな忍者一族とゾンビから螺旋丸を放って逃げ切り里に帰る話。
( ✧Д✧) カッ!!ウォリアーズじゃねーかよ‼︎
おっと、NARUTOもじゃねーかよ‼︎

忍者VS忍者の話なのに何故かラスト30分からゾンビが横入り🧟‍♂️🧟‍♀️
ごっそりゾンビ要らねーな‼︎

お色気忍者チームがお綺麗でプチ良し。
わたくしはこちらのチームに入りやす。

🌸こちらの作品の情報を下さったフォロワー様、あああありがとうございました٩(ˊᗜˋ*)و🌸
那須

那須の感想・評価

2.5
隣国が攻めてくる?から、忍者一族のリーダーたちが集まって和平会議をするよ!
フミタカ!フミタカ!フミタカ!
英語話者にはフミタカってめちゃくちゃ言いにくそうだけどアツいコールでみんなの心は1つだよ!
しかし無常にも雑に投げられた手裏剣が額に刺さってフミタカ即死。
何だこれ。

いくつか忍者クランの説明がフワッとあったけど、設定だけ作って満足しちゃったのかなという全く掘らないドライさよ。主人公が身につけていて意味ありげに何度も触るペンダントも特になんでもない。主人公パーティのメンツも色んなことが何でもない。タイトルに含まれてるゾンビですら何でもない。
ゾンビ、エロいくノ一のおっぱいめちゃくちゃ掴んでたな…

アクションも身1つで攻撃をかわす時はコークスクリューで格好良かったりするのに、逆に武器持って攻撃するときのスピード感がマイナス1.5倍で、どういう気持ちで一連の流れを見て良いのかちょっとよく分からなかった。
邦題こそ酷いがアクションシーンの出来栄えはGood!

設定は核戦争後の地球で、荒廃した地球で生き抜くために様々な戦闘能力を持った人間達が生まれる。主人公達は長を殺した濡れ衣を着させられ敵を倒しながら組織の建物からの脱出を試みるノンストップアクション!
ゾンビは少ししか出てこないし、こんな邦題付けたやつの気が知れない

少年漫画の様に様々な能力を持った部族が現れる主人公達の前に立ち塞がるが、能力を十分活かした演出がなされていてアクションシーンしかない映画だが飽きずに見られる

また低予算ながら、核戦争から身を守るために建てられた地下100階の建物舞台でそこからの脱出という奇抜な設定の為、ほぼお金のかからない屋内での撮影でも世界観が統一されててストレスは感じませんでした

この出来栄えで1点台はちょっと可哀想