• Filmarksトップ
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートするの感想・評価

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月17日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:111分
    監督
    三木孝浩
    脚本
    吉田智子
    キャスト
    福士蒼汰
    小松菜奈
    東出昌大
    山田裕貴
    清原果耶
    大鷹明良
    宮崎美子
    あらすじ
    京都の美大に通う20歳の学生・南山高寿(福士蒼汰)は、いつものように大学まで向かう 電車の中で出会った女性・福寿愛美(小松菜奈)を一目見た瞬間、恋に落ちた。 勇気を振り絞って声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けたようとした高寿だったが、 それを聞いた彼女は、なぜか、突然涙してしまう―。彼女のこの時の涙の理由を知る由もない 高寿だったが、2人は意気投合し、その後、すぐに交際をスタート。 初めてのデート、初めて手をつなぎ、初めて名前で呼び合う。そんな初めてのことがあるたびに泣く 愛美のことを少し不思議に思いながらも、より愛美への愛情を深めていく高寿。 そんな二人の関係は、誰もがうらやむ程に順調で、すべてがうまくいくものだと信じていた…。 「わたし、あなたに隠していることがある…」初めてキスをした日、高寿は、愛美から想像も できなかった大きな秘密を明かされる…。そして、二人の運命は“すれ違い”始める―――

    「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」に投稿された感想・評価

    すれ違い、、、とても切ない映画だった

    最初は頭めちゃくちゃ使わなんかと思ったけど理解しやすくて
    理解した最後は尚更切なさMAXで泣けた
    えみちゃんの目線で2回目見るとまた泣ける
    原作既読。
    なので最初の小松菜々が泣いたシーンでは一緒に泣きました。
    原作の世界観はとても出ていたと思います。
    前半のキュンキュン感は特に。笑
    幸せの絶頂から一気に加速するストーリー展開は原作の力。
    原作未読の人にはもちろん
    原作好きな人も楽しめる映画だと思います。

    あまり言うとネタバレになるのですが。。
    個人的には2人の関係性がフェアじゃないところが
    (彼女だけが最初秘密を抱えているという部分)
    原作のときからあまり納得いっていなくて笑、
    この映画でもそれは解決せず。当たり前ですが。
    てかフェアだったら物語として成立しないしな。笑
    それも「決まっていた」ということでしょうかね。
    あっとここまでにしときます

    福士蒼汰よかった。けどずっとメガネでいてほしかったなー。
    30日間であんなに変わるって恋の力ってパネェ。笑
    小松菜々の小悪魔的に見透かしたような目も合ってた。

    エンドロールはそのままback numberのPVに使えるなぁと思いました。
    "渇き。"でドライな小松菜奈に戦々恐々し、溺れるナイフで夏の小松菜奈に溺れ、今作で冬の小松菜奈にホッコリさせられました。
    溺れるナイフが夏の季節の映画、今作が冬の季節の映画だったので、ストーリーの展開やキャラクターが対照的だったところは面白かったです。溺れるナイフは熱く劇的な展開で、今作は冬らしくしおらしい展開でした。

    15歳の時の愛美は代役を立てず小松菜奈でもよかったんじゃないかと心なしか思いました笑 現に溺れるナイフで15歳でも出てたし。。。

    高寿は愛美を両親に紹介した後、どうしたんやろ…。。。

    小松菜奈の顔立ちや表情から出るどこかミステリアスな感じは3作とも合ってました。

    このレビューはネタバレを含みます

    後半にはっ!と気付かされ泣ける。
    好きだー!小松菜奈!
    タイムリープ。わかりにくいわ。でも恋愛したいと思えたよ。バックナンバーハッピーエンド。これってハッピーエンド?
    ブッとび映画

    思ってたのと違った
    理解しがたい世界観

    ここまで人を好きになったことがないので、
    信じられない気持ちと
    どこか羨ましい気持ちが入り混じる

    このレビューはネタバレを含みます

    物凄く悲しい話。
    悲し過ぎて、気分悪くなる。
    こんな恋愛はしたくない 笑

    「高寿にとっての初めてが愛美にとっての最後」って事を考えながら観ると辛過ぎる。

    設定はトゥーマッチだけど、このやるせなくなる感じが良い。

    そして、小松菜奈の彼女感がたまらん。

    このレビューはネタバレを含みます

    設定がぶっとびすぎていて全く感情移入できませんでした。
    >|