覆面系ノイズの作品情報・感想・評価

覆面系ノイズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称…

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称イノハリ)のボーカルに誘われた仁乃は、新たに歌う場所を得て、その歌声に磨きをかけ、もう一人の会いたい人・モモに声を届けるため再び歌いだす。 そんなある日、モモらしい人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションを発見!果たして、それは本当のモモなのか?仁乃、ユズ、モモそれぞれの溢れる想いが、周囲も巻き込みながら動き出す…!

「覆面系ノイズ」に投稿された感想・評価

M.K.

M.K.の感想・評価

2.6
中条あやみちゃん主演という事で漫画は知らないけど鑑賞。
タイトルとゴスロリ?眼帯のジャケの先入観から、ゆるめるモ!×非常階段みたいなサウンドを金切り声で中条あやみちゃんが歌い上げるのを想像してたのだけれど、恋の三角関係を少しファッションがオリジナルなバンドを混ぜて繰り広げるバンド系青春ラブストーリーだった。

歌のシーンとかあやみちゃんすごいなぁとか、ボクテで知った志尊淳クンは多分ギター弾けるんだなぁなんて思って見てたけど、覆面やらノイズというキーワードはあまり当てはまらなかった。
あと2時間いらないかな?

そういう意味だと日々ロックと二階堂ふみちゃんの方がこの映画のイメージ通りだった気がする。
アップそんなにいる…?
音楽と鎌倉好きです。ひーびーけーーー
原作未読なので映像でしか語れないですが、この高校生バンドはそこそこ売れてて初めてテレビに出ますってなったときにはボーカル変わってるわけなんですが、ファンがめっちゃ盛り上がってるというテンションがわからん。ボーカル変わってるのよ。あとこのての作品の男は絶対いねーよこんなやつだし、女は何様みたいなのばっかりじゃないですかね。
結局、MAN WITH A MISSIONが良いって映画です。彼らの曲は良かった。そこだけですかね。
aya8

aya8の感想・評価

-
映画はさておき、中条あゆみさんは女優がやりたいのかな?
歌も上手だし、そのうち市川実和子さんみたいな女優さんになるのかな^ ^
とりあえず、顔ちっちゃー^ ^足ながー^ ^
カノ嘘路線かな。

なんだこの美男美女の世界。
そしてやぼったい。

何度か背中がぞわぞわってなった。
mami

mamiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

歌声よかった!
でも、ライブのところは口パクだった気がした。声と唇あってなかったから
そこだけ気になった!
よかった、ゆずが結ばれて💘
Kaz66

Kaz66の感想・評価

3.2
原作コミックは未読。
「やっぱコミックの方がいいー」になりたくないので…。
中条あやみちゃんがカワイイ!でいいんじゃないの。色んな映画で二番手感を上手く演じるの真野恵里菜も良かったですよ。
どうせなら、vo.ニノ/g.ユズ/b.モモ/dr.クロ のイノハリを見てみたかった。
イノハリのメンバーは実際に演奏もしてるみたいだけど、小関くんは弾けないのかなー?
MWAMの楽曲、あやみちゃんはカッコいいけど、イノハリの演奏シーンはもうちょい頑張ろう!
俺には難解すぎてよく分からん。
共感でなかっただけ?いや、違う。俺は間違っていない。「アリスと呼んでいいのは俺だけだ。」なんて彼氏でもない奴が言い放ったこの台詞が頭から離れない。まあ本作がどんな感じなのか、この台詞を聞いてもらえば分かりますよね。ただただウザい。そして映画としても最悪。右肩上がりの中条あやみを起用したのは間違いではない。普通に歌も上手いし演技もいける。ただ中条あやみを推しすぎたせいでクロースアップが見飽きるほどある。芸能事務所の詳しい事は分からないが、中条あやみをこういう風に映せだの、もっと映せだの言われたのでは?それがもし制作側独自の判断であーいったカメラワークになったのなら大丈夫か?ってなる。あと言うまでもないが音楽映画と恋愛映画を普通は上手く織り交ぜて完成させるのに決裂していた。中途半端とはこういうこと。
小関裕太目当て。ユズが泣きながら海に向かって叫んでるとこ良かった。あとから撮影裏話とか聞くの好き。
あやみちゃん顔ちっちゃい、可愛い。
予習のために漫画全巻読んだから、全然2時間では足りなかった〜(TT)
よくある「漫画のほうがよかった云々」て言ってる人の気持ちが初めて分かった、でも可愛いし格好いいし音楽とても良いし満足
モモの可愛い子役、最近見た「僕だけがいない街」の子役と一緒な気がする
Rachel

Rachelの感想・評価

2.0
実写は漫画原作を超えない。
実写と漫画原作は別物。
そう割り切っていたとしても、やはり原作が好きなだけに残念な気持ちでいっぱいでした。

もし原作を読んでいなかったら楽しめたかもしれません。
そして鑑賞後に原作を読んだら、原作はもっと面白い!!って思えたでしょう。
原作の良さが描ききれていない分、原作からの実写で久し振りに心苦しくなりました。
途中で、観てられないかも……と思ってしまうぐらい、自分には合いませんでした。

中条あやみは悪くないし好きよりの方なんですけど、やっぱりニノじゃない。
原作のニノがニノ過ぎて。
じゃあ誰が演じればいいのかって聞かれても正直わかりません。
だってニノはニノだから。
きっとどこかにこの気持ちをわかってくれる人はいるはず。
>|