ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートするの作品情報・感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:

上映時間:111分

3.7

あらすじ

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート…

京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

しっかりと作られているなと感じた、
原作も漫画も読んだけど、映像だからこその良さがきちんとあってとてもよかった。
FujiiNaoya

FujiiNaoyaの感想・評価

3.5
んー、設定がむずい、、
理解できそうで理解できない。
ぼちぼち
izumi

izumiの感想・評価

4.2
珍しくも珍しくも恋愛映画!
あんまり恋愛映画好きじゃないけど、
これはよかった!!!!
まずタイトルがすごく興味深くて、、
タイトルだけみたら「???」ってなるけど物語の中盤でそういうことか!!ってなる。
京都が舞台で、季節は冬。
この設定がとてもいい。
この設定がこの映画の優しくて切ない世界観を引き立てている感じがした。
そしてキャストもいい。
福寿さん(小松菜奈さん)の透明感。どの角度からみても美しく儚く今にも消えてしまいそうな感じ。守ってあげたくなる感じ。すごくよかった。
登場人物はとても少ないけど、それでも話の内容はしっかりしていて、それであって見せ方が説明的すぎないところも好きだった。
京都にはよく遊びに行くので知っているスポットが出てくるのも楽しめたし、ひらパー(ひらかたパーク)がちょろっと出てくるのもおお!ってなって楽しめた。
冬に京都に行ってみたくなる。
miku

mikuの感想・評価

3.6
京都感がよかった
途中結構理解が難しい時があって頭が混乱するけど、あとでわかりやすい小松菜奈視点があるので理解できた。
最初は難かしくて感情移入できなかったけど、理解できた時泣きそうになった。
つらいですね〜
すれ違い。

そしてバックナンバーの曲で全てをもっていく。バックナンバーの曲の歌詞がすべて身にしみて泣きそうになりました😢
kuu

kuuの感想・評価

3.9
泣けた
こじま

こじまの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

1週間フレンズ見てから見るとなんか色々と被った!
お互いが逆戻りする人生でも運命と思えるってすごいなーと思った。
nike

nikeの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます


あー泣けるんだろうなーと思って見ました。泣けます。
切なすぎだろ。本当に!
でも、時間軸がいまいち理解できない的な、福士くん目線だけ的な。
でも、気持ちよく泣けました。
原作読みたい。
東出くんが初めて良かったと思った作品。(笑)
菜奈ちゃんは可愛すぎてズルイ。(笑)
>|