ミスミソウの作品情報・感想・評価・動画配信

「ミスミソウ」に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

-
清水尋也がサイコ演じきっててかなり好きだった
思ったほどグロくはなかったけど映像は綺麗だな〜って思った、
殺しあう人々。登場人物全員サイコパス。カッとなれば殺害。殺したもん勝ち。
皆の胸ポケットにはナイフ。雪を掻き分ければそこにはアイテム。
警察はこの村に存在しないのだから!
Miki

Mikiの感想・評価

4.5
途中、オチが見えてよくあるやつねって思ってたらちゃうかった。
血の出かたが、
嘘っぽいからまだ観れた感はある。
白に赤は映える。
HARUSUI

HARUSUIの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作漫画を知っていたため、実写版が無料配信でラッキーと観賞いたしました。

原作漫画では、ラスト、不覚にも泣いてしまいました。本来、透明で純粋な少女が、一瞬にしてドロッドロな、暗くて重い、やり場のない気持ちを背負い、自己決着をつける。ラストも自己決着。
大好きなおじいちゃんの心の中では、美しい少女に戻れたかな。というラスト。

実写ではどうだろうか?
忠実すぎる。ストーリーやグロテスクな凄惨な場面。全部忠実に漫画のとおり。
だから、演者の感情が全くない。
演技力の問題もあるとは思いますが、どうしてこうなった!?という出来になってしまっています。
これでは、ただの気持ち悪い映画じゃないですか。
原作は、読み手の気持ちが痛くなるほど、揺さぶられたのに。

唯一、演技が上手いと思えたのは、ルミ役の子です。
あとは、残念です。
原作が良いので、一応平均点です。
m

mの感想・評価

3.6
白に赤が映える映画

めちゃめちゃグロくて何回も見られへんシーンあったけどなぜか見てしまう、、

俗に言う胸糞映画やってんけど主人公の立場になったらまあ覚醒してしまうよなあって

おばあちゃんとおじいちゃんの二つのシーンは心が痛すぎて本当に無理だった

こんなやばい人しかおらん村怖すぎる、、

春になったらわかるから。この台詞が警察が動かんかった理由やなあ。

全部の言葉になにかしらの意味があって面白かった
映像も感情もとてもグロい。
間違いなく胸糞。
全員どうかしてる。時代設定を江戸ぐらいにした方がしっくりくるレベル。

こういう作品は普段一切選ばないが、これはなにより主人公がかわいい。
雪に飛び散る血が映える。かわいい。
ひぐらしのなく頃に感ある。むしろ8割それ。

むしろ最後の5分から本編。
Ririko

Ririkoの感想・評価

3.0
【復讐、偏愛、憎悪】
原作漫画を読んで感じた胸糞さを映画でも感じた。後味はすごく悪い。
誰も救われないし、何も残らない映画。

復讐シーンは主人公のサイコパス感が凄まじく、目を背けたくなる。
グロくて残虐だけど、白い雪に映える赤い血のコントラストが美しい。

10代(というか全世代?)特有の醜い感情が現れていたのではないかと思う。
現実に刺激を求める、憎悪にも近い嫉妬を抱く、誰かに認めてもらいたいと思う、他人のことは考えず自己中心的な考えをする…。

閉鎖された街で渦巻くそれらの感情は、登場人物を大きく狂わせていた。

感じたのは、何かに執着しすぎるというのはとても恐ろしいということ。


ミスミソウは厳しい冬を耐え抜いた後に、雪を割るようにして咲く花。花言葉は「自信、信頼」だそう。
lune

luneの感想・評価

2.7
人は何かに耐えて自分を押し殺して生きる物

自分を自分で操る
ken

kenの感想・評価

2.8
マンガ原作を読んでたからあらすじやオチは分かってたけど、実写で現実的に描写するとツッコミ所多々出てくるがこんな感じになるんだね。スプラッター度高っ。押切さんの画風からすると、実写で美少女達が演じちゃうと別物に思っちゃうね。(2020-203-5-50)
すず

すずの感想・評価

-
2020年24本目。

刃物切れ味良過ぎないか?
クオリティが低いグロ。

最後、エイム良過ぎねえ?

山田杏奈は可愛かった。
>|