Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのちの作品情報・感想・評価

「Pina ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」に投稿された感想・評価

Aki

Akiの感想・評価

5.0
芸術の秋!という事でヴィムヴェンダース監督の作品が好きなので鑑賞。
これが凄かった、芸術だなー。
ピーナに捧げる映画、ピーナを知らないどころか舞台芸術に興味がなかったのですがいや凄かったな。

なぜ芸術だと感じるか言葉に出来ない事を表現し何かを探しているからなんだと個人的な解釈ではそう思った、色んな芸術があるけどどの芸術にもそれはあてはまる様な気がする。
Izumi

Izumiの感想・評価

-
素晴らしい。
とにかく素晴らしいドキュメンタリー。
感性が磨かれる1本。
Motiyuki

Motiyukiの感想・評価

3.5
演者の方の熱量が伝わってきました。

水場での動きには惹きこまれます。
もう少し年齢を重ねてから、もう一度観てみたいです。
Fumiya

Fumiyaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

Dance, dance.
otherwise, we are lost.

踊り続けなさい、自らを失わないように。
4410

4410の感想・評価

3.5
コンテンポラリーダンスって抽象的なもの、というイメージがずっとあったけど。言葉に頼らないだけで、めちゃめちゃ具体的なもんなんだなー、と思った。
koba

kobaの感想・評価

3.0
芸術的すぎてよくわからなかった。

が、踊りの持つ表現力の凄さというのは感じた。
生身の人間が身体と精神を使って何かを伝えようとする。
ああいう舞台って、映画にはない美しさと表現力があるのだろう。
yoyoyo

yoyoyoの感想・評価

3.0
映画館で観られて良かった。ダンスには無関心なわたしでも、惹きつけられるものがあった。
「すべては言語と同じで読み取れるものなのよ」

出てくる表現者たちが、誰ひとり口を動かさない。ナレーションでピナ・バウシュのことを語るけど、どんなことを思っているか、映るのは表情だけ。

繰り返し繰り返し、何度も何度も、大勢で、言葉にできないことを伝えるから、言葉にできないことを感じとらなくっちゃいけない。

「私たちは何に焦がれる?
こうした思いはどこから来る?」

大きなスクリーンでもう一度観たい。
MISATO

MISATOの感想・評価

3.9
リリースされてから何度も観てる。
心臓がギュッとなるくらいに好き。

彼女の踊りのおかげで、ダンスというジャンルを鑑賞できるようになった。

美しくて、壊れている激しい映画
joker

jokerの感想・評価

5.0
美の頂点を観た。

こんなにも肉体は雄弁で、
こんなにも肉体は饒舌なのか。

表現のアプローチは違うが、
尊敬する芸術家の1人だ。

「なにかを探し続ける」
どの人生にも当てはまる言葉だ。
>|