ミスミソウの作品情報・感想・評価

ミスミソウ2017年製作の映画)

上映日:2018年04月07日

製作国:

上映時間:114分

3.8

あらすじ

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え…

東京から田舎に転校してきた主人公・野咲春花(のざき・はるか)は“部外者”として扱われ、壮絶なイジメを受けていた。春花の唯一の味方は、同じように転校してきたクラスメイトの相場晄(あいば・みつる)。彼を心の支えに必死に耐えてきた春花だがイジメは日に日にエスカレートしていった。そして、ある日、激しく燃え上がる炎が春花の家を覆い尽く。思いもよらない悲劇に遭遇した春花の心は、崩壊する── 。厳しい冬を耐え抜いた後に雪を割るようにして咲く花、三角草(ミスミソウ)。春花はミスミソウのように厳しい冬を耐えて、きれいな花を咲かせることができるのか…。春花が選んだ道とは・・・。

「ミスミソウ」に投稿された感想・評価

紫色部

紫色部の感想・評価

3.5
2018.7.18 UPLINK(内藤瑛亮、田坂公章トークイベント)

もはや神話的ですらある
おQ

おQの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

すっごいよかった。毎日「道程」聴きまくり。エンディングまでわざと聴かせないとこもよかった。ヒロインが、やばくなると手元になぜか武器があるのも最後まで意味があったし、ゾクゾクした。みんな演技賞。
一言で言うと少女がいじめられて復讐するお話し…
ただそのいじめも復讐もかなりハード(笑)
中学生がここまでやるか!と思うくらいハードでイカれたヤツばかりで復讐の時ゎスカッとした(*^^*)
血の出方や殺され方ゎちょっと作り物っぽさがあり不満ゎありましたがなかなか個性的な殺し方で良かったと思います。
そして雪と血ゎこういった映画でゎ鉄板ですよね(^-^)
血が綺麗に見えるし見せ方も良かった!
雪割草(ミスミソウ)の花言葉…
『自信』『信頼』『期待』など、まさにこの映画のテーマ!って感じがしましたm(__)m
さとう

さとうの感想・評価

3.9
俗っぽいとこがあまり合わないんのだが、内藤監督はスキルがあがっていってて、もしかしたらスピルバーグになれるかもしれない。殺し方が一辺倒でちと飽きるのが欠点で、まあ除雪車から血染めの雪が出てくるのはアリだろう。全員サイコパスにすることによってさしてメロドラマにならないようにしてるところがある。大きな穴は女囚さそりをイメージしてるのだろう
シネマスコーレにて、内藤瑛亮監督の舞台挨拶付きで鑑賞。ミッドランドスクエアでの上映を見逃していたため、スコーレでアンコールがかかったのは嬉しい限り。

もともと、原作のショッキングさを知っているからこそ、あれを映像化したものを観られる勇気がなく二の足を踏んでいた。
いざ観てみると、映像としてのショッキングさはあったものの、それ以上に映像美が印象的だった。“赤”(血、コート)と“白”(雪、肌)のコントラスト、そして、美少女が美少女をめった殺しにする映像、それがもうとにかくエモーショナルさと相まって美しい。
キャストは演技経験も浅い無名な子が多いものの、その狙っていない演技が良く、刹那的なきらめきを放っていた。その中で唯一自分の知っている、清水尋也がもうさすが。クライマックスの演技にぞくぞくした。

このレビューはネタバレを含みます

オールスターキチガイ青春リベンジムービー!
1つ不満を言わせてもらうならエンドロールで道程が聞きたかった…
華

華の感想・評価

3.0
そんなに血が飛ぶ映画だと知らずにミステリーをみにいったと思ったらエラい目にあった。

全員狂っててなんだそれそれ。

でもね、ムカつきすぎて復讐の場面イケイケオーライでした。
見たこともそのうち忘れそう。

主人公の子は可愛かった。
もう少し演技力と声量があればいいと思う。これからに期待。
とても良かった。

原作の世界観を崩さず、実写ならではの、雪国感というか美しくも閉塞的な感じが素敵だった。

配役も良かった。
妹とかルックスは原作と違うじゃんと思わせるけど、ちゃんと物語で世界観を損なわなく見せる。

みなさんおっしゃるように、作り物がチープなのと、クラスメイトが可愛すぎるのはご愛嬌。

雪と血と赤いコートと黒い瞳。
美しかった。
MOCHIWAR

MOCHIWARの感想・評価

3.8
映画としての倫理観がキチンとしている。内藤瑛亮はめちゃ映画見てる。

雪のルックが良いぞ
内藤作品は前作の「ライチ光クラブ」は未見なのですが、良く悪くもイヤ〜なグロ作品のイメージ。そして本作も同様のテイストで復讐作品なのですが、グロさにも説得力があって登場人物にもリアリティがありました。「これ、触んない方がいいのかなぁ」とかの中学生っぽいリアクションはたまらなかったです。村社会のコミュニティでエスカレートする展開もバランス良く描かれてます。ストーリーにアラが多少ありますが、ジャンル映画なので問題なし!
>|