ボーイ・ミッシング/消えた少年の作品情報・感想・評価

ボーイ・ミッシング/消えた少年2016年製作の映画)

Boy Missing/Secuestro

上映日:2017年08月03日

製作国:

上映時間:105分

3.1

あらすじ

その日、高名な弁護士であるパトリシア(ブランカ・ポルティージョ)の息子ビクトル(マルク・ドメネク)が負傷した状態で警察に保護される。ビクトルは通学途中で何者かに拉致され、自力で逃げ出したという。証言を元にモンタージュが作成され、前科者のチャーリー(アンドレス・エレーラ)が容疑者として逮捕される。しかしチャーリーは事件当日のアリバイを主張。パトリシアは安全のためにもチャーリーを勾留するよう警察に強…

その日、高名な弁護士であるパトリシア(ブランカ・ポルティージョ)の息子ビクトル(マルク・ドメネク)が負傷した状態で警察に保護される。ビクトルは通学途中で何者かに拉致され、自力で逃げ出したという。証言を元にモンタージュが作成され、前科者のチャーリー(アンドレス・エレーラ)が容疑者として逮捕される。しかしチャーリーは事件当日のアリバイを主張。パトリシアは安全のためにもチャーリーを勾留するよう警察に強く求めるが、ほどなくして彼は証拠不十分で釈放される。その夜からパトリシアとビクトルの身の回りでは不審な出来事が次々と起こりはじめる。それらがチャーリーの仕業だと確信したパトリシアは、再び警察に彼の逮捕を要求するも断られ、かつて裏稼業に手を染めていた友人ラウル(ホセ・コロナド)の元を訪ねる。ラウルのコネクションを通じてチャーリーを痛めつけ、警告を与えるよう依頼するパトリシア。しかしそのことが思いもよらぬ惨劇を招くこととなり・・・。

「ボーイ・ミッシング/消えた少年」に投稿された感想・評価

...がっかり。
中盤でもうホントにがっかり。

それでもまだ何かホントはあるのかと思って観続けたけど、メルケルみたいなおばさんの咆哮で終幕、という。

なんであんなカワイイ顔した子の母親役に色気のカケラもないおばさん使ったのかホントにナゾ。
観たよ



ごめん、途中でオチ読めた←

息子とはしっかり向き合おう
yoshimin

yoshiminの感想・評価

3.0
小さな嘘がどんどん広がって、色んな大人を巻きこんで大ごとになっていく話。

途中、母親の行動が行き過ぎ感否めないけど、、最後は、そうきたか!って感じにうまくまとめられた。
Sayu

Sayuの感想・評価

3.0
なるほど…( ̄O ̄)
二転三転…そういう事か~!
騙されたー笑
HIRO

HIROの感想・評価

3.7
なかなかのシナリオ。二転三転で、どこに転がっていくのか予測不可能だった。

ただヒロインのおば様が、もう少しゴツくなければ、より同情もできたのだけれど。(^_^.)
母というより、ややもすると祖母にしか見えなかったのが残念。そこだけは雰囲気に欠けるキャストでした。
nina

ninaの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

予告から想像してた内容とは全く違ってたけどこれはこれで面白かった。ボーイミッシング部分にもう少し尺欲しかったけど…。しかし元夫プロすぎでは。あんなプロ犯罪者と何がどうなって子供作る流れになったのか、そこが一番気になった。。
PD

PDの感想・評価

2.7
映像、俳優、ストーリー、どれも微妙でした。バカすぎる展開の連発でイライラしながら鑑賞。驚かされる事がほとんどないままジエンド。最後に少し盛り返してきたけど、それでも評価はイマイチです。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.0
子供の誘拐事件で母親が悪と戦う。みたいなストーリーかと思いきや、全然違った。
血生臭いスペイン映画ってやつ。
結局、元旦那にまんまとはめられたってことなの?
ラスト、ママが思い切り叫んでたけど。
HIDE

HIDEの感想・評価

3.3
今回脚本だけだったのかと勘違いしていました。
いろいろ張り巡らされ翻弄されながらも思考を働かせながら鑑賞するスタイルは一種の中毒性が自分の中で芽生え始めています。
でも、今回はもう少し欲しかったなー。
チャノ

チャノの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

バカな子供のせいで親がバカみる話。
後のことを考えず、
一時的な感情で起こした行動によって
ぬかるみにはまっていく。
でも、面白かったのは
主人公が最期に
下した決断さえも
逆手にとられ
最後まで主人公が
浮かばれないのが良かった、(笑)
>|