ボーイ・ミッシング/消えた少年の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ボーイ・ミッシング/消えた少年の作品情報・感想・評価

ボーイ・ミッシング/消えた少年2016年製作の映画)

Boy Missing/Secuestro

上映日:2017年08月03日

製作国:

上映時間:105分

あらすじ

その日、高名な弁護士であるパトリシア(ブランカ・ポルティージョ)の息子ビクトル(マルク・ドメネク)が負傷した状態で警察に保護される。ビクトルは通学途中で何者かに拉致され、自力で逃げ出したという。証言を元にモンタージュが作成され、前科者のチャーリー(アンドレス・エレーラ)が容疑者として逮捕される。しかしチャーリーは事件当日のアリバイを主張。パトリシアは安全のためにもチャーリーを勾留するよう警察に強…

その日、高名な弁護士であるパトリシア(ブランカ・ポルティージョ)の息子ビクトル(マルク・ドメネク)が負傷した状態で警察に保護される。ビクトルは通学途中で何者かに拉致され、自力で逃げ出したという。証言を元にモンタージュが作成され、前科者のチャーリー(アンドレス・エレーラ)が容疑者として逮捕される。しかしチャーリーは事件当日のアリバイを主張。パトリシアは安全のためにもチャーリーを勾留するよう警察に強く求めるが、ほどなくして彼は証拠不十分で釈放される。その夜からパトリシアとビクトルの身の回りでは不審な出来事が次々と起こりはじめる。それらがチャーリーの仕業だと確信したパトリシアは、再び警察に彼の逮捕を要求するも断られ、かつて裏稼業に手を染めていた友人ラウル(ホセ・コロナド)の元を訪ねる。ラウルのコネクションを通じてチャーリーを痛めつけ、警告を与えるよう依頼するパトリシア。しかしそのことが思いもよらぬ惨劇を招くこととなり・・・。

「ボーイ・ミッシング/消えた少年」に投稿された感想・評価

ろびん

ろびんの感想・評価

4.2
最愛の息子が失踪し、負傷した状態で発見される。一体息子に何があったのか…?

何気なく観たけど、これは面白かった。
事件が二転三転し、想像してなかった結末を迎える!
何ともスッキリしない終わり方も好みだし、地味だけど観やすくて良かった👏

パトリシア、(アレはイケナイ事だったけど)良いお母さんだなぁと思った。
弁護士だけど仕事を優先せず、ちゃんと息子に向き合ってて。
ていうかビクトルが可愛い過ぎる!
めちゃめちゃ甘えられたい、甘やかしたい。はぁ可愛い…マルク・ドメネク君ね。
可愛い…
やみこ

やみこの感想・評価

4.1

ネットフリックスで見れるけど上映中なのかー!

誘拐された息子を取り戻すため悪事に手を染めていく母親の話。
とにかく濃いい~
気の毒なラストでモヤモヤ...だけど傑作。
mu

muの感想・評価

3.0
メルケル首相にどことなく似た、弁護士の肝っ玉母ちゃんが我が子を守るためにフルスロットルな映画。かわいい我が子は、良く耳が聞こえないのよー。あいつ怪しい!なんとかしなきゃっ!我が子が間違えるはずないんだから、あいつが犯人んんんー!っといってたら…?
突き抜けた感じはないものの、話の転がし方や見せ方に過不足なく、手堅いサスペンスを展開。法を逸脱した過剰防衛が招く意外なケツマツ!おばちゃん七転八倒スパニッシュ。
カリコレ2017、二本は観たよ。
masa

masaの感想・評価

3.4
息子を誘拐された母親が容疑者に発した警告が、思わぬ惨劇を引き起こす。

弁護士パトリシアの息子ビクトルが通学途中に何者かによってさらわれた後、負傷した状態で警察に保護される。自力で逃げ出したという彼の証言で作成されたモンタージュにより、前科のあるチャーリーが逮捕されるが、証拠不十分で釈放されてしまう。やがてパトリシアたちの周囲で不可解な事件が続発し、それらがチャーリーのしわざだとにらんだ彼女は、裏社会に通じる友人のラウルを訪ね……。

一つの嘘、一つの判断がどんどん悪い方向に発展していき、大変な状況になってしまう。
息子のビクトルが不憫でならない。この子がとてもかわいい。

やはり正直に地道に生きるのが一番だなと思いました。
鑑賞記録
Ellie

Ellieの感想・評価

2.8
嘘をついたら、ダメだよ!っていう映画。
展開は地味ながらも良作であるが演出が時々ずっこける・・・?
ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

完っっ全に騙された。しまった!

おおまかなストーリーは<あらすじ>をご覧いただくとして、そのあと母は誘拐犯とおぼしき男チャーリーを脅してくれと、子供の実父ラウルに依頼。ラウルは金で雇った連中を向かわせる。ここで実は誘拐は子供の嘘でいじめが原因で怪我をしたと明らかに。すぐに脅す指令を中断させようとするが、間に合わず。行方が分からなくなったチャーリーの捜査を進めると浮かび上がるラウルと母。実行犯はビクトルを誘拐し金を要求。警察は現場を押さえようと尾行。最後母、警察、みんな騙されていたことが・・。

といった感じなのですが、
【一発目の<誘拐>のミスリード、これは乗らない。】
【二つ目、子供の嘘発覚・・まだ大丈夫。心配してかけてきた友達の電話怪しかったし。】
【三つ目、実はチャーリーは殺されていない!・・ここ殺害を思わせる銃声だけだから疑ってたんだけど・・そのあと撃たれたシーンあったから信じてしまった】
【四つ目、ラウルの演技。・・今考えれば怪しい怪しい。ああやられた】
いつも観ていないスペイン製作。やっぱり映像を使った論理の常識が違うから、騙されても楽しいです。新鮮です。ストーリーはなんてことないと言えばそうなんですけどね!

映像としては、警察署内で無音に近い状態から、母から渡された補聴器をつけると聴衆にも音が聞こえだす演出が良かった。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.6
高名な弁護士であるシングルマザーの息子が、負傷した状態で警察に保護される。息子は、通学途中で何者かに拉致されていたと話す。母親は警察の手を借りて、誘拐事件の真相を追い求めていくスパニッシュ・スリラー作。序盤からの不穏な空気感はよく、スリラーらしい展開は良い。彼女や警察と真相を求めていく様なテンポの良さがあり、丁寧な構成でスリラーとして良作。ある事情が解決すると、次の惨劇、また次の惨劇と、飽きさせない内容量のスリラーで、各々の繋がりも上手い。程よく緊迫感もあり楽しめる。各々のキャラクターも確立されていてわかりやすく、繋がりもよく構成されていて良い。結末の面白さも地味だがある。
ひだか

ひだかの感想・評価

2.5
終始主人公の間抜けな感じがプンプンしてた。
最終的なオチも「そうですか」くらいだった。
>|