サスペリアの作品情報・感想・評価・動画配信

「サスペリア」に投稿された感想・評価

げんき

げんきの感想・評価

3.0
赤と青の対比、最後秘密の部屋へと通ずる廊下だけ黄色。
シンメトリーな建物の外観。
豆onpeets

豆onpeetsの感想・評価

5.0
真っ赤だなぁぁぁああ‼︎

    🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸

久々にグッとくるホラーに出会いました☺️

ツッコミどころ沢山あるホラー本当楽しい。
(大体、時代のせい)

何系ホラーかと言われると悪魔系サスペンスホラー。
ローズマリーの赤ちゃん👶的な雰囲気


魔女3部作の1作目。

アメリカからドイツの有名バレエ学校🏫
フライブルク学院に来た主人公サラ

このバレエ学校には何か秘密がある。。。

学生や教師に降りかかる不幸の連続。

そんな学校の暗部にサラは足を踏み入れていく

そんなお話。

   🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🥀

【主人公のフラストレーションがヤバいからこそ何だか最後のシーンは気持ちいい、、、】


初っ端から主人公は土砂降りの中
タクシーを呼び止めるるのですが、
誰一人として止まってくれない❗️❗️☔️⚡️


なのに、やっと止まったタクシーも異常。

サラは荷物が多いので運転手に「手伝ってくださらない、、、」と何度も言ってるのに
運転手は微動だにしない。。。。🚕


そして、やっと乗り込んだサラは
タクシーの運転手に、
「エッシャー街に、、、」と何回も言ってるのに
聞き取ってもらえない。。。。

「雨は降り続くのかしら」と言う言葉にも
運転手は「30分でやむ」と切り捨てる。


そして、やっと辿り着いた学校で
チャイムを鳴らすも

「知らない人だから入れられない」
と言われる羽目に。。。


紆余曲折、、、
そんなサラの最後のシーンは爽快的。

彼女は雨にうたれながらも

笑っておりました、、、。☺️いい笑顔。

  🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸😈

【見所いっぱい💓】

⚫︎赤!とにかく赤!

⚫︎素敵すぎる建造美🕍

⚫︎ステンドガラスが割れて死体がぶら下がる❗️

⚫︎ウジムシの大量発生、、、。🐛

⚫︎ワンちゃん、飼い主「を」お食事シーン🦮
(ワンちゃんお行儀が良い食べ方😂)

⚫︎どう見ても血糊 血糊が全て!

⚫︎イビキを考察そして推理🌝

⚫︎犯人は扉の鍵(引っ掛けるタイプ)
をナイフで開けようとする。
逃げてる女子はその鍵を手で押さえれば全く問題ないはずなんだけど、、、。なシーン


⚫︎窓から逃げたら何だか針金の丸まったヤツが沢山ある、、、。なにそれ🕸前衛的すぎる。シーン

⚫︎目を標本ピンでピ〜ン📍

⚫︎雷で魔女の姿が見えちゃう〜⚡️🧙‍♀️

⚫︎可愛い女の子、可愛い金髪少年、歯茎の死んだやつ。みんなキャラが立ってる。

⚫︎何よりBGMがいい😌♪


  🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🩸🏵

【魔女の作った学校🏫】

1895年にヘレナマルコスが学校を設立した。
ギリシャ移民の魔女。

彼女は信者からのお金で学校を建てた。

そこはバレエとオカルトの学校となった。

しかし1905年にマルコスは迫害により焼死した。


【キーワード】

秘密よ❗️扉にはアイリスの花が3つ❗️
青を回して❗️


きっとその先には、、、、、、

皆様もお気をつけて、、、
でわでわ〜🐌


サスペリアリメイク
サスペリア2
も面白そうですねぇ〜🌚
バウム

バウムの感想・評価

2.0
映像が芸術的。
初めの吹き抜けのガラスが割れるとことか、背景との対比など。
ただただ赤い背景とか、まぁ昭和っぽい(笑)上に、血の色が嘘くさい。
ストーリーは正直意味がわからないし、対して面白くもない。
古〜いホラーとして、良作です!!!
耳に残るあの音楽♪
絵の具のような胡散臭い血♪
ニセモノ感♪
ホラーにお決まりの美女♪
全てがいいです(*^^*)
Y

Yの感想・評価

3.5
ここで紹介されていたから観賞しました。
音楽や色彩は良かった。
昔なら良かったかもしれないがストーリーが今ひとつ。
1人で観ても大丈夫です。
ILLminoru

ILLminoruの感想・評価

3.8
監督・脚本:ダリオ・アルジェント、脚本:ダリア・ニコロディ、出演:ジェシカ・ハーパー、アリダ・ヴァリ、他、音楽:ゴブリン、による、ドイツのバレエ名門校に入学した若い娘を襲う恐怖を描いた「ホラー」映画の説明不要の古典。

アルジェント監督による「魔女3部作」の1作目。

美術の世界観が独特かつ芸術的で、圧倒的な極彩色の映像美が「寓話」性を高めていて、怖い「大人の御伽話」のような映画でした。

名作。
その後のホラーに影響を与えたって部分で評価が高いのかな、。何十年も前の映画を今観て物足りなく感じるのは至極当然なんだけど、この映画は特によく分からなかった。bgmこの映画のヤツだったのかーって感動はあったし、なんだかやたら色鮮やかだった。たぶんこの世代の人間でリアルタイムで鑑賞してたら楽しめた思う。ホラーの礎〜。

2021.142
S4KuYuKi

S4KuYuKiの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最後に無事に逃げ出した女の子。
ニコニコしながら振り返りもせずスタスタ歩いて帰るというすがすがしい終わりかただった。
アルジェントは極彩色を多用するが、洋館にはよく合っている。


アルジェントといえばやはりこれと、デモンズですね。
リタ

リタの感想・評価

3.7
血が、なんというか、ポスカの赤みたい笑
現実感のない艶やかさ。

冒頭逃げた子が避難したアパートも凄い色柄だけど
間借りしてた先輩の部屋の壁紙も凄かった。
おちつかないよ。。


私世代だと
10年ちょっと前のアパレル広告を思い出す色遣い。
蜷川実花っぽいというか。 
いやそれがサスペリアとかに影響受けてるのだろうが。

こういうフェミニンで悪魔的な色遣いが
いかにもネチネチした、
バレエ学校を舞台にした悪魔崇拝ホラーという感じ。

服装もヒラヒラしてて可愛かった。
主人公の顔タイプ。

ヴィジュアルも良いが
何回も怖がらせてくれて楽しかった。
古いスプラッタお化け屋敷。

あの可愛い下働き男はなんだったんだ。
少ない男性キャストなのになんの役割もなかった。
可愛いだけか。
ごんす

ごんすの感想・評価

3.0
決してひとりでは観ないでくださいのキャッチコピーが気になり観賞。

◎バレーの学校に入学した少女だが生徒や関係者が殺害されたり、この学校ヤバイ!というあらすじしか知らなかったけどストーリーはそれ以上でも以下でもなかった。

血糊の色が鮮やかでグロさはないし、ショックは薄かった。
虫にはやられたけれど!

ホラー詳しくないけど演出は後のホラーに影響与えていそう。呪われていそうなバンドの曲流れてたと思えばドア閉めた後ぴたっと静寂くるの怖かった。
昔のホラーには珍しいスタイリッシュな色使いなども綺麗だなぁと思った。
>|

あなたにおすすめの記事