逆殺館の作品情報・感想・評価

逆殺館2016年製作の映画)

From a House on Willow Street

製作国:

上映時間:87分

2.6

あらすじ

両親を亡くし孤児院で育ったヘーゼルは、人生を取り戻すために身代金誘拐を企てる。エイドら仲間たちとダイヤの元締めであるハドソン家に忍び込み、首尾よくひとり娘のキャサリンを誘拐。身代金として300カラットのダイヤをせしめようとする。しかし、キャサリンを廃墟に監禁しハドソン家に電話をするが、一向に誰も出ない。エイドらが様子を見に再びハドソン家に忍び込むが、そこにあったのはハドソン夫妻と神父の死体だった…

両親を亡くし孤児院で育ったヘーゼルは、人生を取り戻すために身代金誘拐を企てる。エイドら仲間たちとダイヤの元締めであるハドソン家に忍び込み、首尾よくひとり娘のキャサリンを誘拐。身代金として300カラットのダイヤをせしめようとする。しかし、キャサリンを廃墟に監禁しハドソン家に電話をするが、一向に誰も出ない。エイドらが様子を見に再びハドソン家に忍び込むが、そこにあったのはハドソン夫妻と神父の死体だった。一方、廃墟でキャサリンを見張っていたヘーゼルだったが、キャサリンの様子が何かおかしい。彼女は、「私を解放しないと、全員が死ぬことになる。」とヘーゼルに伝えるが…。

「逆殺館」に投稿された感想・評価

燃え盛る炎に包まれ焼け落ちていく一室、写真立てが熱で割れた瞬間に目覚め悪夢にうなされていたことに気づく女性、手許の携帯が鳴り応答すると男性の声、ってところから始まる「なぜその歌を知っているの?」ってお話

惜しいねぇ、いつものことだけどストーリーやCGは頑張ってるしグロ描写もそれなりなんだけど、イマイチ怖くないんだわ、うん


「俺たちを見捨てて逃げるのかよ!?」

逃げずに助けてくれる

「よし、逃げよう!」

助けてくれた仲間を見捨てて逃げる


このシーンが一番面白いとか、どうなのよ(汗⤵︎

けどまぁ、特に観るものないよねって時にちょっとホラーでもって感じで観るにはいいんじゃないかなぁ(適当)
予告とジャケは良いのに中身は惜しい(´Д`)
びっくり系たまに触手なホラーです☆

主演は『サプライズ』の最強彼女シャーニ・ヴィンソン♪
が、ケイト・ベッキンセイルの劣化版みたいになってた……
まぁアップシーンでなければ耐えられますw

銃の構え方は皆さん素敵♪
片手撃ちは…良しとしましょう。
でも、あの懐中電灯の構え方は駄目だと思うな~



ヘーゼル(シャーニ・ヴィンソン)と仲間3人は、ハドソン夫妻の娘キャサリンを誘拐する。
300カラットのダイヤモンドと交換だ!
と電話をするが、どうも様子がおかしい。
再度家を訪れると、なんと夫妻は娘の誘拐前に殺されていた。

一方、キャサリンを監禁している倉庫でも、奇妙な現象が起き始め……



キャサリンの雰囲気は良い!
ケッチャムの『ザ・ウーマン』みたいだし、大きな瞳が美しかった☆

途中出てくる、『ムカデ人間』のマーティンぽい半裸おじさんもキモい♪

エンドロールが逆に流れるのもセンスが良いと感じました。

が、面白くはないんだよなぁ…
せっかくの触手にょろりんパートもインパクトに欠けるし。

懐中電灯も、誘拐に忍び込んだ家の中で、チラチラさせすぎ!
上向けたら外からバレるでしょーが!!
銃は異様にピシッとキメて構えてるのに、残念でした。。。

そんなわけで、特にオススメは出来ない作品。
yotsuhisa

yotsuhisaの感想・評価

2.5
‪「逆殺館」"オカルト"返り討ち映画。身代金目当てに誘拐した娘が、実は…。本作ではX-MENばりのサイコキネシスを使って襲い続ける娘と誘拐犯たちの中途半端なバトルを見ることができるし、何よりムチムチお肉ちゃんがすげぇ怖い。それだけでも見てほしい作品!‬
ネム

ネムの感想・評価

-
笑っちゃうほど念力強すぎだし、パニクってるやつにハンドルを握らせるな(怒)
倍速で見ても大丈夫作品。
途中飽きるし、変なの口から出しちゃう最悪なパターン。なんといっても主犯格の女の人が苦手
悪魔憑きから、クリーチャーものから、侵入報復ものから、なんやかんやと詰め込み過ぎ感が、、

予告やレビューで期待し過ぎた分、ちょっとがっかりな作品。まあ前日観たITの反動もある、、
るん

るんの感想・評価

2.0
あの移るやつREC思い出した

弾止めるとこダサくて笑った
テンポがいいなぁ。
ただ、終盤はもっと盛り上げが欲しいなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

サプライズでキュートな傭兵?を演じたシャーニ・ヴィンソンが今度は悪魔憑きの少女に返り討ちにあうという話。

誘拐犯それぞれのトラウマを見せ付けるという悪魔ならではの嫌がらせ。
どれもこれもビジュアルがグロい。
グロい・・・のだけど、どうも日本人は「悪魔つき」という恐怖はあまりピンと来ないので、怖さが伝わってこない。

ラストは、エリン(違うけど)が覚醒して悪魔憑きの頭をガンガン叩き、挙句の果てには燃やす所が格好良い。
・・・が、それだけの映画。
ホーク

ホークの感想・評価

3.3
懐かしいテイストが逆に新しく感じる製作陣の気合いが伝わってくる出来。
ラストはもう一盛り上がり欲しかった。
>|