ANIMAの作品情報・感想・評価・動画配信

「ANIMA」に投稿された感想・評価

いけ

いけの感想・評価

3.5
芸術的すぎて置いてけぼり感、、、

美術館で芸術的で複雑な絵をわからないながらもただただ見てしまうときと同じ感覚に陥った。
トム・ヨークに関しては生きていてくれてありがとうという気持ちしかないのでカート・コバーンにならなかったことが既に偉業なので、昔よりはまだ生きやすそうになってるように見えて何よりも良かったなと思った。あんなトム・ヨークが好々爺に近づいているだけで泣けるじゃんね。
似たような衣服を纏った人たちが、音楽に合わせて同じ動きをしているから、彼らの顔を覚える努力は不要だった。波の中でもがいているよりも、波に乗った方が幾分か楽だろうなと思った。
後半のダンスを見ながら、なんとなく二人でやるあやとりを思い出した。
素敵なんだろうな…っていうのは伝わるけど、私が観るにはまだ早すぎたんだと思う。
涼

涼の感想・評価

5.0
んーこれやば、ぼーっとしてたら過ぎてるたった15分もこれを見た15分も同じっていうのがやばい なんも考えずに見てたけどかっこいいってことだけは確実にわかる
ポール・トマス・アンダーソン作品を初めて、世界三大映画祭の覇者と言う事くらいしか前情報はなしで観た。トム・ヨークは「レディオ・ヘッドの人」くらいの認識だし、好き好んで聞く訳でもない。
然し、この15分間は強烈だった。冒頭の地下鉄内から何が始まるんだろうと惹きつけられた。バッキバキに決まった滅茶苦茶カッコイイ画面の中で重量が滅茶苦茶な上のモダンダンスが始まって息を呑んだ。
ストーリーはタイトル通り、トム・ヨークがアニマ(夢の中の理想の女性像)を障害に阻まれながら追いかけると言う内容。
照明と美術の都会な感じが滅茶苦茶好み。
あとは只々、「どうやって撮影したのだろうか?音楽カッコイイ」と感心するばかり。
kotoe

kotoeの感想・評価

4.3
無機質な中にあるストーリー性と、哀愁。ダミアンジャレの洗礼された振付。最高。トムヨークの音楽にPTA監督の人間味が完璧に融合している。
suama

suamaの感想・評価

3.4
分かりえぬものはおもろいね
なんか観入っちゃっとる
こうゆうの潜んでるのかネトフリ笑
mai1129

mai1129の感想・評価

3.4
ポンキッキーズと、ダンサーインザダークと、ワールドオーダーが浮かんだよ。あと、武富士?

良い意味でNHKの深夜のコンテンポラリー作品みたいです
>|

あなたにおすすめの記事