アポストル 復讐の掟の作品情報・感想・評価・動画配信

「アポストル 復讐の掟」に投稿された感想・評価

めがね

めがねの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

音楽が良い。
アンドレアが好きになった。
トーマスが最後に見ていた景色が印象に残る。
ホラーと言うよりサスペンス。

期待外れではあるが、

頭、くるくるシーンが
小劇場。
一度観て途中で寝ちゃって再挑戦
やはり寝てしまう
3度目の正直だったけど、観なくてもよかったかもしれない
後半の主役の目がちょくちょく怖い

スプラッタ要素も思ったよりあった
カルト、サスペンス、ちょっとスプラッタ、ちょっとファンタジー、、結構盛り込みましたねー。
といっても、無理なく詰め込んだ感じです。、でも、妹のカラミが少ないかなぁ、、。
上記ジャンルが好きな方はオススメ!
「カルト教団をぶっ壊す」的な映画だと思ってみたら、思ってたよりファンタジー要素強くて中々に面白かったと思いました!ただ所々もうちょっと深堀して欲しいポイントがあったかも!

カルト教団とか宗教団体って1度入ったら中々出ることが出来ない沼的な印象があるので自分も気をつけようと思いました!

あと、カルト教団にも優しい人はいるんですね!
万力やめてぇぇェェ

カルトホラーって狂気にみちてておもろいとおもうけどファンタジーも混ざってて賛否両論分かれそう🫣

ハッピーエンドだよな?😇
シ

シの感想・評価

2.0
ちょいむず
ホラーゲームみたいなストーリーと演出

描写は良い

このレビューはネタバレを含みます

カルトだけどカルト集団の恐ろしさは全然でてこないよ!ちょっとグロい!
権力を持つと怖いって感じ!
スパイのバレるバレない的なスリルはある。
ちゃんとみて考えないとなんやこれってなる感じします。


※絶対内容忘れてまた見そうなので詳しめに書いて被り見しないようにします。
私へのメッセージ【この作品は再度みなくて良いぞ】

トーマスは父なる神キリスト信仰師だったわけですが、義和団事件で俗に言う「神の沈黙」を経て、信仰を捨て妹のジェニファーを支えて生きてきた。

ジェニファーが連れ去られたことでカルト集団の島へ。

ジェニファーにとっての生きる支え(信仰)となるトーマスは島の女神によって「息子」と言われる点で母なる神の女神からの認めを得る。
最後はジェニファーを救ったことで元の女神に変わり島の一部(神)となることで救いを得るのかなぁ。って解釈したけどどうなの?笑

マルコムは確かに悪いことしてるけどなんとか島を守りたくて自分を犠牲にしてたわけだけど、クインは娘の一件からもう狂気的になっちゃって「まじムカつく元々俺が作ったねんでここ、お前ら俺を讃えろ」てな感じになって 
全て失った男クインよ、もはや大暴れ
家族って大切ね
マルコムは娘がいたから心保ってる感あるしな

カルトってか実際女神を讃えてるわけで悪いのはカルトでもなんでもなく人って怖いよね〜な映画でした。
信仰とは集団とは神とはに重点を置いてる感じなのかな
Kaikai

Kaikaiの感想・評価

3.0
これもバイオハザードヴィレッジ風
途中までなかなか面白くて没入した
神の設定もうちょい深掘りして欲しかったかな
惜しい作品
演技も良い
あと世界観 本土がどうゆう世界かよくわからなかった
王って言ってるってことは結構古いのか?

ホラーってかミステリー
サイコって感じでもなくて
変な宗教と神的なやつが居て
とにかく宗教観や説明が足りずに惜しい映画かな
個人的にかなり好きな系統
>|

あなたにおすすめの記事