ミスミソウの作品情報・感想・評価

ミスミソウ2017年製作の映画)

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え…

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

「ミスミソウ」に投稿された感想・評価

さめた

さめたの感想・評価

5.0
原作を読む前に先に映画を見たためか、とても衝撃でした。清水尋也くんが好きで観に行ったのもありますが、他の役者さん全員の演技がすごかった。雪の白に血の赤が映えて、悲しくも美しい映像にも惹かれます。
ぽこた

ぽこたの感想・評価

4.0
手に汗握って少女を応援する。
殺せ殺せー!ってなる。

映像が綺麗で、主人公の女の子が本当に可愛い。綺麗。
胸くそもあるし、つらくなるけど、幸せになってほしいって思わずにはいられない。
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

4.0
原作の漫画が好きで、楽しみに待ってた映画。漫画のまんま。最後まで救いようのない鬱映画。
おかつ

おかつの感想・評価

3.3
好みで言ったら好きでは無いが無駄が無くテンポも良く、作品の緊張感から目が離せない。

キャラクターそれぞれどれも漫画から出てきたと言ったデフォルメの効きすぎたキャラクターでリアリティが無いが、胸糞悪さと、復讐劇の悪魔的快感で画面にずっと惹きつけられた。
さささ

さささの感想・評価

4.3
映像がすごくきれいだった。私はグロいの結構好きだけど、特に好きなのが、こういったきれいさのあるグロいものが好きで、個人的にはめちゃくちゃ好きな作品でした。でも特にこの作品に魅力を感じた点としては、実はグロさではなくて、内容の面白さと、高校生特有の人間関係の儚さが刺さりまくって大好きになりました。
だからこの作品だと逆にグロ描写を三分の一ぐらいに減らしてくれたらな…とか思ってしまいました。(原作物なのでしょうがないですが)
とにかくこの手の人間関係こじれた話大好きです!

このレビューはネタバレを含みます

原作既読。実写映画には裏切られることもちょいちょいあったけど、これは当たり。胸糞悪いシーンはより胸糞悪く、痛そうなシーンはより痛そうに、デフォルメされた絵の原作が実写化することでエグさも倍増。反面、主人公の超人的な戦闘力とか、放火のシーンのあたりに違和感を感じてしまうこともあったけど、ご愛嬌なレベル。子役はみんな怪演でした。特にるみちゃん。

原作には無かったラストの卒業式のシーン、死後の世界なのかなと思った。たえちゃん、ジョジョのキャラクター並みの耐久力だね。突っ込みどころはそこが一番だったかな。あと、教室に戻った時に窓から飛び降りたりしないかとヒヤヒヤした。

映画を観た後は、原作を読んだ人もそうでない人も改めて原作を見てみるといいと思う。たえちゃんは明らかに最初虐めてたけど映画には無かったことにされてたり、映画では深掘りされなかったほかのいじめっこ達の悲惨な家庭事情とか。おじいちゃんのラストもいいよね。ディレクターズカット版とかで無いものかな。
Saku

Sakuの感想・評価

3.6
都内で1劇場だけ公開していることを知り早急に観にいってきた。ちなみに2本立てでもう一つが「私は絶対許さない」という作品。

最近山田杏奈さんに注目していてミスミソウは気になっていたものの正直原作を知らないしどんな内容か詳しく知らなかった。
中学生の少女がいじめられた復讐をするっていう単純な前情報で観にいったらエグみが深すぎた...
田舎の民は皆どこか狂ってるのか?と思ってしまうほど登場人物がサイコ野郎ばかりだった。
これでもかとばかりに、グサリグサリやるし音もエグいし個人的にはグロさが復讐の爽快感を上回ってしまった(人によってはカタルシスを感じるようだけど)。
有名な演者は山田杏奈さんと清水尋也くんぐらいだと思うけど、同級生のキャスティングや演技もある種中学生のそれがリアルに感じられてよかった。
特に目にブツが刺さった少女の「ねえこれ触らない方がいいかな?」ってセリフが妙に身近に感じて気持ち悪さを感じた。
最後のシーンは映画オリジナルラストらしいけど、数少ない希望ともいえるものがみられて少しだけほっとした。
鮮血萌えと言うべきか…。血に染まる雪景色って最高ですね。美男美女は返り血を浴びるとより美しくなる。
序盤の惨劇が起きる過程を遡って描くことで、切ない愛憎劇が浮かび上がってくる構成が良かった。
グロい、エグい、でもなんか笑ける仕上がりですね。
ちょっと無理やり感もあって、お世辞にもお勧めはできませんが、ビデオで時間もて余す時にでも見てください。
これこそ青春映画。

ただ思い描く青春とは真逆。
冬の地で、真っ赤に染まる雪景色。
まさに青春の「真逆」
でもこれがリアルなんだと思う。
万人が思い描く青春とは、思い描くそれとは「真逆」なんだと思う。

人を好きになり、人を羨み、人を傷つける。己の本能の赴くままに動く。抑制はきかない。それこそまさに若者の姿だと思う。
内藤監督も言ってたけど、「人を傷つけることで、自分を傷つける、ある種自称行為」が青春の根っこにあるものなんだと思う。
そこから、何気ない生活が幸せなんだ、幸せだったんだと築く。

中学生だからこそ、あんなに純粋で、そして残虐になれる。
ここに映画というものの本質を見た気がしました。

ただちょっとグロすぎた、、、。
もうちょっと抑えてたら5.0。
>|