ボーイ・ミッシング/消えた少年の作品情報・感想・評価

ボーイ・ミッシング/消えた少年2016年製作の映画)

Boy Missing/Secuestro

上映日:2017年08月03日

製作国:

上映時間:105分

3.2

あらすじ

その日、高名な弁護士であるパトリシア(ブランカ・ポルティージョ)の息子ビクトル(マルク・ドメネク)が負傷した状態で警察に保護される。ビクトルは通学途中で何者かに拉致され、自力で逃げ出したという。証言を元にモンタージュが作成され、前科者のチャーリー(アンドレス・エレーラ)が容疑者として逮捕される。しかしチャーリーは事件当日のアリバイを主張。パトリシアは安全のためにもチャーリーを勾留するよう警察に強…

その日、高名な弁護士であるパトリシア(ブランカ・ポルティージョ)の息子ビクトル(マルク・ドメネク)が負傷した状態で警察に保護される。ビクトルは通学途中で何者かに拉致され、自力で逃げ出したという。証言を元にモンタージュが作成され、前科者のチャーリー(アンドレス・エレーラ)が容疑者として逮捕される。しかしチャーリーは事件当日のアリバイを主張。パトリシアは安全のためにもチャーリーを勾留するよう警察に強く求めるが、ほどなくして彼は証拠不十分で釈放される。その夜からパトリシアとビクトルの身の回りでは不審な出来事が次々と起こりはじめる。それらがチャーリーの仕業だと確信したパトリシアは、再び警察に彼の逮捕を要求するも断られ、かつて裏稼業に手を染めていた友人ラウル(ホセ・コロナド)の元を訪ねる。ラウルのコネクションを通じてチャーリーを痛めつけ、警告を与えるよう依頼するパトリシア。しかしそのことが思いもよらぬ惨劇を招くこととなり・・・。

「ボーイ・ミッシング/消えた少年」に投稿された感想・評価

Yuumi

Yuumiの感想・評価

2.5
想像していた話と違った。息子を溺愛しすぎて空回りした母親の話
無駄に長くて遠回りな感じが好みじゃなかった

このレビューはネタバレを含みます

もっとサイコな内容かと思いきや、です。

子供の嘘に振り回される母、そしてそこに付け入る悪人達。

勧善懲悪でもなければ、後に残る恐ろしさもなし。
そうだったのかと最後に知るだけの内容でした。
中盤、3回くらい寝てしまい。。。
何度か戻って観るものの、やっぱり寝てしまう。
気付いたら驚きの展開のラストへ! 笑

一体何がどうしたらこうなるの⁈

子供の悪意のない嘘が(←にしては規模が少々でかい)周りを混乱させ、いろんな人を巻き込み大きな事件に発展していく(←多分こんな感じ)

息子を溺愛する母親があちこち手を尽くして奔走する姿がスゴイ(らしい)

そしてまさかのラストです。

ここでぱっちり目が覚めました。

とりあえず、最初と最後は観たのでこれで終了〜♪
shiho

shihoの感想・評価

3.1
右肩下がり感が激しい、、、
ジャケットに惹かれて借りたけどんー、、、てとこかな
導入から興味をそそられ面白そう!と期待するも、だんだん尻すぼみに。身から出た錆とでも言うのか。
劇中、仰々しい音楽が流れてなんだか笑ってしまった。まずは、自分の息子としっかり向き合おう。
harman

harmanの感想・評価

3.5
突っ込み所が多いわ。
これは…マザーミッシングや。
そこそこ、楽しめたけど♪
ju

juの感想・評価

-
つまらないつまらない

dvdわざわざ借りる必要無しw

親と子が全然似てない

話しがごちゃごちゃ

親の先走り映画w
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

2.6
「ロスト・ボディ」や「インビジブル・ゲスト」の脚本・監督のオリオル・パウロ作品という事で、どんでん返しを期待し過ぎたな。

子役の男の子の可愛さにいかにも陰鬱さが潜んでそうだったり、裏に陰謀が潜んでそうな伏線っぽいものをチラつかせつつ、大袈裟な肩すかし。

しかも助けを求める強さを、って…考えなしに助けを求めた結果だよねコレ。

故意にミスリードして伏線も与えず強引などんでん返しで落とす…この監督こんな雑だったっけ?わざとなのかなぁ?
貝

貝の感想・評価

1.5
仄暗い世界観の中で描かれる少年の物語かと思っていたが、思ってたのと違った。
何方かと言えば母親にスポットライトが当たっていて、少年中心に進むストーリーという感じ。オチも読めてしまった。
テンポは良くなくてフランス映画らしい雰囲気は十分に感じる。
アイコ

アイコの感想・評価

2.4
伏線なのかどうかも微妙なくらい分かりやすい伏線?があってそりゃそうやな…っていう展開でスペインサスペンスにありがちな『そうきたかぁーー!!』っていうのが無くて残念でした。

子供を溺愛するあまり先走り過ぎて勝手に泥沼に突進していくおばちゃんの話です。
>|