ボーイ・ミッシング/消えた少年の作品情報・感想・評価

ボーイ・ミッシング/消えた少年2016年製作の映画)

Boy Missing/Secuestro

上映日:2017年08月03日

製作国:

上映時間:105分

3.0

あらすじ

その日、高名な弁護士であるパトリシア(ブランカ・ポルティージョ)の息子ビクトル(マルク・ドメネク)が負傷した状態で警察に保護される。ビクトルは通学途中で何者かに拉致され、自力で逃げ出したという。証言を元にモンタージュが作成され、前科者のチャーリー(アンドレス・エレーラ)が容疑者として逮捕される。しかしチャーリーは事件当日のアリバイを主張。パトリシアは安全のためにもチャーリーを勾留するよう警察に強…

その日、高名な弁護士であるパトリシア(ブランカ・ポルティージョ)の息子ビクトル(マルク・ドメネク)が負傷した状態で警察に保護される。ビクトルは通学途中で何者かに拉致され、自力で逃げ出したという。証言を元にモンタージュが作成され、前科者のチャーリー(アンドレス・エレーラ)が容疑者として逮捕される。しかしチャーリーは事件当日のアリバイを主張。パトリシアは安全のためにもチャーリーを勾留するよう警察に強く求めるが、ほどなくして彼は証拠不十分で釈放される。その夜からパトリシアとビクトルの身の回りでは不審な出来事が次々と起こりはじめる。それらがチャーリーの仕業だと確信したパトリシアは、再び警察に彼の逮捕を要求するも断られ、かつて裏稼業に手を染めていた友人ラウル(ホセ・コロナド)の元を訪ねる。ラウルのコネクションを通じてチャーリーを痛めつけ、警告を与えるよう依頼するパトリシア。しかしそのことが思いもよらぬ惨劇を招くこととなり・・・。

「ボーイ・ミッシング/消えた少年」に投稿された感想・評価

Runpo

Runpoの感想・評価

3.5
オリオルパウロ監督が関わっているので期待してみたけど、これは少し間延びしたのと爽快感が足りなかったかなぁ。。あと主役の弁護士の無責任さには腹が立った。
にこぺ

にこぺの感想・評価

3.5
「ロスト・アイズ」「ロスト・ボディ」「インビジブル・ゲスト」とオリオル・パウロの脚本ものはゾクゾクしてきました。が、これはちょっと残念な感じがしちゃったかな。展開が読めないストーリーは面白いし、最後の「あちゃ〜!」って感じは健在なんだけどなあ。

まずね、ミッシングしてしまう坊やの顔がレイチェル・マクアダムスに見えてしょうがない。いや、本当に似てるんですよ。
次に、彼の母親が男に見えてしようがない。ゲスな手も使う敏腕弁護士なので、キツいイメージは必要なのですが、肩幅あるし顔もごつくて女装男子に見えて、そのうちババーンと正体を出すんじゃないかと思ってしまったですよ。ストーリーの展開にハラハラする気持ちに雑念を差し込まれたようで、キャストが違ってたらもうちょっと楽しめたかなと思ったりしました。
dodo2121

dodo2121の感想・評価

2.1
あの結末から考えるとどうしても一人こちらが納得ができない行動している人物がいる。
prado

pradoの感想・評価

3.0
中盤ちょっと間延びした感じ。スピード感があればもっと面白いのになぁ。ラストは騙されましたが、え、なんでお前??って感じでちょっと腑に落ちないのは私だけでしょうか‥
柚

柚の感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

少年に釣られて見た。

話が二転三転していくが、淡々と進んでいくので中弛みしてしまった気がする。

ストーリーは面白いはずなのに、いまいちはまらなかった。
ビクトル少年は何者かに誘拐されて脱出。警察にはこの人が犯人だと名指しする。しかし実は誘拐は狂言で・・

ひとつの嘘から予期せぬ事態へと展開するサスペンス。子を思う母親が味わう代償は大きかった。すべてあの人にやられてしまった。

ビクトルがとても可愛かったのと「指」には驚かされた。
パウロさんの脚本は、やっぱり嫌いじゃないですね。

インビジブルゲストの方が、個人的には群を抜いて面白かったですが、こちらも面白かった。

ボーイ・ミッシングでなく、ミッシングだけの方がしっくり来る気はします。

はじめは「狼少年」的なお話なのかと思いきや、二転三転するストーリーで、楽しめました。
六義園

六義園の感想・評価

2.6
朝からずーーーーっと映画観てる(-)_(-)

六義園です。
外に出たいけど暑そうだから家でお酒呑みながらのDVD
本当は外で遊びたい、でも暑そうなので仕方なく。

「ボーイミッシング」
オリオルパウロさんの映画……
ここ最近では私的1番なサスペンス映画
「インビジブルゲスト」を作った人。
でも脚本関わっただけで監督ではない…( ´△`)
こぉゆうの…ヤられるよねw
だからずっと先伸ばししてたんですよぉ…
ジャケットも嫌いそうな年頃の子供だしw

~乾燥した感想~
先程も言ったジャケットもタイトルも子供がらみな映画なのはわかる。
サスペンス映画なのでこの子供が誘拐されるのだけども、頭が凄く良いとか
少し影のある大人びた気持ち悪い子供だったりとか…そうゆうのではない。
[どこにでもいるただのバカなガキでした]まぁそれも良いでしょう…
その代わり、敏腕弁護士の母親や、熱血刑事達、不審な容疑者夫婦
元旦那的なおじさん、殺し屋的なコンビ、闘犬場を仕切ってる的な
黒幕的なただの夜のゴミ、母親の仲間してくれる人達と……
大人登場人物がまぁまぁ多い。
……「けど全員薄いw」ダラダラダラダラ進む感じで最後まで行く…


恐らくですけどね♪この最後の方でオリオルパウロさんに
「最後だけ書いてぇ♪どんでん返しっちゃってぇ♪」
って頼んだんだと思う( ゚∀゚)人(゚∀゚ )コータイ♪

気分取り直す為に、宮崎速雄の作品でも観よう(* ´ ▽ ` *)マッタネェ
浮遊霊

浮遊霊の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

おいガキ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
でも悪いのはママです
MJ

MJの感想・評価

2.1
ジャケット詐欺。
「消えた少年は果たしてどこへ?」
的な映画では無い。
母親がやけに年食ってるのが違和感。
まあストーリー的にそうなるか…。
少年がとてもかわいかった。
>|