覆面系ノイズの作品情報・感想・評価

覆面系ノイズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.2

あらすじ

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称…

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称イノハリ)のボーカルに誘われた仁乃は、新たに歌う場所を得て、その歌声に磨きをかけ、もう一人の会いたい人・モモに声を届けるため再び歌いだす。 そんなある日、モモらしい人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションを発見!果たして、それは本当のモモなのか?仁乃、ユズ、モモそれぞれの溢れる想いが、周囲も巻き込みながら動き出す…!

「覆面系ノイズ」に投稿された感想・評価

sarinuhe

sarinuheの感想・評価

2.7
まぁ、こんくらいよな。
漫画原作の恋愛映画って。
中条ちゃんは可愛くて歌上手くってよかった!!
みゅー

みゅーの感想・評価

3.0
映画館にて。歌のシーンはよかったのに、ストーリーにモヤモヤ。原作が好きな分、残念。
友人に誘われて鑑賞

少女漫画原作映画ならこんなものかな
といったクオリティ

原作読んだことなかったので
ふつうに少女漫画原作映画としていいとおもったけれど

原作読んだ友人は受け付けなかったそう

そして途中あまりのクサさに
爆笑してしまうシーンがあった←

中条あやみが美しすぎる

その子供時代の子役も愛らしすぎる

音楽はマンウィズ監修です
元犬

元犬の感想・評価

3.0
主人公のぶっ飛び感は仕方ないとして、思いのほか楽しく見れた。小関裕太の髪ふわ感とスタイルの良さは少女漫画から飛び出してきたようで、尊いね..。鬱陶しい女の恋敵が居ないのも良かったポイントなのかな。
むかし原作が好きで読んでいたので、実写化が気になり鑑賞。
モモがかっこいい!!
元々深桜が主人公よりも好きだったけど、映画の深桜も歌が上手くて可愛かった。
劇中でしか聴けない深桜バージョンのハイスクールが好き。
中条あやみちゃんは歌が上手くて驚いた。
劇中の曲はどれも良かった。
ストーリーは微妙。
ラストも意外性もなくイマイチ。
ユズはかっこいいけど、背が高くて睫毛短いので漫画と違って違和感がありました。
音楽はいいけどストーリーがいまいちでした。
やっぱり音楽系の映画好き
と改めて思った!!
演技と同じように歌も心こもっていました。
伝わりました🐹
.
ユズの素直になれない感じがとても可愛いかった☺️
キスした後、ちょっと間があって
「びっくりして涙止まったでしょ」に
きゅん。
.
原作ちょこっと読んだことあるけど
キャスト、合っている=\( 'ω')/
特に志尊くん、ぴったし🐰
TAKA

TAKAの感想・評価

4.3
2017-221-171-050
2017.12.19 大阪ステーションシティシネマ Scr.5

・シンプルで繊細で力強くて
長いMVみたいな映画(誉めてます)
・ファンタジーのフィルター
・煌めくキャストの魅力

TAKA偏愛映画第一弾!( ̄▽ ̄)b!
(もっといいネーミングないのか?f(^_^;)

最初にお断りしておきます。
本作のスコアは、
か~な~り!(©️ゼロノス・笑)
個人的好みが入ってますf(^_^;
その点ご留意くださいm(_ _)m(笑)


さて。

シンプルで繊細で、でも力強くて。
素敵な作品でした(^_^)
長いMVを観ていたよう。
(誉めてます(ФωФ))

MVと表現したのは、
画面と音楽とストーリーが一体となって、シンプルで美しい作品世界が創造されていたって意味です(^_^)

物語やキャラがシンプルで、良くない意味で漫画的ってご指摘がありそうな作品ですが、

個人的好みにバッチリ嵌まってました
( ̄▽ ̄)b!

