ポゼッションの作品情報・感想・評価

「ポゼッション」に投稿された感想・評価

ヒルコ

ヒルコの感想・評価

3.0
ど う し ろ と ?!\(^o^)/ なにこれすごい意味わかんない、けどすごいパワー!イザベル・アジャーニってこんな完全に狂った演技する人だったんだ・・・驚愕!!地下道でのイザベル怖すぎ\(^o^)/
masajyo

masajyoの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

序盤、東西独問題&演劇じみた夫婦喧嘩をブルー基調のお洒落カメラワークでポリティカル強め撮るやつか、と思っていたら、
痴話喧嘩が外にまで広がりトラック巻き込むあたりから第2部狂い始め、
体液吐きながら神を身籠り、モンスター、バイクアクション、霊までやりたいこと全部盛り込んでいる
一貫性が無いようで、決してテーマに対して疎かでない

天国への階段を模した最後のシーン、ドアを叩くもうひとりの影などほんと秀逸な演出ばかり
最高にイカれてる

イザベルアジャーニの狂いっぷりが怖すぎる。
buccimane

buccimaneの感想・評価

4.5
渋谷ツタヤでいつも借りられてるのをやっと借りたけど凄い良かった。
喫茶店で明後日のほう見て座る画面にまず喰らったし画面に力ありまくりながらも随所にトホホ感があるところが好き。
間男があの頃が1番体の相性よかったけどその時もやってたのって夫に訊くのもやばかったしアジャーニさんがチェックチェックチェックチェーック!て吠えるとことかあがったし探偵もナイスキャラ。
とにかくしばらく観たくないと思っていたはずなのに、なんだかまた観る必要がある気がしてもう!
イザベル・アジャーニの狂いっぷりが凄まじくて女優魂を感じた。内容については、よくわかりませんでした。あの怪物は何だったんだろう…。意味不明でした。
アタフ

アタフの感想・評価

4.3
なんですかいこの映画は!?
とんでもなく強烈な映画ですねこれは!!イザヘラ・アジャーニの熱演!?怪演!?が凄まじいホラー映画です。

いやはや、これは『イレイザーヘッド』や『マルホランド・ドライブ』などのデヴィッド・リンチ作品が好きな自分からするとかなりツボでした。
難解さとグロテスクさが堪らない、あの謎の奇形生物は『イレイザーヘッド』だったり『ブルード/怒りのメタファー』を思い浮びました。上記の2作と同様に何らかのメタファーとしての奇形生物なんでしょうけど、それまでのストーリーからの予想もしていなかった突然の登場にあっけにとられました。思った以上にヤバイ映画だったようです。

序盤こそ夫であるマルク(サム・ニール)が自分の留守中に浮気をしたアンナ(イザベラ・アジャーニ)を責めるという分かりやすい話が進むのだが…
段々と様子がおかしくなるアンナ、善悪のはざまで苦しみ、悪魔に取りつかれたようにのたうち回る凄まじい演技を見せる。

特筆すべきは「地下鉄での体液垂れ流しシーン」!!
こればかりは実際に見てもらうしかないが、綺麗な女優さんがここまで狂った演技を見せる映画は未だかつて見たことがありません!!圧巻の演技でした。

イザベラ・アジャーニの演技をなくしては語れない本作、カルト映画といった部類のものであることは間違いないと思いますが、映画に刺激を求めている人々にはぜひ見てほしいです。
イザベル・アジャーニが美しすぎるから良い。あと、ジャラシックパークのサム・ニールが普通っぽすぎるから良い。
osaka

osakaの感想・評価

5.0
唐突な特殊造形にはやられました。大好きですこの映画。

ドアの間からバケモンがうねうねしてるのがたまらなく愛おしい。
その時のアンナの顔ね。愛おしい。
時番人

時番人の感想・評価

4.0
イザベルアジャーニの本領発揮映画。ぎょろっとした瞳と肉厚唇から紡ぎだされる緊迫感。驚かせてやろうという狂気ではなく、魂から狂いたおしてるから、お口あんぐりで見入ります。
>|