サスペリアの作品情報・感想・評価

「サスペリア」に投稿された感想・評価

kinishiki

kinishikiの感想・評価

4.0
試写にて鑑賞。

なんじゃこりゃ。
ちょっともう言語化できないやばさ。
オリジナル版見てから感想書きます。
トム・ヨークの音楽が素晴らしい。その音、声を一分の違和感なくシンクロさせる映像も見事。
少しでも目を話すと内容についていけなくなるので、劇場でじっくり観るのがベストな映画。
ティルダ・スウィントンすごい。その意味は観たらわかる。観てもわからない場合はパンフレットなどで確かめるとよき。
hideharu

hideharuの感想・評価

3.2
2018.12.6 Vueウエストフィールドで鑑賞。
チケット買って映画館に行くの10年以上ぶりだった。本作は18禁のホラーの上に上映時間が151分もあるので上映している映画館が少ない。

凄く楽しみにしていた。「サスペリア」のリメイクの話は何度も出ているけれどやっと実現したと言う感じ。今話題の監督だし、キャストも豪華、舞台はベルリンに変わったもののドイツであることは変わりない。70年代のまだ壁で断絶されていたベルリンを再現しています。東と西を隔てる壁を見ると「ポゼッション」を思い出す。

ただしこのリメイクは「サスペリア」であるけれど「サスペリア」ではないとも言える。
予告編を見ればもう分かることだけれど全然違うアプローチなので賛否が別れるところだろうと思う。つまりはリメイクの意味はあるのかとか。

しかし上映時間は本当に長い。でも最後まで見せ切るパワーは感じた。特にダンスシーンには力を入れてる気がする。そして同じモチーフでも何か違うものを見せようとしてくれているのは悪いことでは無いのかもしれない。

印象としてはかなり地味ではあるが見ていると徐々に不穏で禍々しい空気が増して来ている感じはする。
ステンドグラスからバーンって言う派手なシーンは無いけど痛そうな描写はあるし、ラストはもうなんだかよく分からないけど凄惨です。

ヒロインの背負っているものが全然違っていて、それがラストに結びつくのでしょうか。
オリジナルではチョッとだけしか出てこない精神科医が準主役になっているのも面白いかも。
オリジナルへのオマージュはジェシカハーパーのゲスト出演だけかも。

あと自分は音楽担当のトムヨークなる人物は全く存じ上げておりません。彼のこと褒めてる人が多いけどホラーの音楽って感じしませんでした。サントラCDを買ったのも後悔しています。
noroyu

noroyuの感想・評価

4.2
オリジナル未見(というか、自分は観たつもりだったのだが、実はサスペリア2しか観てなかったというパターン)の立場からになるが、ハッキリ言ってめちゃくちゃ良い。

このくらいクレイジーなほどまでに過剰なくらいがよい。

しかし肉ダルマってやばいよな。生理的にくる。
GATS

GATSの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

なかなか評価の低い意見がうろうろしている映画なのだが、個人的に素晴らしいと思う。

『君の名前で僕を呼んで』では、「太陽の眩しい美しい夏のイタリアで或る青年と男の純恋愛」を描いた監督が、「鬱になりそうな曇り空、冬のベルリンで描かれるバレエ少女たちの悲劇」を描くというまるっきり想像もつかない演出の展開。

ロングショットが美しかった前作に比べて、比較的短いカットがそのホラー映画的なテクニックに活きているのだが、正直、逆に言って美しい画が台無し。もう少しみたいという意識が少なからず残るし、集中できない。
とはいっても、ズームインは効果的だと思うしとても面白い。

正直ラストのダンスシーンには、あーなんやこのビデオアートとでも言おうかと構えていたのだが、涙が出るほど素晴らしかった。美しすぎる。
血、血、血と赤い画面がやたらと続く、あのシーン。「Beautiful」とすかさず反応してしまったのは自分だけではないだろう。

前作でチープな音楽に頼ったのとちがって、トム・ヨークが担当した今作のサウンドは完璧とといって間違いない。
画が音を殺すこともなく、音が画を殺すこともない。
まったく、前作のそれは何だったのかとため息をしたくなるほどだ。

・このセットと美術には、『ハリー・ポッター』の意識が感じられたのは自分だけだろうか。
れいや

れいやの感想・評価

4.5
身体中の先端が千切れる錯覚に陥るほど恐ろしいのに美しい為に目を背けられない、もう一度見直す気にもならなければ、サントラを聞き返す気にもならない。怖い。
とろろ

とろろの感想・評価

3.9
152分に凝縮された狂気というか、不安と怖気を掻き立てる音楽も雰囲気も踊りも時代背景の薄暗さも本当に、良い意味で見ていて終わりが待ち遠しくなる映画だった。
英語で見たため、呟くような台詞が多くドイツ語も混じっていたりで内容はしっかり掴めなかったので日本語でも見てみたい。
Sayaka

Sayakaの感想・評価

3.8
世界観、音楽、表現力 全部好きだったけど日本語字幕付きでもっかい見ないと、ちょっと深いところまで入り込めなかった。他の言語も入り乱れて集中力が結構そっちにいってしまったので、もう一回ちゃんと見て点数もつけ直したい作品。
素晴らしい作品だったことには間違いない。美しい作品でした! 映像美ってゆうより表現美
ホラー、かな?もちろんそういうシーンもあったけど、字幕はフランス語で、途中ちょくちょくドイツ語になったりして、物語を完全に理解できず、よくわからなかった… 夢に出てきませんように、、
MEG

MEGの感想・評価

3.4
ちょー楽しみだったので公開初日の初回行ってきたよ!

終始不安を掻き立てる音楽(トムヨーク!!)&物語と、序盤〜中盤にかけてのとある衝撃的なシーンは確実に今年見たホラーのなかでも上位に入る恐ろしさ(その衝撃シーンでめっちゃビビってた女性は耐えきれなくなったのか、終盤のダンスシーンの前に退席してた)。

ただラストがあんまり好きじゃないんだよなぁ。そこが残念。でもホラー好きなら観て損はないよ!とある描写とか見ててちょっと気持ち悪くなったし!笑

あとはなぜあの人がこの役を…?ってとこで若干気が散ったのも確かなんだよなぁ。

ドイツ語もバンバン飛び交うため字幕なし上映いったけど割と英語字幕付いてたのもラッキーだった笑
>|