まるでファンタジーのフィルターを通したかのようなソフトフォーカスな映像が

中条あやみの妖精のような美しさを際立たせて
志尊淳の天使のような優しさを浮かび上がらせる

表情で全てを表し
テンポ良く、美しく
画面が展開していく。

シンプルに
恋の行方を見守り
可愛さに微笑んで
音楽を楽しみ
優しさに涙して
暖かい気持ちで劇場を後にしました(^_^)

中条あやみの美しさ
凄いよね
しかも造形が完璧ではないところがミソ
それ故に、自らの美しさを理解していない立ち居振る舞いの破壊力が
いや増していた気がする(^_^)

歌は・・・どうだったんだろう?f(^_^;

「ひぃびけ~~♪」
って、予告編の歌声に惹かれて観賞したのだけれど、そこまで上手かったかどうかは微妙かもだけど(笑)
でも胸に迫ってくるものはありました。
イノハリ、また聞きたいね(* ̄∇ ̄)ノ

そして志尊淳。
ウチ(川崎フロンターレ・笑)の小林悠の入団時のような中性的な不思議な魅力を持つ元トッキュウ1号(笑)

最初は、優しすぎる感じかなって思ってたけれど・・・
徐々に芯の強さみたいなもの、
アリスへの愛情の深さが滲み出てきて
最後はいい顔してたな、って(^_^)

魅力ある役者を新たに発見出来て得した気分です
( ̄▽ ̄)b!

中条あやみと志尊淳が煌めいていて、
だからこそ成立した。

そう思える素敵な作品でした。(^_^)


追記。
・サントラ欲しくなっちゃった(^_^)
・仮面ライダーネクロム、ホントはそんなキャラだったの?(笑)
・中条あやみの無防備さが危険だったなぁ~♪f(^_^;(笑)
・あれ?って思ったけど、やっぱ仮面ライダーナデシコ(真野恵里菜)だった
( ̄▽ ̄)b!
・ヴォーカルが真野恵里菜から中条あやみに変わっても、全く話題にならない問題(笑)

・「偏愛映画」f(^_^;
もっといいネーミング教えてください(笑)
m(_ _)m
福山リョウコさんの漫画がすべて好きで、『覆面系ノイズ』も全巻購入して愛読。
最もスキな漫画家さんの一人。
実写映画化した本作には色々ツッコミどころはあるが、(ユズの身長とかユズの身長とかユズの身長とか)そこは許容範囲。
実写化されたらまあ、こうなるよねと納得は出来た。

でも、やはり少女漫画原作のもの(特にティーン向けの青春ラブストーリー)を男性の監督がメガホンを取るのでは、ただの表面だけを掬い上げる感じになってしまい、本質(どこにトキメクのかなど)を捉えきれない気が。(見方や感覚、感情移入の仕方にどうしてもズレが生じてしまう……。)
あと、原作にあるメッセージ性やこの作品を通して何を伝えたいかという肝の部分が見えてこない。

ニノ、ユズ、モモはじめ登場人物の良さがほとんど殺されている。
2時間だけでしか描けないからしょうがないとはいえ、削るとこと残すとこの塩梅がちょっと下手かなと。
そもそも2次元のものを3次元に落とし込むことにより、生じる違和感がどうしても拭えないから、実写映画化に適してる漫画はかなり少ない気がする。
2次元なら受け入れられることが3次元では生々しすぎて……。単純に違和感。
特にニノのあの性格をポジティブな形で3次元に落とし込むのはかなり難易度高いかと。
ハルヨシ先輩のキャラも原作読んでない人にとっては意味がわからない気がするから、もうそこはバッサリ切ってしまっても良かったんじゃないかなと思う。

あと、子役の演出をもうちょっと頑張ってほしい。

欲を言うならば、ベースの運指、もう少し再現してほしかったな〜〜。
ま

まの感想・評価

-
友だちの誘いで6回程鑑賞。中条あやみちゃんの歌が意外と上手くてよかった。
Filmikas

Filmikasの感想・評価

3.2
こういう感じの映画を初めて見た
カナリヤは中条あやみの声に合ってて良かった
>|