オリバー!の作品情報・感想・評価

オリバー!1968年製作の映画)

OLIVER!

製作国:

上映時間:146分

ジャンル:

3.7

「オリバー!」に投稿された感想・評価

私が人生で初めて見た映画。この映画が私に与えた影響は結構大きい。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.9
音楽はやたら陽気で壮大なオーケストラなのに映像やセットの醸し出すどうしようもない貧困の影と暗めの映像が強烈すぎてどうもこのミスマッチ感に終始苦しむ。中盤あたりの「この青空と爽やかな気分をあなたにも分けてあげたい」的なミュージカルもちょっと無理があるような。まぁ凡作。笑
ほぼ全編ミュージカル。
この時代のミュージカルは、主要な登場人物から端役まで含め、本当に良い表情をしている。
生命感、エネルギッシュ。

歌もキャッチーで、歌が始まるたびにわくわくする。
下町と高級住宅街で、歌い方も雰囲気も違うミュージカル。

いい映画だ。
さくら

さくらの感想・評価

4.0
イギリスの名作家チャールズ・ディケンズの「オリヴァー・ツイスト」が原作です(^^)ミュージカル映画で、主演のマーク・レスターが純粋なオリバーに適役で、とても可愛らしいです。オリバーを唆すスリ集団の少年役のジャック・ワイルドの演技も光っています☆原作を読んだことがない人も楽しめると思います(*^^*)
植田

植田の感想・評価

3.8
『小さな恋のメロディ』の子たちが出ているのを知らなかった。無垢で哀愁漂うオリバーの歌声が清らか過ぎて心が洗われる。兄貴面するドジャーも微笑ましい。
のん

のんの感想・評価

3.5

イギリス人はこの話が好きなんだろうなって伝わる。

デヴィッド・リーン版は見たけど、こちらのキャロル・リード版ミュージカルは初。
救貧院の貧しさやロンドンの路地裏などはお馴染みながら、軽やかなダンスと歌で湿っぽさとスリル控えめ。登場人物達が各々心のうちを歌で表現する分、キャラクター設定が濃くて特に窃盗団を束ねるフェイギンは印象的。ワルだし金に汚いけど憎めないキャラなのね。

ダンスも面白くて個性的だしセットも素晴らしいのだけど、誰もが聞いたことがある曲が無い(あるいは乏しい…ウンパッパくらい?)なのが残念。


ジャンルも違うし比較するのはおかしいけど、同じ原作の映画化作品としてはデヴィッド・リーン版の方が好み。
SORA

SORAの感想・評価

4.3
出てくる子供たちがかわいい!!

笑いあり、涙あり、冒険ありのミュージカルで非常に面白かったです。ウンパッパの歌ってこの映画の劇中歌だったんだね~。
nhk0810

nhk0810の感想・評価

-
うわーー〜
なにこれー
素晴らしすぎてヤバイ
これが本当の名作なのね…(ため息)
ディズニーアニメ並みの作り込まれたミュージカル。
このスケールを実写で…!1968年に…!
眼福。唄も名曲ばかり。ウンパッパ知ってる!
本当幸せになった。ありがとう!
子供のとき見たかったな。

(グレイテストショーマンの監督は100回くらいこれ見てほしい、とか思っちゃった)
ちゃこ

ちゃこの感想・評価

4.8
あらすじからして、「アニー」の男の子バージョンのような話かな?と思いながら鑑賞。なんかタイトルも似てるし。

「アニー」は主人公のキャラクター性、明るい前向きさで物語が進んでいったのに対し、「オリバー!」は主人公が周りの大人たちに振り回されて結末も偶然たどり着いたもののように思えた。偶然というか奇跡というか。自主性がアニーより無く見えた。

-----------------------------

オーヴァチュアから始まる!
からのコロンビア!
からのオープニング!w
聴かせるね〜

レミゼの時代かしら。ただ、フランスではなくイギリス。

日本語字幕サボり気味、かと思いきや、聞けばわかる簡単な英語とかが省かれていたぶん、むしろ歌や歌詞に集中できたかも。でももう少し仕事してほしい 笑

オリバーの彼、なんて絶妙な表情をするのかしら!可愛い顔😙

「一旗揚げにきた」って最近会話で使わない気がする 笑
でもそれ以外は特に古臭さとかは感じなかった。

草笛だ!

子役も含め皆様歌上手いなー
音楽がどれも良い!退屈させないー!

合法的に施設にいるより、悪いことだけどスリ集団にいる方が質の良い暮らしができるって、皮肉だなあ

ナンシーって前向き。
登場時のキーパーソン感ハンパない。
まっすぐで綺麗なひと〜
結構歳いってるように見えるけど、美しいです〜
エスメラルダのようだ

別のものでカモフラージュして盗み出す、スリの技だ!
ウンパッパーウンパッパー♪

ビル、サイテー

ブルズアイ、傷とかあっておっかない😨


フクロウは本物?表情が絶妙すぎてこだわりを感じる。

構図がしっかり計画されたセットも素敵〜

画質は思ったより綺麗、フィルムとか撮影方法のうんぬんかんぬん?


レーザーディスクなら分かるんだけど、両面のDVDって新鮮。
ところどころ止まってしまった、、
サイドB、チャプター「あの人が私を必要なら……」あたりが再生できなかった。
もす

もすの感想・評価

4.0
大人数のミュージカルはやっぱり迫力あり壮大で豪華だなと思った。アニーと少し状況は似ているけど、親がいなくて貧しくても明るく勇気をもらえるとかいう話では全くなく、子供にも容赦なくつらい現実を見せられる映画だった。おじいちゃんの生きていても死んでも面倒を見てくれる人がいない、結局悪党は悪党として生きるしかないという歌に何だかすごく心が重くなった。やっていることは犯罪なんだけど、時代もあるのでしようがないのかなと思ってしまった。ミュージカルシーンは楽しいところもあるけど、とにかく切なくなる映画。
>|