ポゼッションの作品情報・感想・評価

「ポゼッション」に投稿された感想・評価

Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.5
最強の映画!
他の監督が真似できない凄まじいホラー映画といえる。前衛的でSF。
トンネルの中でのイザベラアジャーニの狂いっぷりは最強!もはやカフカ的状況の世界そして情報の非対称性だ。
ヨーロッパのデパルマ映画と言いたくなる気味の悪い映画でした。
この人の撮るもののテンションは特質してます。
最後の不気味さ含めてトラウマ必至。
ルー蔵

ルー蔵の感想・評価

3.5
悪魔がとりついたみたいな意味らしい。

キリストだのなんだの聖書読んでりゃあ伝わるところもあるんでしょうが、低学歴の知恵遅れなんでそこまで発見出来ず。
ただただ、イザベルアジャーニの瞳孔の開いたイカれ演技を堪能し、昨日食べたホタルイカのような悪魔に恐れなすだけ。
しかし現実の畜生より、惑わすように殺すセックスのうまいホタルイカのがよっぽど救われる。
ユーキ

ユーキの感想・評価

3.0
すごい
ホラー好きには絶対見て欲しい
地下鉄でブシャーww
たまげました
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2018.2.12 DVD

イザベル・アジャーニを筆頭に全員が全員常軌を逸しまくってて最高なんだけど、根本的なところからエキセントリックすぎるのでなんか微妙。地下鉄の通路で液漏れするシーンは案の定良い。
…………。
このページを開いて何分経過しただろう?それでもしばらく言葉が出てこない。
今のホラーに無いものが、本作にはある。
ハーコーなブニュエル。
Genuine genius.
kumi

kumiの感想・評価

3.2
イザベル・アジャーニ、今回もイカれてる。
彼女はエキセントリックな役が多い気がする。

夫婦仲が歪み始めたのは
彼女の中でなにかが芽生えたからなのか、
もうなにがなんだかわからないジャンル分け不可能。

でもこの狂気は観ておいたほうがいい。
琉太

琉太の感想・評価

3.0
バイトの先輩にヨーロッパのホラーはひと味違うよと言われて観たら
中々強烈な作品でした
イザベルアジャーニをこの作品で知りました
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

5.0
【記録】blu-ray 23 jan. 2018. 再見(メドゥーサのデザイン)
イザベル・アジャーニの息を呑む美しさと、怪物の気味悪さの対比が光るホラー映画の傑作。
映像の全てに狂気が満ちている。
>|