高台家の人々の作品情報・感想・評価

「高台家の人々」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

付き合っている人が実は人の心を読める人はいだったらどうしよう。
斎藤工演じる高台さんのおばあさんは人の心を読む能力があって孫の高台さん達にもその能力がある。
沢山の人の声が聞こえる生活というのも心休まらなかったり嫌な思いをすることもあるだろう。そんな高台さんは妄想に浸るのが大好きな平野さんに出会う。
2人は次第に恋に落ちるが、ある日高台さんに心を読む力があると知り平野さんは複雑に感じるのだ。
なんとか心を読まれないように、わたしもそうやって振舞ってしまうかもしれない。
全部を知られるなんて恥ずかしい!そう感じてしまってる。
でも本当に好きな人なら、これから先人生を歩んで行く人ならきっと全てを晒せるような人じゃなきゃやっていけないのかもしれない。
2人の恋は前途多難だけれど幸多からんことを願う。
よお

よおの感想・評価

3.5
綾瀬はるか主演のちょっとコミカルな映画ってどれも好きだなー
かわいい。
私も妄想癖だからもし心が読まれてたら困る。笑
苺

苺の感想・評価

3.4
思ったより面白かった。
妄想ばかりしてる主人公だけど可愛い♡
人の心の中が読める高台家の人たち。
斎藤工かっこいいなー!
綾瀬はるかの妄想劇がシュールかつ面白くて楽しかった^ ^
後半はちょっと暗くなってパワーダウンが残念。
全体的には良かったけどね。
でも心の中読まれたら嫌だな笑
む

むの感想・評価

3.0
心が読めたらなと思う事はあるけど
読めるのも読まれるのもつらい。
でもおもしろかった。
とりん

とりんの感想・評価

3.0
2019年15本目

妄想癖強目、冴えないOLの木絵の勤める会社に突然転勤してきた名家である高台家の長男・光正。木絵の純粋さに惹かれた光正と付き合うことになるが、高台家には代々引き継がれる人の心を読むというテレパシー能力があった。婚約までいく2人だったが、その能力のことを知った木絵は、能力を知らない頃の気持ちにはなかなかなれず…

久しぶりにこういうタイプの映画を観た。
話の展開からザ・少女漫画らしい、そんな展開のような雰囲気があった。
高嶺の花である王子様的存在と不釣り合いと思いながらも付き合うことができて、隠された秘密を知り、葛藤する様が描かれるという感じ。
そこにテレパスというSFチックな要素も加わり、高台家の家柄や雰囲気からもなんかおとぎ話のようにも感じる部分があった。

よくテレビにも出る2枚目セクシー俳優の斎藤工や天然系女優の綾瀬はるかをはじめ、間宮祥太郎や坂口健太郎といった今をときめく若手から大地真央や市村正親といった大物俳優が脇を固めている。
内容が内容だけにこのメンツ揃えても、演技力が光るという面は特にない。
まぁこれといって中身がなく、気軽に単純に楽しめる映画。
コロン

コロンの感想・評価

3.5
面白かった。
妄想についていけないかと思っていたけど。。。
それぞれのキャストも良く、上映当時は観たい作品ではなかったけど、今回観れて良かった。
安曇野の風景が懐かしかった。
原作を読んでみたい。
hatti

hattiの感想・評価

3.8
ゆるく観られて可愛らしい作品(^o^)b
主人公(綾瀬はるか)の妄想が笑える!
hamu

hamuの感想・評価

3.8
何となく観てみたら予想以上に良かったし満足!
綾瀬はるかにピッタリの役で最後のシーンが好き♡
塚地いい仕事してる

マンガちっくだけと、いい感じ。そして、うるってする映画でした
漫画を少し読んだときこれはおもろしろい!と思っていたので、やっと観れて良かった!!
これはおもしろい!!

キャラクターがみんな愛らしい~
妄想のラフな演出もわりと好き笑
疲れたときに何となーく観るのにおすすめ!
ビデオがよき!

話のテンポも良くて◎
オチも納得で満足!
>|