オンリー・ゴッドの作品情報・感想・評価・動画配信

「オンリー・ゴッド」に投稿された感想・評価

HIG

HIGの感想・評価

4.2
鬼久しぶりに観た。本当に鬼。どぎつい色は好きな色。前観た時よりも更に深い溝に入り込んでしまい『レフン監督🌟』と思ったのは云うまでもない。カラー(color)がある作品(監督)は好き。
Atsui

Atsuiの感想・評価

3.5
好みのタイプじゃ全然ないのになんだか妙に面白かった。間の取り方はずっと変で音もどっか白々しくて画面暗いとき暗すぎる。そのくせ話は割とまっすぐ。まっすぐに気持ち悪い。その辺のちぐはぐさに惹かれたのかもしれないです。
こじ

こじの感想・評価

2.0
全体的に説明不足な感じがして面白くは全然無かったけど、ライアン・ゴズリングはいいよなぁ。
Driveは好きやったけどな、これはよくわからんやった。台詞少なくて抽象的でオチわからん。映像と音楽もやけど表情とかからも重苦しい感じ出せててすごい。
ゴズゴズはネオンに映えるなぁ。
神よ許したもう。彼にとっての神様は誰だったのか。迷子みたいな目をするライアン・ゴズリングが良き。暴力はただの表現方法であって、それ自体を魅せたいわけじゃない。あれもそれもいらない、って出来上がったのがこれ。余計なものを全部なくして、最終的に残った90分て感じ。分からんけど。「MY LIFE DIRECTED BY NICOLAS WINDING REFN」を観るとそんな気がする。
今のところレフン監督は合わないかも…
映像も全然好みじゃないけど
ファイティングポーズとってる銅像のカットは好き。

母親のお腹に手を入れた時の感情が気になる。

My life Directed by Nicolas Winding Refnを見たらもう少し楽しめるのかも⁇
mom

momの感想・評価

4.0
物語的に神はチャンなのだろうけど、ゴズリングにとっての神様は母親だけだったよね
入れ込んでる娼婦との歪んだ性癖の掛け合いと、母親の子宮に触れるゴズリング良すぎた ボコボコに殴られるゴズリングもよかった...
映像がパキパキでかっくいい。
レフンのテンポも嫌いじゃないんだけど、全然面白いって思えなかった…
衝撃的なグロテスクも感じなかったし、ただぼーっと観てただけで終わってしまった。
じょー

じょーの感想・評価

3.8
タイを舞台に、アメリカ人親子とタイの刑事による暴力の連鎖が描かれるバイオレンス映画。色使い、間、音の使い方、話の展開など、終始クセが強い。そしてかなりエグい。置いてけぼりになりそうな感じもあり、「珍味」だと感じました。おれはけっこう好きな味でした。
歪んだ愛の成れの果て。

タイを舞台に、この切り口を思い浮かぶ人がどれだけいるだろう。
ただ奇を衒っているだけでなく、タイという国の本質を描いているようにも感じた。

難解な部分も多く、賛否も分かれそうではあるが、見ていて非常にワクワクできた作品。
>|