彼女が目覚めるその日までの作品情報・感想・評価

彼女が目覚めるその日まで2016年製作の映画)

Brain on Fire

上映日:2017年12月16日

製作国:

上映時間:89分

あらすじ

憧れのニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ・キャハランは、1面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンを両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。ところが、“それ”は突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、大失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、遂には全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、検査結…

憧れのニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ・キャハランは、1面を飾る記者になる夢へと突き進んでいた。付き合い始めたばかりのミュージシャンの恋人スティーヴンを両親に紹介し、仕事も恋も順調だ。ところが、“それ”は突然やって来た。物忘れがひどくなり、トップ記事になるはずの大切な取材で、大失態を犯してしまう。幻覚や幻聴に悩まされて眠れず、遂には全身が痙攣する激しい発作を起こして入院するが、検査結果は「異状なし」。日に日に混乱し、会話も出来なくなったスザンナを見て、精神科への転院をすすめる医師たち。だが、両親とスティーヴンは、スザンナの瞳の奥の叫びを感じていた――。

「彼女が目覚めるその日まで」に投稿された感想・評価

マスコミ試写会@角川映画試写室 15:30開映

病(illness)、疾患(disease)、症状(symptom)といったものをめぐる、現象学の話だったと思う。精神病(者である)とは、何であり、どいうことか、といった反省的思考から、近代医学に対する哲学的な問いへと路を開く。
KEI

KEIの感想・評価

3.5
21でnyポストのインターンか
不治の病でないのが救いやな
実話っていうところで涙腺崩壊
こんな病気知らないし怖いと思った
クロエの演技力に拍手!
ヨラ

ヨラの感想・評価

3.1
あっさりしてるけどちゃんと作ってる、の前にこの病気まじでこわいんですけど。ただの精神病だと片づけられたひとがこれまでどれくらいいたんだろう…
くらげ

くらげの感想・評価

3.5
実話が題材というから恐ろしい。
まだ21歳という若さでこんなことがあったら…そう思うとゾッとする。

クロエちゃんの演技、正直苦手なのだけれど、発作の時の演技はすごかった。
そしてエンドクレジットで登場する実在の方が美人すぎてびっくりした。

人を救うのはその人を愛してくれるまわりの人達なんだなって痛感しました。
映画祭にて。
クロエちゃん主演、セロン様プロデュースの難病ドラマ。

クロエちゃんは実在のジャーナリストを演じてました。
話うんぬんよりも難病奇病を発したときのクロエちゃんの演技がすごすぎてね…不謹慎だけどエクソシスト見てるみたいだった…
ちょいちょい寝落ちしたので詳細わからず終いだったのが残念だった。
koichi

koichiの感想・評価

3.5
クロエは本当に綺麗だ。美しい。

クロエの演技を見せつけるような映画。
実話ということもありどんどん話が進むのではなく苦しんでいるのが長いなーと感じた。
Shoty

Shotyの感想・評価

3.4
実話に基づいた話。記者の女性が妄想 幻聴 痙攣 麻痺 などの症状を起こすようになり病院に行くが異常なし、原因が分からない 診た医者は精神障害という見立てになるが。

精神病院入る事になってたらと思うと怖いですねー。クロエグレースモレッツ頑張っていましたが実話という事もあり展開があまり。サラッとしてる
tonu

tonuの感想・評価

-
当初のキャスティング通り、ダコタ・ファニング版が見たかったです。
クロエ・グレース・モレッツがどこまでやれるのかが見ものです。