ザ・ヴォイド 変異世界の作品情報・感想・評価

ザ・ヴォイド 変異世界2016年製作の映画)

The Void

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:90分

3.2

あらすじ

深夜のパトロール中、保安官のダニエルは血まみれの姿で閑散とした道路に立っている男を目撃する。ダニエルはその男を追って人里離れた田舎の病院にたどりつくが、そこにいる患者と病院関係者は何か「人間ではないもの」に変身しようとしていた。そんな中、銃を持った中年男と斧を持った若者も病院内に乱入、怪物を倒すも人間たちにも好戦的な態度を取る。さらに病院の外では大型ナイフを持った白装飾のカルト集団に包囲されてし…

深夜のパトロール中、保安官のダニエルは血まみれの姿で閑散とした道路に立っている男を目撃する。ダニエルはその男を追って人里離れた田舎の病院にたどりつくが、そこにいる患者と病院関係者は何か「人間ではないもの」に変身しようとしていた。そんな中、銃を持った中年男と斧を持った若者も病院内に乱入、怪物を倒すも人間たちにも好戦的な態度を取る。さらに病院の外では大型ナイフを持った白装飾のカルト集団に包囲されてしまう。病院の内外では怪物とカルト集団がうごめき、人間たちにも誰が敵か味方か分からない疑心暗鬼が渦巻く。逃げ場なしの絶体絶命の中で、ダニエルは生き残った者達を率いて何とかその病院から脱出しようと試みる…。

「ザ・ヴォイド 変異世界」に投稿された感想・評価

hideharu

hideharuの感想・評価

2.5
2018.7.4 DVDで鑑賞。
アストロン6の映画ということだけど自分には引っ掛かるものはナシ。

低予算映画だけれど誤魔化し方を熟知していると思う。つまり暗い、または薄暗い場面が多くてよく見えないのである。だからチープなSFXもハッキリ見えないし、暗いので見ている人の中には雰囲気があると勘違いする人もあるでしょう。

まず何かが起こっているけれど、それが何なのかさっぱり分からない。登場人物も「この人たちは誰なの?」って人が多すぎる。
病院に籠城後は「エイリアン」とか「ゾンビ」物の様な展開で既視感バリバリ。
ミニマムな世界観からの壮大なラブクラフト的な展開で何故かラストは「パラダイム」かよって感じ。

謎の白装束も何だったのかな?思い付きで映像化をした部分も多いのかもね。でもチープながらもSFXも頑張ってて取り敢えずは飽きる事なく最後まで見れました。

あとDVDのジャケはあまり良くないですね。知らなきゃ見ないタイプのデザインじゃないかな。
Beavis88

Beavis88の感想・評価

4.4
物体Xのパクリ的なキャッチコピーが踊っているがPV観たって『ん?どこが?』って感じ
ちょっとどんな映画か見当がつかない、宗教的なカルト映画かな?
さて....

ボクが手にするメディアではかなりプッシュしてたのでもう少し頑張って欲しかったのが本音
でも、思いついたシナリオの具現化ってとこではかなり頑張ってて素晴らしいと思う
B級にありがちなクリーチャーの全貌を見せずにカメラアングルやカットで逃げまくるような事をせず
頭の先から爪先までがっつりデザインして見せてくるのは勇気がいるw
デザインの良し悪しではなくて、これが出来るかどうかで観てる側は白けるので素晴らしいww

ちなみに物体Xなんてだれが言い出したんだ?
これは【クトゥルフ】からの【ヘルレイザー】オチで、やっぱり宗教カルトモノ
とても興味深く最後まで観れたけど
登場人物の関係性がイマイチわかりづらいので、これを呑み込む為には【遊星からの物体X】よろしくで前日譚を世に出してもらわないといけません
まぁ、少しSF色が強かった分だけ呑み込みづらいので、内容的にいくと個人的には【ラプチャー】の勝ち
トータルではこちらの方がダントツで映画してる
おもっくそ遊星からの物体Xじゃねえか!!
作り出すという発想はプロメテウスっぽさを感じた
Keengoo

Keengooの感想・評価

1.2
何故こんなにも高評価なのか信じられない。
同じ名前の作品でもあるのかな?
色んな映画の良い画を寄せ集めたような映画でした。
そして話しが全く意味わからず。
誰かちゃんと理解できる人がいるのなら教えてほしい。作ってる側ももうわけわかんなくなっちゃったんじゃないかと思いました。
レン

レンの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!信仰宗教の話だと思ってたけど、そこから包囲籠城微グロに異世界異形人体実験死の超越とおもしろ要素満載。最後のオチも絶妙で良かった!!また観たい!
itoman

itomanの感想・評価

4.0
黒魔術で異界化した病院でKKKみたいな衣装のカルト集団&患者で作り出された化物と戦う話。女神転生とかクトゥルフ神話とか遊星からの物体Xが好きな人は好きなんじゃないかなーと思います。病院の地下が患者を改造して作ったゾンビの巣窟になっているのですが、ちょっと生前の記憶があるのかないのか、壁の杭にひたすら頭を刺し続けるゾンビとか、死にたがってる感じの動きをしてるやつがいて、これは見たことなくて面白いなと思いました。
7ZEL

7ZELの感想・評価

4.4
友達のレビュー見てツボそうだったんで観た。説明的じゃない展開だけど納得できる内容だし雰囲気が不穏なのが好きだから観て良かった。
鑑賞直後、ブルーベリーソースのたっぷりかかったパン食いながらのレビュー。

うぉぉぉ、、、、。
「ハワイ出身横綱の上手投げ」ばりの力技だったわ。めっちゃ苦茶唐突に眼球に鋏ぶっ刺されてるわ、KKKの取説皆無だわ、マッドサイエンティストのじじぃはヘルレイザーだわ、主人公の警官はウォーキングデッドだったりと。上記作品やテラフォーマーズ、遊星からの~やら何やらをミキサーに掛けてストレッチャーにぶちまけましたけど何か、みたいな。

期待値が馬鹿高かっただけに全然でしたわ(萎)
ヒロキ

ヒロキの感想・評価

2.8
パトカーのランプに照らされる白フードの集団だったり、手術台の上で怪物化した妻だったり、いくつかのカットが雰囲気があって印象的だった

トラブルを畳み掛けて緊張感を煽るのは分かるが、序盤の、怪物が現れて逃げてきた所に見知らぬ2人組が来て、目を覚ました男が人質をとって暴れるシーンは、いろいろ起こりすぎてて、扉を挟んだ所に怪物がいる緊迫したシーンなのに笑えてしまった
B級ホラー。
厨二病全開

娘のッ、ためにッ、
俺はッ、神にッ、なる!
って感じ

モンスターの体から膿が超でる演出多かったけど、お願いだから膿出しきって…スッキリしたい…って思った
なんか、水ぶくれの中の水出しきれないモヤモヤをずっと追体験してた…笑
話の流れ意味わかんないし、誰?え?君は誰なの?とりあえず戦うの?死んだの?みたいな感じだったけどカルト世界だけ大切にしててウケた

とりあえずやっぱB級ホラーは友達と笑いながら観るものだなと確信した
>|