怪談新耳袋Gメン 復活編の作品情報・感想・評価

怪談新耳袋Gメン 復活編2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

3.2

「怪談新耳袋Gメン 復活編」に投稿された感想・評価


「怪談新耳袋 殴り込みシリーズ」の復活編。

メンバーのエースとも言える「ギンティ小林」が抜け、新体制に。

「サーモグラフィ」や「電磁波検知器」などの科学機器。

日本人形の「はち」に加え、新たに、「夏のホラー秘宝まつり 2017」のイメージガール「荻野可鈴(夢みるアドレセンス)」が手に持つ西洋人形(“加工”あり)。

更に、助っ人に、落語家の「林家しん平」や、映画監督の「西村喜廣」を投入と、準備万端の中、心霊スポットに挑むが…。



※正直、舞台挨拶の方が、裏話や本音が聞けて、楽しかったかな(苦笑)
Tshin

Tshinの感想・評価

4.0
ホラーも極まればコメディだし、逆にコメディも極まればホラーのような関係が垣間見れる作品
相変わらず楽しくて怖いガチガチのドキュメントでした( ´∀`)
ネット

ネットの感想・評価

2.9
フィクションのホラーで、恐怖の中心をつとめるのは「不気味なもの」であるが、今作はその「不気味なもの」の出現を待つ話なので、恐怖の中心が不在の空間しか映らない。要するに退屈してしまった。ごめんなさーい。
海の場面は好き。個人的に夜の海に惹かれるから。
一郎

一郎の感想・評価

2.6
こういう馬鹿な事をふざけてやっているのが、最高です。
夜中に一人で、心霊スポットに行く勇気は無いですが。