愛を綴る女の作品情報・感想・評価

愛を綴る女2016年製作の映画)

Mal de Pierres/From the Land of the Moon

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

南仏の小さな村に暮らす若く美しいガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、地元の教師との一方的な恋に破れ、不本意ながら両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者ジョゼの妻となる。「あなたを絶対愛さない」「俺も愛していない」。そう誓いあったにもかかわらず、日々、近づいては離れる官能的な夫婦の営み。そんなとき、流産の原因が腎臓結石と診断され、アルプスの山麓の療養所で温泉治療することになる。そ…

南仏の小さな村に暮らす若く美しいガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、地元の教師との一方的な恋に破れ、不本意ながら両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者ジョゼの妻となる。「あなたを絶対愛さない」「俺も愛していない」。そう誓いあったにもかかわらず、日々、近づいては離れる官能的な夫婦の営み。そんなとき、流産の原因が腎臓結石と診断され、アルプスの山麓の療養所で温泉治療することになる。そこで、インドシナ戦争で負傷した「帰還兵」アンドレ・ソヴァージュと運命的な出逢いを果たす。それは彼女が綴る清冽な愛の物語の始まりとなるのだった――。

「愛を綴る女」に投稿された感想・評価

yukichi

yukichiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


冷たい海の水面は暖かい

ある行為も、いってきますのキスも、冷たい愛。愛して欲しい人がいるときに他人に愛されるのは愛では無いからだ。幸福論なんて自らの幸福論ではないようにだ。

愛したいなら愛せばいい愛されたいなら愛せばいい、狂気と呼ぶ奴さえが狂気。

とはいえ、旦那の愛程、優しさに溢れすぎる事はないだろう。
RINAppe

RINAppeの感想・評価

3.5
大分前になってしまったけどフランス映画際にて。

なんだか虚しくなった。

愛してるのに恋がうまくいかなくて、周りからは冷ややかな目で見られ、冷たくされ、仕方なく別の相手と結婚することになるガブリエル(マリオン・コティヤール)。
その後病気の治療で入院していた療養所で、帰還兵のアンドレ(ルイ・ガレル)と出会う...。

チャイコフスキーのとある曲が要の1つなのだけど、それがまた虚しくて...。
そしてあのメロディが頭を離れず、ぐるぐると繰り返される。


マリオンが出てるドランの『たかが世界の終わり』も早く見なければ。
マリオン・コティヤールの美しさとサントラの素晴しさが点数をアップさせる。共感しにくいけどね。
がらん

がらんの感想・評価

3.2
たかが世界の終わり、とは全く違うマリオンコティヤールを見ることができただけで嬉しい。ラベンダー畑のバイオレットが美しかった。影で魅せるシーンが意外と多くて、母親が倉庫に迎えに来るシーンはぞくぞく。
結婚後の禁じられた愛。

思わず、序盤にちらりと登場する『嵐が丘』を購入。まだ見返しはぺろぺろしていない(ネタバレではない)
アメブロを更新しました。 『【フランス映画祭】「愛を綴る女」幸せの青い鳥は側にいるんです。早く気が付いて、彼が苦しむ前に。』 https://twitter.com/yukigame/status/879768334819930112
マリオン・コティヤールがあそこまで激しい絡みシーンをやるなんて意外
ストーリー的には欲求不満の人妻が不倫におぼれる王道のフランス文学って感じかと思いきや、徐々に雲行きが怪しくなっていき最後は「何じゃそれ?」って気分になる
マリオンのファンなら観て損はないと思う
Risako

Risakoの感想・評価

3.4
映像がきれいで最初の映し出されたギンガムチェックとハンカチの赤い刺繍がとんでもなくかわいいって思ったらそっからだれにだれてルイガレルがでてくるまで長すぎて眠。サンドラの週末もそうだけど情緒不安定な危うい女性を演じるにかけてはマリオンコティヤールはすばらしい笑 言いたいことと結末とそれまでの過程がなんかずれてた気がするしオチのホラー映画感がすごかった笑 フランスの田舎のラベンダー畑とか、異国の映像美
マリオンコティヤールの裸が美しい
Anna

Annaの感想・評価

3.4
最後の選択はまだわたしが子どもなのかへぇ〜って感じだった。
ていうか若干ホラー(笑)

『愛情表現を教わってこなかったからだ。』がグサッときた。
自分の琴線に刺さる男でないと受け入れない。そんなガブリエルが長い歳月かけて追い求めた真実の愛とは一体何だったのか。

長い間、幻想と現実の混同に囚われながら生きることに疲れてしまいそう…とも思うのだけど、追うものが手に入らないならその苦労は問題でないのだろう。アンドレとの日々は、彷徨うガブリエルへの道標ではなかっただろうか。

ルイ・ガレルくんの非現実的な雰囲気と、アレックス・ブレンデミュールの誠実な演技が印象的。

#フランス映画祭2017
>|