君への誓いの作品情報・感想・評価

「君への誓い」に投稿された感想・評価

KOTO

KOTOの感想・評価

4.2
困難が2人を引き割いても再び結ばれる道を必ず探し出すことを誓います。
SaYUNO

SaYUNOの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

記憶を失ったあとの「初」デートのシーンが可愛すぎました💕
あのシーンが一番レイチェルっぽさが出てたんじゃないかな?

最後に記憶戻ったか?!みたいな雰囲気だったのにやっぱり違ったのね。切なかった。
だけど再び歩み出せたようで良かった。
もし自分が最も大切な人に忘れられるor大切な人を忘れたときに以前と同じようには私たちは愛し合えないかもしれない。だからこそ今、目の前にいる大切な人との時間を何よりも大事にしようとおもった。
HEIDI

HEIDIの感想・評価

3.5
サクッと見れた。記憶をなくした方も忘れられた方もどちらも辛いだろうな。
Kei

Keiの感想・評価

3.6
R.マクアダムスは期待を裏切らない

アバウトタイムみたいな感じで終始ハッピー!ハッピー!ハッピー!って感じだと思ってたら結構心抉ってくる100分だった。
あんな風に人を愛せるようになりたい。
yuki

yukiの感想・評価

3.8
幸せな結婚生活を送っていたカップルが交通事故に遭い、妻が夫との記憶だけを喪失。
妻の愛を取り戻そうとする夫と、記憶喪失に苦しむ妻の実話を基にしたラブストーリー。

本作は映画の良し悪しというより、この夫婦に思いを馳せいろいろ考えながら観てしまうためツライ。

夫と出会う前までの記憶がしっかりあるだけじゃなく、ペイジが夫と出会った後と前でいろいろな部分で変わっていることがこの物語のキーでもあって、レオのツラさをこれでもかと感じしんどい。
全てを忘れているのではなく、自分との記憶だけが欠落しているんだもの。彼女の世界に夫である自分だけが存在してない辛さ。

ペイジはペイジで愛してた人が全くわからず完全にストレンジャーなわけで。元婚約者の記憶があり別れたとすら思ってない時間の止まり方。こんなの完全にパニックだと思う。
パートナーとの記憶をなくしたらどうなるかを想像するのは難しいけれど、赤の他人から俺たち結婚してるんだよって言われたら、どれだけの衝撃と混乱が訪れるか想像に難しくない。

初めて観たときは気にならなかったけど、改めて観てペイジ関連の設定や描写がイマイチだなと。
ペイジにもっと記憶を呼び戻そうともがく気持ちがほしかったし、家族との問題がまた微妙。
タトゥー入れたりベジタリアンになってたりの変化も、家族とのいざこざがおざなりであっさりしてるし、事故前がほぼ描かれないのでちょっと急。

それでも2人ともキュートで見入っちゃうし切なくて泣ける。
はーよ

はーよの感想・評価

4.6
凄い愛。自分探しもちゃんとして記憶が無いけどまた愛し合えるなんて凄すぎる
しかも、実はなんて凄すぎる。
ホントに良い映画だった!

ホント!!
新婚の1番幸せな時に記憶喪失。自分だったらどんな行動をするんだろうと考えさせられる。
Kasumi

Kasumiの感想・評価

3.8
レイチェル・マクアダムスの恋愛映画は高確率で時間概念が関係してるの面白いな、ストーリーはあれだけど演技がかわいくてすき
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

4.5
実話を基にしたお話。

それこそこんなドラマみたいな話あるんだろうか!?
と思わせるような作品。

新婚夫婦が交通事故に会い、妻にだけ記憶障害が残ってしまう。
記憶が途切れているのは5年前、ちょうど彼女が実家を飛び出して新たなスタートを切ったタイミング。もちろん夫には出会っていない。
そんな時だからこそ、記憶を失ってしまった妻はまるで別人…
仕事や恋人、食習慣、服の趣味まで全てがまるっきり違う。

そこから夫が必死に妻の愛を取り戻そうとする話。
正直言って胸を締め付けられるような切ない展開。
どうしても彼女にとって現夫は赤の他人であり、一緒に暮らしている事実なんて受け入れられるはずがない。
一方夫にとっては今まで愛で満ちていた生活から拒絶されるという現実に。
実際こんなんなったらキツすぎる…
最後は結局記憶は戻らず「取り戻す」のではなく「一からやり直す」という選択肢をとることになるんだけど、にしたって夫は相当な努力をしたんだろうな。

「瞬間の積み重ね」
それが人を人生を形成する。それがぽっかりと欠如してしまうとどうなるのか、そんなことを考えさせられる。

主演のレイチェル・マクアダムスは可愛すぎる!
しかもアーティストとかいう設定最強すぎw
せいご

せいごの感想・評価

3.6
これで終わりって感じはあったけど実話だからしょうがない気がする笑
ていうか美人、イケメンすぎてすごいよ
>|