愛を綴る女の作品情報・感想・評価

愛を綴る女2016年製作の映画)

Mal de Pierres/From the Land of the Moon

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:120分

3.7

あらすじ

南仏の小さな村に暮らす若く美しいガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、地元の教師との一方的な恋に破れ、不本意ながら両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者ジョゼの妻となる。「あなたを絶対愛さない」「俺も愛していない」。そう誓いあったにもかかわらず、日々、近づいては離れる官能的な夫婦の営み。そんなとき、流産の原因が腎臓結石と診断され、アルプスの山麓の療養所で温泉治療することになる。そ…

南仏の小さな村に暮らす若く美しいガブリエル。最愛の男性との結婚を熱望しながらも、地元の教師との一方的な恋に破れ、不本意ながら両親の決めた正直者で情の深いスペイン人労働者ジョゼの妻となる。「あなたを絶対愛さない」「俺も愛していない」。そう誓いあったにもかかわらず、日々、近づいては離れる官能的な夫婦の営み。そんなとき、流産の原因が腎臓結石と診断され、アルプスの山麓の療養所で温泉治療することになる。そこで、インドシナ戦争で負傷した「帰還兵」アンドレ・ソヴァージュと運命的な出逢いを果たす。それは彼女が綴る清冽な愛の物語の始まりとなるのだった――。

「愛を綴る女」に投稿された感想・評価

おいも

おいもの感想・評価

4.0
愛に溺れる系マゾい寓話モノの中では1番消化に良かったです。マリオンコティヤールがエロすぎるのでしょうがない
夫の妻に対するプラトニックさが爆発する感じの演技がとても印象的。夫の愛の深さ。愛を綴る女というよりは、大きな愛で包む男のお話でした。
ヒステリックで狂気じみてるメンヘラ女。
でも、マリオン・コティヤールの演じた役柄では私はこれが一番好きかも。
ずっと面倒なヒロインに共感できないまま進む展開に終始モヤモヤしたけれど、ラストは意外な方向に。これは予想できなかったなぁ。
そして 夫のあの一言。この映画を観てよかった と思える瞬間でした。
愛するのも良いけど、愛されるっていうことの尊さをじわっと教えてくれるお話でした。すごくよかったです。
寡黙な夫の人生に思いを馳せながら席を立ちました。
すー

すーの感想・評価

4.0
いやー久しぶりにがっつりフランス映画という感じの映画。たまらん。

ごめん、最後の「君に生きてほしくて」に感動したんですけど…でも何より病弱で今にも死にそうな若い軍人にやられる気持ち分かる。激しく同意。あれは無理じゃわーって気持ちの方が強い。

普通に考えたらあんなに何年も狂気じみた女をひたすらに愛し続け、見返りも求めない夫の方が素晴らしい。分かるけど。でも、あの病弱な色気はたまらんわ。
Aya

Ayaの感想・評価

3.6
愛、とは。

この日本版ポスター最低ですね!!!!!!!!

もうほんと、私のような前情報シャットダウン過激派はポスターですら危険ですよ!!

これ、原題「Mal de pierres」だから、ピエロの男?と思ったら全然違ってww
スバリ「結石」ですw

予告編は見ないし前情報も入れない、じゃあどうやって選んでんの?とよく聞かれますが、どこが作ってるとかどこが配給やってて東京ではこの劇場でかかった、とか監督とか一応、誰が出てるとかこんな賞とってるとか、誰が褒めてるとか・・・まあ感覚ですw
なのでハズレもちゃんと引いてるんです!!

ものすごく久しぶりにフランス映画を見まして、フランス語久しぶりすぎた・・・マリオン・コティアールは結構見てるのにw

この監督はレア・セドゥの赤ビキニでおなじみ「南へ行けば」だけ見ておりまして。
変な若者のロードムービーだったなあ、って記憶はほぼロングのブロンドヘアのレア・セドゥの赤ビキニダンスしか残ってないんですけどねw

今作は若い頃、多感、というにはあまりにも他人に迷惑も心配もかけるほど突拍子もない行動に出てしまう「変人」マリオン・コティアール。
手に負えない娘を自分とこのラベンダー畑の雇い人、真面目なジョゼ、という男と結婚させて精神病院よりはマシだろう、という親心。
ジョゼはマリオン・コティアールに見とれることはあったが、意地の悪いことばかり言う彼女に「俺も愛はない」と言い、合意の上で神に嘘をついて永遠を誓います。

二人は海の近い街へ引っ越し、マリオン・コティアールの親の支援もあり、建築業を営む。
男と女というのはわからないもので、あなたのことは絶対愛さない!寝ない!と言っていたけど・・・夫婦とはもっと深いものですよね
海のほんと側にマリオンのための新居を構え、工事を見に行った先で・・・マリオンの身体に結石が見つかり、高額の療養施設に6週間入院して温泉治療(ナニコレ?!)を受けることに。

スイスの山奥にある施設はホテル並のクオリティでメイドとも仲良くなったり、暇なのでそのメイドについて行った先には・・・不治の病と戦い、モルヒネとアヘンでヘロヘロになった顔の青白い元軍人の若いイケメンが・・・。
なんとなく気になり、彼の部屋へ訪れたり、本をもらったりと仲良く過ごしていた。

しかし彼女には愛してないけど、夫がいる・・・。
しかし、愛してしまったー!!!!!

