愛の断片の作品情報・感想・評価

「愛の断片」に投稿された感想・評価

coro

coroの感想・評価

2.5
爆発テロ事件が相次いで発生しているコロンビアの街が舞台。
本能の赴くまま愛欲に生きる女性と、純粋さゆえ愛欲の虜となっていくピアノ調律師。
歪な形で残る愛のオブジェが哀しい愛の物語。

頻繁に起こる爆発を、あまり気にかけている様子も感じられないふたりが戸惑いを感じるこの街は、やはりどこかが狂っている。
ダイナ

ダイナの感想・評価

2.8
魅力的な女性に魅かれ
ダメだとわかっていても
恋に落ちて行く男の話。

こういうことは実際に
ありそうだし、リアリティはあった。
最後は唐突だったし
まったく共感はできないけど…

男性遍歴を自慢するおかしな女を、
その女に惑わされていく女々しい男を、
それぞれ俳優さんは
見事に上手に演じきってたなぁ。

劇中に流れる音楽がよくて
雰囲気あるオシャレな
演出だけはよかった。
akrutm

akrutmの感想・評価

4.0
過去の男性遍歴をコレクションを見せびらかすように喜々と語る恋人に溺れていく作曲家の話。ストーリーは単純ですが、この女性を演じたアンジェリカ・ブランドンがとても魅力的で、それだけでも見る価値あり。さらに、クラシックからラテン音楽までが効果的に挿入された美しい映像も素敵です。個人的には好きな部類の映画です。
スサーナさんスタイルいいっすね!
ひたすら男女の肉なお話でした。
主人公の死とか、マスクとか取ってつけたようような話ですね。
スペイン語が聞きたくて借りたエロ映画。

ヤリマンビッチと付き合うのしんどいですって映画。爆破テロもあるよ!
じえり

じえりの感想・評価

2.7
ビッチを好きになるとどうしようもないという映画
ピアノ音楽がわりと好き
もとや

もとやの感想・評価

4.0
ヤりまんビッチコロンビア美女のSEX奮闘記。

観る前からおもろそうだなとおもてたら案の定。調律師の女々しさとコロンビア美女の潔さよ。もはや気持ちいいね。全体的に謎にアーティスティックでシャレオツな雰囲気だったのも良かった。アンジェリカブランドンによるアンジェリカブランドンファンの為のアンジェリカブランドン映画。もっと色んな映画でなさいよ。

シリアスだけどなんかもう笑えてくるそう、シリアスな笑いを感じた。オカンの、過去に嫉妬するなんてバカげてるってセリフはだいぶ共感モノ。名言。多くの人に染みるやつ。
切身

切身の感想・評価

3.0
セックスをカウンセリングか何かと勘違いしている模様。
お互い吸い取られるだけ吸い取られる末路。
りこ

りこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

スサーナの男性遍歴話は主人公のロドリゴじゃなくてもうんざりしました( ¯−¯ )しかも一人二人の話じゃない。出会ってから寝るに至る過程も「えぇ…」って思ったので、ただ単にやるのが好きな人だったのかって印象しかありませんでした。
ロドリゴの事を監視してたり、思い出としてのマスク作りの辺は少しゾワっと来ました。ただ、一番愛してたからって言われても、嘘の手紙でほいほい会いに行くしそれが発端だとしても他の男と寝てるしで説得力なかったです。ロドリゴが亡くなったのも、スサーナはロドリゴを愛してたんだなって思わせる為だけの死のように思えてスッキリしなかった。
突然の遍歴話や物語の展開、美しいピアノの音等、映画としてはテンポが変わってダレずにみれました。ただもうちょっと共感出来る内容だったら楽しめたのに残念です。
電気羊

電気羊の感想・評価

2.9
婚約者のいる女性と不倫関係になった切っ掛けがテロの爆発から救ったというのが南米らしい。日本ではありえんシチュエーションだ。しかもこの女、自らの男性遍歴を告白していくのだが、なかなかのヤリマンの模様。そしてハンティング・トロフィーとして寝た男のマスクの収集癖も持ち合わせている。普通の性癖の男には耐えられないだろうが、寝取られ属性のある男が娶ったら最高なセックスライフを送れそうだ。
>|