ちはやふる 上の句の作品情報・感想・評価

ちはやふる 上の句2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱…

綾瀬千早(あやせちはや/広瀬すず)、真島太一(ましまたいち/野村周平)、綿谷新(わたやあらた/真剣佑)の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷へ戻り、はなればなれになってしまう。「新にもう一度会いたい。会って『強くなったな』と言われたい。」千早の想いが情熱に変わるとき、百人一首の世界のごとく、世界が色づき始める。 高校生になった千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設を決意、高校で再会した太一とともに、部員集めに奔走する。呉服屋の娘で古典大好き少女・大江奏(おおえかなで/上白石萌音)、小学生時代に千早たちと対戦したことのある、競技かるた経験者で肉まんくんこと、西田優征(にしだゆうせい/矢本悠馬)、太一に次いで学年2位の秀才・机くんこと、駒野勉(こまのつとむ/森永悠希)を必死に勧誘、なんとか5名の部員を集め、創部に成功。初心者もいる弱小チームながら、全国大会を目指して練習に励み、東京都予選に臨む。 千早の新への気持ちを知りながらも、かるた部創部を応援し、部長となった太一。彼もまた、新に勝たなければ前に進む事が出来ない。「千早に自分の気持ちを伝えたい」——。 千早、太一、新、そして瑞沢高校かるた部の、まぶしいほどに一途な想いと情熱が交錯する、熱い夏が来る。

「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

kaya

kayaの感想・評価

3.5
主題歌が良いな。
原作読んでたから内容は知ってたから驚きとか感動とかはほとんどなかったけど、矢本くんが肉まんくんでいいかんじやった。
FUU

FUUの感想・評価

2.8
上の句、あまり引きこまれず。。
役者に興味ないのもあって途中寝落ちしながら見ました
靄

靄の感想・評価

4.0
広瀬すずがとりあえず可愛かった。

内容も爽やかな青春を駆け抜けてる感じで良かったです。
敵の高校がちゃんとしてるのも好印象でした。

どんな競技でも皆それぞれ必死になる理由があるけど、やっぱり根底は好きだからなんですね。
原作未読。
熱い青春カルタムービーでした。

高校生ならではのメンタルの弱さ、言葉の無責任さ、葛藤があり、また高校生ならではの連帯感や勢いやノリがきちんと表現されており、とてもリアリティがある。

ラストバトルはとても迫力があり◎。見せ方・魅せ方が上手い。音もいい。アクション映画を観ているような気持ちになる。

ワガママを言えば、この手の作品はトレーニングシーンが大好きなので、そこがもう少し欲しかった。

初めて広瀬すずが可愛いと思った作品でもある。
しゃも

しゃもの感想・評価

4.2
なんとなく見てみたが、かなりおもしろかった。最後の試合に関しては見入ってしまうほどだった。テンポよく青春が進んでいき、見ていて気持ちが良かった。
高校の一番楽しいときを過ごす学生生活がとても生き生きと描かれてた。
あづ

あづの感想・評価

3.6
青春って感じがひしひしと伝わって感きわまるところがある
上の句が一番いい
SaeKozuka

SaeKozukaの感想・評価

3.0
野村周平くんってこんなにかっこよかったんだ………

あと私は机くんが好きだ…
かわ

かわの感想・評価

3.5
なんだかんだ気になってた映画のひとつ。
上映中はタイミング逃して見れずやっと地上波で放送してくれた。
野村周平のビジュアルが良すぎる。
かるた叩きに行くときのみんなの姿勢がかっこよくて好き。
たつ

たつの感想・評価

3.6
競技かるたの迫力が思ってた以上にすごい。そして何より百人一首って中学生以来やってないけど、すっごい懐かしい気分になりました。耳にしたことある歌もあって思わず、「あ!」ってなったり。漫画もアニメも見たことなかったけど、触れたことのあるジャンルだからこそ世界観にどっぷりのめり込める作品。何が言いたいかと言うと広瀬すずが可愛かったの一言。
>|