という話。
ものすごフランス映画っぺえ!!
てかあの療養施設「ロブスター」みたいだった!

退院後、男の子を出産し、3人家族、として生きてきた。
そんな息子はピアノの才能がある!ということでコンクールを受けるためにパリ、リヨンまで。
するとあるストリートの名前にマリオン・コティアールが激しく反応してしまう。
そこにあるアパートにはあの、少佐の名前が・・・。

読みがる思い出・・・二人で療養施設で過ごした時間。苦しんでいる顔、そして肌を重ねたあの日。

もう何もかもこの一言ですよ。



Amour

ミヒャエル・ハネケのタイトルみたいになってますが、肝心のハネケの新作は「HAPPY END」といういい意味で嫌な予感しかしない感じですよねw

ずっと、守ってくれてたんだね(T_T)
そんなジョゼ役のアレックス・ブレンデミュール。
いい男ー!!!
渋い!重ねてる!黒い!!
役と同様本当にカタルーニャの人なのね!

この人がどれだけあんな理不尽な妻を愛していたか・・・私はあの行為は彼女を守ったんだと思います。
絶対辛いよ!!でも・・・、
そして自分の中に押し込めることに20年近く耐えた男の中の男でした。

スイスの療養所で出会ったヴァンパイアみたいに青白い男役の人も目がぎょろっとしてルカら、いつでも限界です!に見えちゃって。
あの若さで元軍人で、病気になって。
辛いことしかないよね・・・。

彼はタバコをくれた男に言います。
「もう死ぬのは嫌だ。そこにいる彼女。美しい人。別の人生で出会っていたら恋に落ちただろうに、今はそんな気力もない」

フランス映画ならではの紛れもない愛の話だった。
激しく愛し、激しく喧嘩し、激しく仲直り。
そして包み込むように優しさ。
子は鎹。



日本語字幕:古田由起子
リリー

リリーの感想・評価

4.2
久しぶりに心にじーんと熱い感情を持って映画館を出ました。情景も俳優さんたちも音楽も全て美しい映画でした。初めは、周りを巻き込んで叶わない恋にばかり走る狂気の女性を描いたものかと思いましたが、最後に本当の愛とは何かと考えさせる大きなテーマを与える映画でした。人の心を癒すのは人なのですね。
ドラマだと思っていたら、最後にはミステリーの要素もあり、あっと驚く展開もありました。
主人公ガブリエルをマリオン・コティヤールが演じるので、心の変化を美しさと見事な感情表現で伝えていました。主人公に劣らず強い印象を残したのは彼女の夫です。彼の、「きみに生きてて欲しくて。」は最強の愛の言葉です。
AyakaGoto

AyakaGotoの感想・評価

4.1
チャイコフスキーの舟歌、これ観たあと聴いたら確実に泣く。ジョゼの、『君に、生きてて欲しくて』で1番の感動を得た。男見る目ない上理想の愛を求める痛い主人公だけど、映画全体としても女優さん自身も綺麗すぎてちっとも不快じゃなかった。海の見える南仏の家と、スイスの山とジョゼの故郷スペインの小さな村に心踊った。ジョゼ理想の夫すぎてやばい
Sari

Sariの感想・評価

4.2
ラヴェンダーが色鮮やかに揺れる南仏プロヴァンスやスイスの山岳が美しいロケーション。
好きなフランス女優の一人、
マリオン・コティヤールの美しさに終始目を奪われる。
激情型の主人公を演じる彼女だがアカデミー賞受賞した「エディット・ピアフ」とも重なり、演技に引き込まれる。
ベッドに横たわる姿、振り向き様の表情、古い本のページをめくる指先…など、何気ない仕草も絵になる完璧な女優だと思う。
映画の中での着こなしもビンテージ風のワンピースやニットにスカートなど素敵だった。
また登場人物の心の描写が丁寧に描かれていて感情移入してしまった。
中盤からは何故このシーンで⁇と思われるかもしれないシーンにも涙腺が崩壊し始め
特に、劇中で流れるチャイコフスキーの「舟歌」のピアノソロでますます拍車がかかる。
寡黙な夫役を演じたアレックス・ブレンデミュールも素晴らしい演技で素敵だったなぁ。
愛することとはー。
じわりじわりと胸に迫る
始めから終わりまでが美しい映画でした。
最後のジョゼの言葉👴🏻
嫁を文字通り丸ごと愛するジョゼ👴🏻
あんまり喋らないジョゼ👴🏻
息子と遊ぶジョゼ👴🏻
ガブリエルよりジョゼの人生が気になって仕方なかった😭

マリオンコティヤールの顔がタイプ過ぎ
mako

makoの感想・評価

3.6
《2018#9》

雰囲気やストーリーは良さげでしたが、なぜか途中睡魔に何度も襲われて(-_-;) 
面白くないわけじゃないと思うけど、眠くて眠くて。
昼食を食べた後で観たから眠くなったのか、遅く寝たので睡眠不足だったのか。 
それでも後半は引き込まれて観ることができました。

ガブリエルから愛さないと言われながらも愛していたジョゼ。ジョゼの無償の愛が素晴らしかった。 
真相が明らかになるくだりは見もの。 

途中寝てしまったのでもう一度リベンジして観てみたい。 
>|