ローマで起った奇妙な出来事の作品情報・感想・評価

「ローマで起った奇妙な出来事」に投稿された感想・評価

Hiro

Hiroの感想・評価

3.7
古代ギリシャ喜劇要素たっぷりのドタバタコメディ。普通に面白い。なんなら最近こういう映画ないから、凄いいいなぁと思う。個人的にはエンドロールが最高です。こういうエンドロールがあるから、映画は最後まで見るべきなんだよなァ。
リチャード・レスター監督作品。
古代ローマ時代。マイケル・クロフォード演じる貴族セネクスの息子ヒーローは、隣の高級娼家の娘フィリアに恋するが、店に入れない。ゼロ・モステル演じる奴隷プセウドラスは、自由の身分の代わりに、フィリアをヒーローに世話することを約束するが・・・という話。

全編ドタバタのコメディミュージカル。いつも通りのリチャード・レスターの感じ。そして古いコメディ映画を彷彿とさせる。

ゼロ・モステルが喋り通しで、顔芸もあって面白い。作品の面白さにかなり貢献している。
終盤の騎馬戦車レースが最後の大団円に向かって盛り上がってて面白い。
エンドクレジットも『80日間世界一周』みたいでおしゃれ。

晩年のバスター・キートンが出ていて嬉しい。じいちゃんになってもいい声してる。
撮影がニコラス・ローグで地味に上手い。
古代ローマを舞台にしたブロードウェイ・コメディ・ミュージカルの映画化。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

2.9
オールカラーのスラップスティック。バスター・キートン遺作。女性がエロい。男性も負けずに頭の中はそればっかり。ダジャレとギャグ、唐突なミュージカル。次から次へと繰り出されるギャグとスピーディな場面展開で目を離せないのだけれど、観終わると何も残らないくだらなさ。でも最後の本当に体を張った逃走劇に、ラストのおしゃれなアニメ、全体として観てよかった。
chitos

chitosの感想・評価

3.8
なにこれ面白い!!ってかんじ。古いけど笑えるし、歌声かっこいい。セリフないところも笑える。
Machy

Machyの感想・評価

4.0
あんまり有名ではないようですが、ナックを撮った監督だし、同じくナックに出ていて好きになったマイケル・クロフォードや、キートンも出ていたので観ました。
まあ、軽いノリで観てほしい映画です。
授業で鑑賞

昔のディズニー映画を実写化した感じ
みんなたのしそうで面白かった
ten47

ten47の感想・評価

3.8
めちゃくちゃになる話を上手く合わせているところが良いが、くそしょーもなすぎてめっちゃ笑える
でも、映画としての価値は高い
rico

ricoの感想・評価

3.8
正直途中まではこんなもんかなあって感じだったけど、ラスト間近からの一大スラップスティックの勢いは、バスターの影響?のような怒涛の勢いでやりすぎている。
そんでやはりレスターに求めるのは、その「やりすぎ感」なのだった。
キートンは死にかけてたのに木に当たって倒れるアドリブまで見せてくれている。
愛すべきコメディ。
一言で言うならセンスがありすぎる。あの時代にこれを作れたことに感動すら覚える。神の造物かよ。
>|