8年越しの花嫁 奇跡の実話の作品情報・感想・評価

8年越しの花嫁 奇跡の実話2017年製作の映画)

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.8

あらすじ

かけがえのない人を待ち続けた8年間。これは実際に起きた、奇跡のラブストーリー。 尚志と麻衣は結婚を約束した20代のカップル。幸せ絶頂の2人だったが、結婚式の3ヶ月前、麻衣を原因不明の病が襲う。一時 は心肺停止、長い昏睡状態で麻衣は寝たきりとなる。 そこから尚志は毎朝出勤前に病院まで通い、麻衣を看病し続けた。しかし、いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは 「もう他に…

かけがえのない人を待ち続けた8年間。これは実際に起きた、奇跡のラブストーリー。 尚志と麻衣は結婚を約束した20代のカップル。幸せ絶頂の2人だったが、結婚式の3ヶ月前、麻衣を原因不明の病が襲う。一時 は心肺停止、長い昏睡状態で麻衣は寝たきりとなる。 そこから尚志は毎朝出勤前に病院まで通い、麻衣を看病し続けた。しかし、いつ目が覚めるかわからない状態に、麻衣の両親からは 「もう他にいい人を見つけたら」と言われる。それでも尚志は諦めず、麻衣の側で回復を祈り続ける。 その祈りが届いたのか、数年後、麻衣は徐々に意識を取り戻し、言葉を発するようになるが、そこへ更なる試練が―。麻衣は、記憶 障害により尚志の記憶を失っていたのだった。 その後リハビリを経てようやく外出できるようになった麻衣を、尚志は2人の思い出の場所へ連れ出すのだが、まだ麻衣は尚志のことを 思い出せない。尚志も自分が麻衣に負担をかけているのではと感じ、2人は別れてしまう。 しかしその後、麻衣は尚志が挙式予定だった日に毎年式場を予約し続けていたことを知る。尚志の深い愛情に改めて気づいた麻衣 は、彼を探し始める――。

「8年越しの花嫁 奇跡の実話」に投稿された感想・評価

mintgreen

mintgreenの感想・評価

4.3
正直あんまり期待していませんでした。が、こんなにも涙が溢れ落ちるとは。
病気ものだから、かわいそうだから、とかではなくて、純愛に涙したという感じです。

いい人の周りにはいい人が集まってくるということを実感させられるような時間でした。

そして、俳優陣の演技力の高さに感銘。太鳳ちゃんすごい…!
とにかく感動。
愛って素晴らしいと思わせる作品。
実話っていうのもまたいいね👍
こんな素敵な人と巡り会えただけでも奇跡なのに、病気が治って今は子供ができたっていうことが奇跡の連続すぎて素敵です。
絶対に幸せになるべき夫婦の物語、素敵でした
純粋に8年もかけて一緒に苦難を乗り越えられる事が凄い。8年って、凄い。
aimo

aimoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

とにかく人をひたすらに思い続けて
待つ彼の姿に、涙なくしては語れない。
人は何度でも、同じ人に恋をする。
そんな夢みたいな現実な
話だからほんとにびっくりする!
よかった!ほんとによかった!

~記録~

2回目も泣ける作品
土屋太鳳演技上手すぎる
こんなに大切にしてくれる男性素敵
AK

AKの感想・評価

4.0
〜記録〜

だいぶ前に映画にて鑑賞。
かなり泣いた!!!
土屋太鳳の演技力がすごかった。
実話というところがまたよかった!
kirito

kiritoの感想・評価

2.9
【結婚式💒】

え。最後までみて、24時間テレビのスペシャルドラマコーナーでよくね?
って思ったのですが。。。

たしかに奇跡の物語だとは思う。
でもそれ以上でもそれ以下でもないというか。
遠い話のことすぎて実感がわかない。

実話に基づく物語。
なんで8年間の空白があるのかはこの映画を見てもらうとして、この手の映画にしては珍しくまったく泣けなかった。
せめて泣かせにこいよ😡

あと、(まーた土屋太鳳か。)っていう。
『累』は結構良かったんだけど…
荒れてるところは良かった🙆‍♂️


意識の戻らない彼女を何年待てるか。
これってすごく難しい問題とは思った。
自分だったらどうするだろうか思案したけど、答えはでず。
ただ、リアルなとこだと、多分待てない気もする。
待てる人と待てない人と世の中半々くらいなんじゃないかなー?


2018.9.15
ちー

ちーの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

泣いた

結婚式あげれて本当に良かった


信じることには力がある
と改めて感じさせられた

信じ続け、あきらめないって素敵
あのラスト、拍手しました。タイトルがでる直前です。いろいろいいところはあるけど、そのシーンあるだけでだいぶ違う。本編はよくある病気ものという先入観をまず捨てましょう。そして画面を観る。時を可視化することが繰り返し試みられており、植物や雲、織り込まれる年末の歌番組の映像や東日本大震災の報道映像。恋人が目覚めるのを待ちながら撮影された数々の動画。「8年越し」というのは「8年」というのとは違うのであって、その時間は最後の結婚式の場面に向かって賭けられた時間であり、想いの込められた時間である。そんな想い、愛が最後のタイトルがでる前の、ほんの少しのあいだ、そっともうひとつの時間を開いて見せてくれたのだと思う。あと個人的には農村歌舞伎を撮ってくれたのがとても嬉しいです。いい夜だなあ。
>|