逆殺館の作品情報・感想・評価

逆殺館2016年製作の映画)

From a House on Willow Street

製作国:

上映時間:87分

2.7

あらすじ

両親を亡くし孤児院で育ったヘーゼルは、人生を取り戻すために身代金誘拐を企てる。エイドら仲間たちとダイヤの元締めであるハドソン家に忍び込み、首尾よくひとり娘のキャサリンを誘拐。身代金として300カラットのダイヤをせしめようとする。しかし、キャサリンを廃墟に監禁しハドソン家に電話をするが、一向に誰も出ない。エイドらが様子を見に再びハドソン家に忍び込むが、そこにあったのはハドソン夫妻と神父の死体だった…

両親を亡くし孤児院で育ったヘーゼルは、人生を取り戻すために身代金誘拐を企てる。エイドら仲間たちとダイヤの元締めであるハドソン家に忍び込み、首尾よくひとり娘のキャサリンを誘拐。身代金として300カラットのダイヤをせしめようとする。しかし、キャサリンを廃墟に監禁しハドソン家に電話をするが、一向に誰も出ない。エイドらが様子を見に再びハドソン家に忍び込むが、そこにあったのはハドソン夫妻と神父の死体だった。一方、廃墟でキャサリンを見張っていたヘーゼルだったが、キャサリンの様子が何かおかしい。彼女は、「私を解放しないと、全員が死ぬことになる。」とヘーゼルに伝えるが…。

「逆殺館」に投稿された感想・評価

shirase

shiraseの感想・評価

2.5
そんなに面白くないかもしれんけど気になる…借りちゃおってしたけどあら?ほんまにそんなに面白くなかった
グロくない怖くないストーリーもはて?てなること多めカメラに血飛ばすのは好きやで
返り討ち系のホラーでした。『ドント・ブリース』以降、こういうの増えてるみたいですね。

映像の質感とか色とか?キャラとかビジュアル面はめちゃ好みでした。南アフリカの映画ということもあるのか、構図なんか見たことのない感じが多くて楽しかったです。CGにリアルさはなかったですが、使い方はよかった気がします。

けどストーリーが…笑
つじつまとか気になる人には絶対ムリなレベルでした。わりと考えない私も苦笑するレベルでしたし。ビジュアル加点したらスコア3.0になっちゃいましたが2点台が順当かなって思います。何かと演出がワンパターンなのがちょっと…

南アフリカ産の映画だったので、風景を楽しみにしてたんですが風景描写はなかったです。ちょっと残念。あと黒人が出てこなかったことに何となく『あー…』て悟ったり。

監督さんがどこの人か知りたくてググったけど写真が一枚出てきたきりだったんで、しょうがないから見た目で南アフリカ人と推定させて頂いております。アメリカ映画が好きなのはよく伝わってきました。ちょっと前のアメリカ映画をお好みなのか、懐かしい演出が多くて楽しかったり苦笑したりでした。サイコキネシスで宙に浮くとか今の技術で見るとかえって新鮮でした。

あとアメリカの警官が懐中電灯とピストル持ってるときの手を交差させるやつ?
あれをならず者たちがやってたのもおもしろかったです。あれカッコいいですもんね。もし私が映画監督になれるんだったら邦画なのにあれをやりたいです。笑


あ…スコアですが、私の場合3.0未満ってあんまりないのでほんとにお気をつけ下さい…
怖くないけど発想が面白い

特殊メイクが良かった
娘の充血した目とかこびりついた血とかがヤバ良い
ただ、ヤバさが良かっただけに、(あんな、あからさまにヤバげな女を誘拐するなよ…)となる
霊?のグロめなビジュアルも◎

終盤の展開は変だけど結構熱い
ただ、設定の割に盛り上がりに欠ける気がした
健多郎

健多郎の感想・評価

2.0
誘拐した相手がやべーやつだったはなし

近年増加傾向にある、悪人が襲った相手に反撃されて痛い目見る系ホラー
これもそれ系だと思って借りたんですが、思ってたのと全然違いました…
まさか悪魔・悪霊系だったなんて!
おかげでちょっと肩透かし食らいました

まあそれでも怖ければ結果オーライなんですが、これは実に怖くない
驚かせる系としても怖がらせる系としても中途半端
少なくとも驚かせる系に振り切った映画じゃないだけマシではあるんですけどね(驚かせることしかしてこないホラーは嫌悪の対象です)

痛い目にあう犯罪者達が揃いも揃って仲間思いの良いヤツらってのもマイナスですかねー
誘拐を企てるような犯罪者なんですし、一人くらいはがっつりとゲスいヤツもいてくれなきゃダメですよ!
惜しいというより、中途半端という印象の映画でした
誘拐される娘のビジュアルはホラー映画的な意味で良かったんですけどねぇ
邦題で損してる感じもするなあ…
「マトリックス4?」

