ちはやふる 上の句の作品情報・感想・評価・動画配信

ちはやふる 上の句2016年製作の映画)

上映日:2016年03月19日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ちはやふる 上の句」に投稿された感想・評価

ALLORA

ALLORAの感想・評価

4.0
原作とアニメのファンだったので、実写化と聞いた時は主演がちはやと似ても似つかぬ広瀬すずと言う事も手伝って不安しかなく、劇場公開時は観るのを見送った。
後に地上波でやっていたのを観て驚いた。映画用に話をまとめてはいるが、世界観は紛れもなく「ちはやふる」だった。
その後、地上波で下の句、結びと見て気に入ってたので最近三部作をBlu-rayで購入し、上の句を本日観た。

漫画原作の映画って、多少なりとも原作を意識して漫画的な大きい芝居をしがちだけど、この映画は一切そういう所がなく、あくまで等身大の演技で好感が持てた。
青春映画なんだろうけど、話の核に「競技かるた」が有るので、ハイスピードカメラを駆使し競技かるたの凄さを伝えようとしてる点も良かった。

野村周平はこの時はまだ演技が上手いとは言えず、観ていて歯痒かったが、真剣佑は新そのもので驚いた。それ以上に上白石萌音演じる大江奏はリアル奏。ここまで漫画のキャラそのものなんて、昔の映画「20世紀少年」の木南晴夏演じる小泉響子を見た時以来の衝撃だった。

この作品は本当に観ていて気持ちが良い。
横山克さんのBGMも本当に秀逸。甘酸っぱくも真っ直ぐ届く心地良いBGM。
seckey

seckeyの感想・評価

-
部活でしか流せない涙、仕事でしか流せない涙、あるよね。苦しんだ人にしか見られない景色があるように、痛い想いをした分だけ優しくなれるように、流した涙は人を濃ゆくするんだと思う。
わさ

わさの感想・評価

4.3
原作は未読。
よかった!もうめちゃくちゃよかった!!
青春モノだから少々クサい部分とか気恥ずかしい演出もあるんだけど、それを上回る熱と勢いが気持ちの良い映画だった。
個人的に戦略として捨て駒扱いされた机くんが「出会わなければよかった!」と泣くシーンで感情移入しすぎて号泣してしまったんだけど、出会わなければ確かに傷つかなかった、でも出会ったからこそ得られたたくさんの景色はなにものにも変え難いものなんだよね。
人が一番美しく見えるのは、何かに真剣に取り組んでいる時である。

大江同様、競技歌留多自体は、私はあまり好きではない。百人一首は、歌と絵を楽しむ為のものだと思っているからだ。しかし競技にすると、それらより枚数と速度がどうしても最優先になってしまい、絵や内容はどうでもよくなりがちだ。

しかし一本の映画として観た場合、なかなか面白い。超王道スポ根ストーリーを現代アレンジし、笑える箇所も多目、私の大好物の方言もあり、ライバル対決、青春ドラマと盛り沢山で飽きさせない作り。掛け値無しで映画作品としては完成度が高いと思う。

演技が拙く、大袈裟なリアクションも多いが、それを補うパワーがある。

さて下の句はどうなるか?
HiNaTa

HiNaTaの感想・評価

4.0
1番おすすめな映画まじでカッコイイ。そして可愛い。もういいところしかない。下の句。終の区も合わせて是非
Kaori

Kaoriの感想・評価

3.9
原作途中で断念しちゃってたけど、
映画はコンパクトに面白いとこがまとまってて見応えあった!!!
競技かるた熱いな〜〜青春!後編も楽しみ!
Hiro

Hiroの感想・評価

4.3
百人一首ってこんなに激しいスポーツ競技なんだと驚いた。美しい和歌と青春スポ根が融合してとても爽やかな作品!

最高に広瀬すずを楽しめるのがGOOD!劇中の千早はインスタライブではしゃぐ広瀬すずそのものでした笑

もうちょっと各部員のエピソードがあれば大会での感動がもっと感じられたのにと思いましたが、そこは原作を読む楽しみでしょうか。

百人一首について全く知らないけど、テクニックや心理描写もあってなかなか奥が深い。肉まんくんがスローで札を弾くシーンかっこいい、そして運命戦て言葉凄く美しい。

てか肉まんくん普通に強いのに扱い雑なのがウケる笑
tipsy806

tipsy806の感想・評価

3.8
良い評判は聞いてたけど、噂に違わぬ映画で、極めてよくできているのではないか。原作が良いのもあるだろうけど、映画としての見せ方が素晴らしい。
競技かるたに青春を捧げる高校生。意外にも奥が深いかるたの世界。共感しやすい場面や感動的な場面の配置が、夢中にさせる。10代でこんなにも熱中できる事があることは素晴らしく、また高校生ということから爽やかで清々しい。
そして広瀬すずがコミカルに動いているのを見ているだけで楽しかったのである。前編だけでも物語はまとまっていると思うほど。
かるたが大好きな高校1年生の千早が、かるた部を設立し、幼なじみの太一を始め5人のチームで東京都大会優勝を目指す青春物語。漫画原作。

シンプルに青春っていいなと思った(笑)
漫画原作ということもあって(原作は読んだことないけど、、、)ストーリーやキャラがしっかりしてるし、演出や音楽もバランスよくできてる印象。

広瀬すずも千早にすごく合ってると思った。オープニングとかのアニメーションもすごく綺麗。
えむら

えむらの感想・評価

3.8
ストーリー ★★★★☆
キャスト ★★★☆☆
サウンド ★★★☆☆
フィナーレ ★★★★☆
リピート ★★★★☆
>|