愛を綴る女の作品情報・感想・評価

愛を綴る女2016年製作の映画)

Mal de Pierres/From the Land of the Moon

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:120分

3.7

あらすじ

南仏の小さな村に暮らす若く美しいガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、地元の教師との一方的な恋に破れ、不本意ながら両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者ジョゼの妻となる。「あなたを絶対愛さない」「俺も愛していない」。そう誓いあったにもかかわらず、日々、近づいては離れる官能的な夫婦の営み。そんなとき、流産の原因が腎臓結石と診断され、アルプスの山麓の療養所で温泉治療することになる。そ…

南仏の小さな村に暮らす若く美しいガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、地元の教師との一方的な恋に破れ、不本意ながら両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者ジョゼの妻となる。「あなたを絶対愛さない」「俺も愛していない」。そう誓いあったにもかかわらず、日々、近づいては離れる官能的な夫婦の営み。そんなとき、流産の原因が腎臓結石と診断され、アルプスの山麓の療養所で温泉治療することになる。そこで、インドシナ戦争で負傷した「帰還兵」アンドレ・ソヴァージュと運命的な出逢いを果たす。それは彼女が綴る清冽な愛の物語の始まりとなるのだった――。

「愛を綴る女」に投稿された感想・評価

・「目」のみで、人の感情の推移と人生における変化と成長を表現できる俳優さんをみた。
・夫は静な愛に溢れた男の中の男だった。
・マリオンコティアールのエロシーン目当てで見た。エロシーンは素晴らしかったし、上記のような収穫があった。
見てよかったです。
120分間マリオン・コティヤールの官能的な美しさに見惚れた。ルイ・ガレルとマリオン・コティヤールの絡みは芸術作品のよう。この世のものとは思えぬ美しさ。
真実の愛に、人はなかなか気が付けないものなのかもしれない。
タジ

タジの感想・評価

4.0
フランス映画の世界観も感じられる真っ直ぐな女性の愛とそれを支える見守る男性の愛に考えさせられました😌💕マリオン・コティヤール主演『愛を綴る女』を鑑賞‼️愛していないと生きていけない、そんな強い感情と行動に引き込まれました‼️冒頭の後のマリオン・コティヤールの川での下の毛のシーンにビックリしましたが😽、少し狂気じみた本能のままの愛も情熱的で素敵でした🍀そして、最後に辿り着く全てを理解し、支え続けたジョゼの静かだけど確かな愛が響きました😆💕
チャイコフスキーの舟唄の曲がまた哀しさを誘い、フランス映画のもつ叙情詩のような素敵な雰囲気の映画でした🎬
好きなシーンは、常に静かなジョゼが唯一、ガブリエルに怒って感情を露わにするシーンですね。あれもまた愛ゆえにと考えれば、本当に想い続ける素晴らしさを感じられました🌟
アレックス・ブレンデミュールのダンディな物静かな演技に魅せられた作品でした😎✨
Sou

Souの感想・評価

4.4
結局ジョゼがかっこいい。

観た直後より
思い返せば思い返すほど良い映画。
Kei

Keiの感想・評価

3.0
女の感情の激しさにちょっと引いたが。妻がどんなことしてても、静かに見守る旦那がすごい。やっぱり愛されることって幸せだと思った。
ミミ

ミミの感想・評価

4.1
ルイ・ガレルを追いかけて

ルイ目当てってだけでみたので期待してなかったですが、意外な展開で良かった

フランス映画はよく分からなくて…って言う方でも楽しめる作品だと思います


ダンナさんのすぐ終わる行為はどうしたって愛を感じられない、そこが一番腑に落ちない…愛、ある?やっぱり愛は言葉にしないと!ガブリエルをメンヘラ呼ばわりレビューも見られるけれど、よっぽど旦那さんの方が…とも思ったりする、そこだけ。
ぽぽろ

ぽぽろの感想・評価

3.8
主人公は精神疾患持ちの女性。
予測できない行動をする人の視点だとやっぱり面白い。
えりこ

えりこの感想・評価

3.6
マリオン・コティヤールに魅せられて、終わった後の余韻もなかなか冷めず。

夫がいながらにして、病気で療養施設に入りそこで出会った男性と恋に落ちてしまう主人公。
元々夫に愛情は無かったものの、ちょっと旦那さんが可哀想になってしまいました。
その施設を出た後も彼に手紙を書き続ける主人公。
全てが明らかになる結末に苦しくなりました。
視線のショットの積み重ねで出来ている。
だからラストのマリアン・コティヤールの視線の先が泣ける。
とか何とか御託を並べるまでもなく、マリアン・コティヤールがひたすらエロいところが最高です。
マリオン・コティヤール主演で贈る、愛を求め、愛を追い、そして愛を知るとある女性の物語。
主人公 ガブリエルをマリオン、
彼女に献身的な愛を捧ぐ夫 ジョゼにアレックス・ブレンデミュール、
ガブリエルが療養施設内で出会う負傷兵のソヴァージュ中尉にはルイ・ガレルが顔を揃えます。

芝居で言うなら
アレックスの抑えたそれが個人的には印象に残りました。
多くを語らずとも
相手を想う強い気持ちがうかがえるし、場面は限られますがこのキャラだからこそ語気を強めるようなシーンは
より感じるものがあるといいますかね、登場人物中でいい味出してました。


南仏の田舎町で
両親、妹と暮らす”ちょっと”変わり者として知られるガブリエル。
こと恋愛、結婚、愛について
並々ならぬ思いと理想をもつ彼女なのだが
失恋した直後、親が勝手に進めた縁談話で
物静かなスペイン人労働者のジョゼと結婚することに。
その後ラバスカル工務店でともに働く生活がスタート。

”あなたとは寝ない”
ってなわけで定期的に娼館で娼婦を買うジョゼ、
かと思えばある日突然夫婦の夜の営みが行われたり、
妊娠と流産、
突発的な発作と持病である肝臓結石、
高額な療養施設と半年間の温泉療法、
療養施設内で運命的な出会い
ーー孤独な戦争帰還兵のソヴァージュ中尉、
彼の病室を訪ねる頻度は増えていき、中尉とガブリエルは強く惹かれ合うように、
おとずれる退院の時と別れ、
再びもとの生活に戻ったガブリエルは
別れ際に再会を約束した中尉宛に
手紙を認めて送り続けるが…。


愛に生きる彼女は日々輝いていて
そんな彼女を少しでも長く見続けていたい、
仮に現実を知った時の彼女のことを考えてしまうと話を切り出すのは難しく
得策だとは思えない。
ジョゼの決断とラストに真相を知るガブリエルが愛の奥深さに触れる、
切なくつらいけれども、どこか温かさが残るそんな作品ってところですかね。

監督は女優としても活躍するニコール・ガルシア…と。
>|