富豪の家に押し入った4人組の狙いは、そこに住む娘の誘拐だった。
娘を素早く連れ出し、両親が隠し持っているダイヤを要求する計画。
娘の拉致までは簡単だった。
しかし、両親に連絡しようとするが、つながらない。
不審に思った犯人グループは、2人を再度屋敷へと向かわせる。
そこで犯人は驚愕の事実を知るのだが・・・。

■「何故この設定でそんなに面白くないのか」

いや、面白かったのか面白くなかったのかと言えば、
多分面白かったんだろうと思う。

けど、なんかノリきらないんだよなぁ。

元々、バイバイマンをディスカスで借りる時に、
抱き合わせでもう一本借りるのを探してる時に見つけた。

ディスカスは2枚で一回配送やからね。

で、予告漁ってたら、設定も映像も悪く無さそうやったんやわ。

どこまでネタバレになるかはわからんけど、
予告でわかる範囲なんで言っちゃっていいと思うんやが

・・・誘拐された娘が悪魔に憑かれてるんですわ。

で、誘拐犯が襲われるってね。

誘拐された娘が悪魔に憑かれてたとかって、
誘拐される悪魔もどうよとは思うけど、なかなか面白そうやん?

ワナオトコやドント・ブリーズみたいな、
なんつーか悪さしようとした悪党が痛い目合う的な。

実際は若干違うんだけど、なかなか良さそうな設定。

映画始まった後も、若干、演出がしつこいなって思うところがあったくらいで、
割といいクオリティで物語が進んでいく。

ただなんかね・・・単調になるんだよね。

設定どおり話は進んでいるし、演出自体もホラーのお手本的なもんやろし。

逆に言えば、ポイント、ポイントはちゃんと設定通り進んでるんやけど、
それ以外の余白の部分つーのかなぁ、工夫が無かったというか、何もなかったかな。

ホラー演出も同じ手法を延々と繰り返してるしね。

まぁ、バイバイマン観た勢いで観ないと、また1年くらいレンタルしたままになってまうと思って、疲れてるけど無理やり見たのも原因やが、眠くて仕方なかった。
(本作とバイバイマン借りる前にレンタルしたのが、ほぼ1年前やった)

なんとも惜しい作品。

■「ホラー見てたのかアクション見てたのか」

こらもうあかんなぁって思ってたら、
なんか映像がどんどんアクション映画的になってきて、
つーかこれマトリックスじゃない?っていう絵もありつつ。

別にワイヤーアクションってわけじゃないけど。

最後の炎のアレが出てきたときはちょっと笑ったけど、
それやったらもう最後マトリックスみたいにして欲しかったかなぁ。

宙にも浮けるしね。

悪魔祓い映画で宙に浮くシーンたまにあるけど、
あれ見るとドラゴンボール的に見えるから、あんま怖くなくなるんよねぇ。

壁を虫みたいに這ったりする方がいいと思うんやけどなぁ。

そういう意味でも、本作の悪魔少女は死霊のはらわたを彷彿とさせる顔やったものの、
動き的な気持ち悪さも足りなかったかなぁ。

そういう意味ではやっぱ出汁の無い味噌汁みたいに、
完全に肝心な何か物足りない映画やったんやろうと思うわ。
taka

takaの感想・評価

3.0
暇なんで観てみました。
思った以上にB級ホラーとしては完成度が高く面白かった。基本詰めこみ過ぎで回収もできずようわからんのはご愛敬(笑)俳優さん達もなんかいい感じで楽しめました(笑)
バイオばりの触手だらけはより映画をチープにしてたね!
残虐性がぜんぜん無い。

この悪魔やってること可愛いな。

いったい何が出来て何が出来ないの。
派手めなアクションで恐怖より
カッコよさが目についちゃって
設定の割に今一つ盛り上がらず。

グロシーンはけっこう怖いけど
どう加工しても美人は怖くないで候。

このレビューはネタバレを含みます

身代金誘拐、悪魔憑依、サイキック、触手、何やら色々なものを見せられた印象。

悪魔や幽霊のビジュアルは良かったけど幽霊の出現がワンパターンであまり怖くはなかった。

気になったのは、あの人質の悪魔娘は銃弾を受け止めるパワーがあるのに、なぜ拘束されてる手錠が外せないのだろうか。ラストの触手プレイ?は怖いどころか笑いが(^ω^)

まあまあでした。
なぽり

なぽりの感想・評価

2.7
返り討ち!誘拐した娘は○○だった!って○○は想像つきますがな。憑きます!
悪魔って拘束に弱いよね。物を動かしたり幻影見せたりできるのになぜ拘束を解けないのだろう?
最近よくある「恐れ」や「トラウマ」につけ込む系というのも食傷気味。
その長いべロはなんなんだー!!物理的に何かしなくても操れるんじゃないのー!?
おどろおどろしい幽霊は実は…っていうのもよくある。
なんかそうじゃないんだよなー。しかし、どう料理したら良くなるのか?うん、難しい。
バーンっ!て脅かすのはよかった!
>|