ザ・ヴォイド 変異世界の作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ヴォイド 変異世界」に投稿された感想・評価

SDSmovie

SDSmovieの感想・評価

3.5
『ザ ヴォイド 変異世界』
最初から最後まで不穏オブ不穏。舞台となる病院の外を不気味なカルト集団に抑えられ中では人間が変異した怪物に襲われるという攻守の連携が上手いカルトSFパニック。ラヴクラフト系が好きなハマりそうな映画でした。怪物は愛嬌があって可愛い。
NIRE

NIREの感想・評価

2.2
序盤の化け物と戦う展開あたり最高に面白くてこれは期待できる!!と思ってワクワクして見てたら中盤からの失速が酷すぎてクソ映画に変異してしまった…。
黒幕のだらだらした長台詞いらん、登場人物の過去のトラウマの掘り下げ浅すぎていらん。化物が潜んでる可能性ある薄暗い病棟せっかく歩かせるならもっと化物出して戦わせるとかあるでしょ。あとあの化物気持ち悪い見た目してるんだからもっとハッキリ映してほしい。照明チカチカさせるとか薄暗い部屋で誤魔化すとかしてるから怖さも半減する。
あと死者を蘇らせる研究?をしてたらゾンビもどきが出来上がる展開は分かるとして、いつのまに謎の異世界(あの世?)と繋がった…?
オカルトとモンスターパニックのちゃんぽんにするべきではなかったのでは。どっちの要素も微妙だし。
最高ヴォイ!

三角マークのビジュアルが強烈に印象に残る。シンプルイズベスト不気味。

低予算映画ではあるんだろうけど、作り手達の愛と情熱をビシビシ感じる。病院という限られた空間でスピーディーに展開が進んでいくし、クリーチャーもしっかり見せてくれる!しかも見せ方もこだわりが凄い!!オチも好き!!!

しかし、このポスターよりも、三角マークのゲートを崇めてるポスターの方がかっこいいのに...。
「寂れた病院 × カルト教団 × 異形の神々 × ヘルレイザー的悪夢」をMIXしたマニア垂涎のB級ホラー。

この映画はCGではなく昔ながらの特殊メイクやパペット、アニマトロニクスでクリーチャーを作っているという気合いの入ったもので、古き良き特撮クリーチャーの良さを現代にアップデートしようという気概が感じられる。

看護婦の顔中の穴から蜘蛛(?)の脚が生えてきてゲシャゲシャ蠢いてるのは遊星からの物体X的で素敵。

終盤の手術台のシーンも触手まみれのセットがとても気色悪く(誉め言葉)、主人公と奥さんをめぐる物語の捻りにインパクトを与えていて素晴らしい。

ラスボス(?)の設定や造形もヘルレイザーファン的にはニヤニヤさせられるオマージュがGOOD。

・寂れた病院系ホラー
・カルト教団系ホラー
・クトゥルフ系ホラー
・ヘルレイザーシリーズ
これらが好きな人には心の底からオススメする作品です。
クリーチャーフェチではないので造形の良さとかは分からないけれども…

クトゥルフ感は味わえた
かきあ

かきあの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ヴォイドって単語で触手やら宇宙的な映像やらをイメージした人なら観ましょう、つまりそういう映画です。

コズミックなあれへの理解があると無いとでは、多分評価が変わりそう。

カルト狂信者、古びた病院、キモいクリーチャー
個人的に好きな要素てんこ盛りなのでよし!
地球を侵略してきた宇宙人が〜みたいなSF作品かと思って見てたらどんどん最悪な展開が繰り広げられていって、最終的には飛んだ地獄絵図でした。
終わりも投げっぱなしジャーマンだったけど血みどろぐちゃぐちゃが見れたので概ね満足。
muu

muuの感想・評価

2.8
これは…どういうことだ???笑
んんー、ハラハラしたけど微妙。ぐちゃぐちゃモンスターパニックにカルトっぽさを組み合わせたかんじなんだけど、ナイフを持った白装束団体に外を包囲されていて出られないって設定がなんだかシュールでクリーチャー要素とかみ合ってないような気がしました。最後あいつらはどこに行ったのかもよくわからなかったし、とにかく謎な部分が多くてラストにモヤっとしました。

警察官の主人公が怪我をした男を妻の勤め先の病院に連れてきたら、ナースがいきなりクリーチャーに変異して…。モンスターパニックものにしては珍しく、明確な黒幕がいてそいつが原因スタイルなちょっとした謎解き要素とクリーチャーの造形や攻撃の気持ち悪さのおかげで途中で飽きることはありませんでしたが、後半カルト要素が強まるにつれてなんだかよくわからなくなってしまいました。見せたいシーンを切りとって繋げたような、とにかく衝撃的な絵を絶やさないようにつくられている印象だったので予告はすごく面白そうな感じにつくれそうだな〜と思いました。
粗茶屋

粗茶屋の感想・評価

4.0
マジで凄かった。展開を見せるタイミング、クラシックで懐かしささえ感じるグロテスク、クトゥルフ好き垂涎のシナリオ…

現代だからこそ増す魅(魔)力、ロッテン・トマト支持率78%のフレッシュ認定も納得のB級最高レベルSFカルト名作☺︎
NESS

NESSの感想・評価

3.3
クリーチャー、白装束集団、パニックになった人間達が病院内で繰り広げる現代のホラー映画。

映画が好きな人が、往年のホラー映画に純粋な愛を捧げているのが伝わる内容。そんな中でもコメディ要素はなく、シリアスな雰囲気のやつです。

しかし短めの尺で情報量がすごい。観客に終盤まで謎を感じさせつづけるのは映画で使われる一つの手法ですが、謎が多すぎて入り込めず...でも"なんだかかっこいい映像"は続くので、おもしろかった。
>|