ミスミソウの作品情報・感想・評価

ミスミソウ2017年製作の映画)

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:114分

あらすじ

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え…

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

「ミスミソウ」に投稿された感想・評価

やられた…
鑑賞中力が入りすぎていたのか観賞後に首が痛くなった…

原作未読故にこのシーンは何故こうなった?というところが多かった。なので、
血を流さずには終われないと言わんばかりの白い服を着てようが、殺す方は色のある服を着ているとか、
こんなんありえないでしょ(笑)とかは気にしない。

復讐の話だが爽快という作りではない。
今の中学生の家庭事情、性癖、イジメなど、いかなる「病み」と「闇」が交錯する。良い意味で非常に気持ちが悪い。
バトル・ロワイアルから18年、年々とこの手の表現は当たり前になってきている。

先生の死に方が一番ヤバかった…
わいな

わいなの感想・評価

2.4
うーーーーーーーーーん
個人的には原作読んでたら省略した部分が気になるし、未読だったらちょっと理解が難しい映画だと思う…
再現してるとこの再現具合は素晴らしいが、改変したとこやそこ省いたらそのシーン意味なくね?みたいなとこがちょいちょい。
タテタカコの道程が予告の時点でめちゃくちゃツボにはまって、映画館で聴けたことが一番良かった。その次に色彩。服とか雪とか血とかでの色的表現。
それ以外は…特に。
まい

まいの感想・評価

3.5
原作読んでて、実写だとどうなるんだろーって気になって観賞👀

悪くなかった!

いじめってなんで起こるんだろうね。
大人にならないと
いかにくだらないってことだって、
気付かないもんかね。
撮照(四宮秀俊×秋山恵二郎)にだいぶ救われてる。山田杏奈は確かにいいが、大塚れなもまた印象深い。


演出0.7
人間0.8
構成0.7
驚き0.8
趣味0.7


演出=総合的な演出
人間=俳優および被写体の魅力
構成=脚本や画面の全体的な構成
驚き=斬新さ、意外さ
趣味=個人的な好き嫌いの印象
しの

しのの感想・評価

3.0
原作と結構な違いがあって、それを映画化するに当たって良さうんでた。
先生をはじめボーイフレンド的存在のヤバイ男までも最終とち狂ってる、という徹底した救いがない話でそこらへんは、いやいやいやってなる。
佐山→たえちゃん→主人公。この女の子が女の子に憧れたり特別な感情を抱いてしまうっていうのが私的にはこの話のいちばんリアルを感じるとこ!
Junko

Junkoの感想・評価

3.2
あんまり見てはいけない場類の映画。
途中、あぁこれで終わりって、安心してたら、も一つ山があった。
登場人物みんな病んでる。
何も無い田舎には異常者しかいない、ということを教えてくれる作品。

目を覆いたくなるシーン盛り沢山でそれが売りの一つなんでしょうが、いろんな形の愛を観せてくれる傑作です。

使い古された雪の白と血の赤のコントラスト。
恐ろしくも美しい描写に、山田杏奈はぴったりハマっていました。

原作とは違う終わりかたも、原作ファンがみたかった原作を補完できる良い改変になったのではないでしょうか。
皆山

皆山の感想・評価

3.4
B級のわりには案外見れた。
いじめっ子たちと妹の演技力はおやおや?って感じだったけど、てか全体的に演技クオリティはイマイチだったけど、カメラワークが自然だったから見やすかったのかな〜
主演の子、美人なのになんか儚げで素朴さがあって、雪山に似合いすぎてた。
でひと

でひとの感想・評価

4.2
超A級の、B級カルト

あくまで、完成度を評しての点数。
限定的な意味で。

だからといってオススメできるかといえば、全くそうではない。

ただ漠然と「観てみようかな」と思っている方々には、是非観ないでもらいたい。ちょっとしたトラウマものだ。
こんなもの観る奴の気がしれない。

だがしかし、原作漫画に強く影響を受けた方々。あなた達には是非とも観てもらいたい。
ここまでしっかり原作を読み込み、それを再現することに全力を尽くしている作品は、他に無いと言っていい。
この監督はアホだ。変態だ。
だからこそ、天才だ。

あまりにも真っ直ぐなものは、ひどく歪んで見える。

役者が皆ハマり役。上手い演技も下手な演技も、上手く采配が取られているが故か、この作品の生々しさをより際立たせていた。

特にルミ役の女の子は凄い。
こんなものに出ちゃダメだって。

「もう一度観たいか」と問われれば、答えに窮してしまう。
だけれど、この映画を観たことは、終生忘れ得ない気がする。

限定的な意味で、名作。
edmm

edmmの感想・評価

-
これもしも1億で撮ったらもっとクオリティ高いスプラッタ観れたかなと一瞬思ったけど、それはそれでダメな方向の絶望感増すし、そもそも原作の独特な画を考えるとこれでよかったんだと思た
>|