浅田家!の作品情報・感想・評価・動画配信

「浅田家!」に投稿された感想・評価

しお

しおの感想・評価

4.0
映画館で観賞してました。
カメラの道に進む彼を信じて、応援するだけでなく個展を開く準備をしてたり、行動力のある彼女の有能さ。絶対放すなよ…!
震災も題材になっており、父を求める家族の話は、「なぜ」に勘づきやすいが子どもが泣き始めるともらい泣きしちゃう…つらいなあ。写真を現像したくなりました。
写真って昔は小っ恥ずかしくて避けがちだけどすごい大事だなーと思う
旅行行った時の写真を現像してアルバムに入れて家族とか親戚で回覧してたのは小さな幸せだったんだなーと思う😊
ずっと目頭熱かった
写真っていいな〜人ってみんな優しいな〜やりたい事できたらいいな〜と思った。素敵な家族やった。
菅田さんオーラ消すのうますぎてびっくりした二宮さんと最後のちっちゃい女の子の演技ぐっときあ
「楽しいことは嬉しいこと」

写真、好きですよ
中学の頃からカメラ持って持ってました
修学旅行の時なんて36枚撮り何本使ったかな〜
最後には家に帰るでしょ
でね、残ったフィルムでいつも「なな」を撮って終わらせてたな
だから旅の終わりはいつもなな
なな? ななはね、我が家の柴犬です
気品あふれる上品な女性です
彼女に見つめられると嘘などつけなくなる
「ローマの休日」のアン王女を少しツンとさせた感じかな

今でも写真は撮ってますよ、もう10年くらい同じ場所からの写真を撮ってます
工業地帯って変わらないですよね、風景が
会社の駐車場に車を停めてパチリってね

家族写真ですか、撮らなくなったな〜
子供が大きくなると撮らないでしょ、子供が小さい時は撮りましたよ、「はーいチーズ」じゃなくて「はーいへんな顔〜」って言って撮ってました
娘は変顔したけど息子はいつもつまらなそうにしてましたね
今見返すとやっぱり私は写真の中に居ないですね
三脚は持ってたけど毎回使わないし持ち歩かないからね
だから直ぐに気が付きましたよ
でも気が付かせ方がすげー泣かせる、ってか泣きました
クッソー 二宮ー! 泣かせんなよ
テッシュ3枚使ったわ
MU

MUの感想・評価

3.7
ここ最近観た映画で1番よかった。というかめっちゃ泣いた。
それぞれの家族の形。自分の家の家族のことを思い出した。記憶を補ってくれる写真っていうのは大切なんだな。最近は現像とかしなくなったけど、現像してちゃんと残したいって思った。
本当によかった。
東日本大震災の悲しいエピソードも上手く織り込んだ脚本もさることながら、一貫して流れたほのぼの感がとにかく素晴らしかった。
これは素敵な家族の物語。
スケジュール調整つかなくて劇場行けなかったんだけど大後悔ですよ。
写真で何を記録し、残すかを大事にしたい。内海家の演出はそれを本当に考えた結果だと
映画は浅田家を描いた前半と東日本大震災の被災地を描いた後半の2部構成に分かれています

前半は赤の他人の幸せそうな家族写真を見て何が楽しいのだろうと疑問に思いつつ見ていました
昔同級生が結婚して年賀状に家族写真プリントして送ってきた時の感覚に似ているかも
でも賞を取ったってことは、それが評価されたってことなんですよね

後半の家族写真をお返しする活動は当時ニュースの特番とかでやってたのを見て知っていました
あの状況の中でほんと大変だったと思います
8万枚のうち6万枚が返却されたって凄い!!しかもまだ活動は続いてるんですよね

菅田将暉は素朴な好青年を演じていて、最近のロン毛のイケメン役よりなんだか似合っている気がしました
妻夫木聡はチャランポランな役が多い印象ですが、今回は真面目なお兄さん役で意外でした
お父さんの写真を探す女の子は何者ですか?演技うまくてびっくりしました
ニノは相変わらずの安定感です

これ、出てくる人みんな思いやりのある、いい人ばかりなんですよね、もう少し毒があってもいいのかなって気がしました
ただ、見終わった後はほっこりした気分になります
最後はしてやられたって感じです
moon

moonの感想・評価

4.3
家族写真をテーマにした実話に基づいた映画。
主人公を取り巻く周りの人たちが非常にいい人。

ノリノリでなりきる浅田家の写真はもちろん、他の家族写真もどれも楽しそうで、それぞれ素敵な思い出に残る写真だと思った。

写真は写りが悪くてあまり好きじゃないけど、記憶に残る素敵なものであると同時に、うちの家もお父さんがよく写真撮ってくれたな〜って思い出した。

素敵な映画でした。
家族。

写真一枚の重み。

東北から帰ってきたとき、
家族全員が政志を待っていたシーンに
"家族"というものが全て詰まっていた。


家族写真って照れくさいけど、
一枚くらいはあってもいいな。

にのの涙はきれい。
>|