覆面系ノイズの作品情報・感想・評価

覆面系ノイズ2017年製作の映画)

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:116分

3.1

あらすじ

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称…

歌うことが大好きな仁乃は、幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃は、6年後の高校生になったある日、学校でユズと再会。 ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称イノハリ)のボーカルに誘われた仁乃は、新たに歌う場所を得て、その歌声に磨きをかけ、もう一人の会いたい人・モモに声を届けるため再び歌いだす。 そんなある日、モモらしい人物がプロデュースするという音楽会社の新人ボーカルオーディションを発見!果たして、それは本当のモモなのか?仁乃、ユズ、モモそれぞれの溢れる想いが、周囲も巻き込みながら動き出す…!

「覆面系ノイズ」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作は読んでいません。
志尊淳、磯村勇斗が出ているので気になって鑑賞。
おそらくいろんな部分が省略されているのだろうと思うのですが、少し急な展開で終わった印象。
中條あやみがかわい過ぎてスタイル良過ぎて、ユズの気持ちメインに感情移入した。
切なくて泣いた。
桃はずるい。
アリスが最後ユズの歌を選んで戻ってきたことが嬉しかったけど、なんか物足りない気持ちになった。
乙女力ガーデニング第2弾w

ポーリン目当ての観賞記録(。-_-。)

覆面バンドかー…最近だとMWAM?あ、作品の楽曲監修も彼らなのね、納得(笑)

でもゴメンね…私は覆面系と言われるとSlipknotなんだわ(凶)

いかんいかん…ガーデニング!

チアダンで踊って、今作では歌って…
細々とした部分には…目を瞑るとします。
だってポーリン大好きだから(爆)

マンガならキュンキュンするトコも緩めで…全体的にフワフワした感じですね。

個人的に残念なのはバンドパート。
弾んでないなー…拙さとかまで含めて、絶対特権的なエモさが主張してこない。
感情は音に乗るんだよー…

観終わった後に、めっちゃバン音を漁って聴きまくってしまいました…

SHISHAMOをおつまみにして、最近のインディーズを流し聴きしながら…

そういえば学祭でゴシックメイクしたわー
(*´ω`*)

グリーンの下地に、白を乗せるとね…
病的な白さになるんですよ👻
極めつけはスモーキーアイと黒リップで完璧に悪い方の魔女になります。
次のハロウィンでお試しあれー🎃

なに、この謎な幕引き…(爆)

乙女力、蘇ったかしら(笑)
ZPM

ZPMの感想・評価

3.5
中条あやみ 可愛すぎる。。。

バンドをやっていた身として、少なからず表舞台に立ちたかった願望があるから、感情が揺さぶられるんだよな。この作品はバンドのサクセスストーリーがメインではないので、それとは違うんだけどね。
suzu

suzuの感想・評価

2.4
途中までテンポがよかったのに中盤ぐらいから中だるみあり。あやみちゃんのお芝居がまだまだでも、顔のかわいさと歌唱力で充分カバー出来た。キャストはいいのにストーリーがあんまりで勿体ない。
ayk

aykの感想・評価

3.2
高校生の恋愛にしては大人っぽい恋模様で、わたしは好きなストーリーでした。
少し雑な部分はあるかなーとは思ったけど。
でも歌はよかったし、キャストも好きだから、そこそこ楽しめたし、終わり方はスッキリしてたから残念感はない。
milky

milkyの感想・評価

2.9
終始(ポーリンッ!)って感じ。ニセコイにも少しだけ期待できる演技。
「~かしら。」とかちょっとわざとらしいのは気になる。
志尊淳の前髪はなんなんでしょうか。
ゴスロリとかも好きなのでバンドのイメージは好き。
高校を映画に使うとなぜあんなに制服着崩してるのかはわからない。
バンドメンバーの金髪はIKKOかやっぴかとおもった。ちょっとゴリゴリすぎ。
関西弁は慣れてないのか耳に入ってこない。
鎌倉の街には、行きたい。
MAN WITH A MISSIONが監修?してるので音楽はやっぱり寄ってるけど、ニノやユスの気持ちは反映できてるのかな。

オチもまぁ普通だったのでスマホ見ながらって感じ。
少女漫画原作なので頑張って作ったのかなぁーと。
moe

moeの感想・評価

2.5
役柄みんな前髪が長すぎて制服の時はいいけど、ステージ衣装になると厨二病感がしてあんまり好きじゃなかったです。ストーリー的にはまあまあって感じですかね。今回は桃(小関裕太)目当てで見たので、次自分から見ようとは思わないですね。
mari

mariの感想・評価

3.2
そうか、そうだよね、
漫画を実写化する難しさってここにあるし
想像できないほどたくさんあるよねって、
ずっと思いながら観てた。

キャストうんぬんを抜きにしたとしても
漫画だからこそ描ける躍動感とか心理描写があって、
実写にしていざ人が演じてみると
そうじゃない感がでるのは当たり前だと思う。

それでも全く無意味な映画じゃないと思うし
思いたくないし、
映画だからこそ表現できることが少しは、
ほんの少しはあると思いたい。
yuuki

yuukiの感想・評価

3.2
前職オフィスが撮影に使われていて気になっていた作品。

真野恵里菜の役をもうちょい大事にして欲しかったなぁ。

中条あやみは出演作品のなかで一番ハマってた感じある。
小関裕太ほんとかっこいい。
YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.1
テンポが早くてせっかくのもどかしい思いが届かない時間があっという間に過ぎてった。
映画の時間だから仕方がないが少しあっさりしてたかなと。
そして出てくるみんなが鈍感過ぎてイライラするくらい。
結局最後こうなるよねって。
でも音楽も良かったし演技もそこまで違和感無かったから楽しく最後まで見れたかな。
>|