ミスミソウの作品情報・感想・評価

「ミスミソウ」に投稿された感想・評価

超~~残酷で過激シーン満載で始まりから終わりまで全てが鬱展開な作品なんですけど、主人公周りの人間関係が百合空間なので私的にはすごくすごく....切ない気持ちな内容だったかな。

...百合に男は入るな!ってことかな。
18/12/11

恋は人を狂わすな〜って

人殺しに加担しながら自分が殺されそうになると精一杯命乞いするなんて滑稽だよう
iD

iDの感想・評価

4.0
全く持って気持ちのいい映画ではないのですが、「閉塞感」から生まれる村社会やその中でのヒエラルキー、嫉妬や好意が人を駄目な方向へと突き動かす格好のエネルギーとなる様子が鮮明に描かれていて面白かったです。
2時間尺の映画だったのですが、開始1時間程でもう取り返しもつかない、ここからどうなりようもないぐらいのクライマックスを迎えるので、この先どう話を進めて行くのかと非常に興味深く見ていました。この映画唯一の健常者に感じていた清水くんが本性を表した瞬間(大好きなお婆ちゃんをタコ殴りのシーン)はまじで鳥肌が立ちました。笑

あと、ずっとエンドロールまで金髪の子は広瀬すず だと思って見ていたのですが、大谷凛花ちゃんだと知って驚きました。確かに、常々 朝のポケモンの番組に出てる凛花ちゃんを見て「広瀬すず に似てるよなぁ~」と思っていたのですが、まさかここで騙される(※本人に騙してるつもりは微塵もない。)とは、と。笑
これから徐々に注目されていくのかな。
kaori

kaoriの感想・評価

3.0
スプラッタームービーってことでいいのかな?

イジメの首謀者であった妙ちゃんだけが生き残るという斬新なストーリー
あれだけぐちゃぐちゃにされた手も動いてるし…死者多数大惨事の生き残りとして、夢に向かって頑張ってください、、、
とでも、エールを贈っておこうw
すっ

すっの感想・評価

-
知ってるキャストが1人もいないのに予告で気になって見た
誰も幸せならなくてみんな頭おかしい!
白い雪で血が映える!!!
お前もかよって突っ込んでしまった
なかなか見ごたえあった
みんな反社会的人格。ストーリーがあってないようなもの。割と高評価だけど、個人的に微妙。というか理解出来ない。こんなに意味不明な映画久しぶり。演技も特殊メイクも微妙でした。
いじめっ子の描き方が薄いし、主人公の心の変化も薄かったです。
サイコパスの描き方が酷い。
あんなにめちゃくちゃやっておいて、主犯は許すのはおかしいと思う。
警察も無能、教師も無能、家族も無能。
ただスプラッター作品を作った感が否めない。
あんこ

あんこの感想・評価

3.2
押切蓮介原作漫画の実写映画。
押切作品が結構好きで色々読んだんですが、その中でも屈指の胸糞悪い残酷な作品です。
割と原作に忠実に映像化されているんですが、特筆するべきなのはやっぱりその色使い。
雪で真っ白な背景に差し込まれる赤が映える映える。
結末に関しては原作と少し異なるのですが、これはこれでアリですね。
話の内容からしてあまり人にオススメ出来るような作品ではありませんが、一見の価値はあるかな?
一度予告編を見てからの判断を。
千里

千里の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

年間ベスト10を決める時期になり、気になりつつもあらすじが怖過ぎて見る勇気が出ずに劇場スルーしてた今作を観賞。純粋な気持ちのはずだったのに、どうしてこうなってしまったのか⋯ってことを可能な限り残酷に辛く描ききった作品。

人生生きてればどうしてこうなってしまったんだろう⋯と残念な結果に終わったことを振り返ることもあるが、今作はそれを終始残虐に描いてた。ラストの妙子の卒業からのEDにかける演出と表情で泣ける⋯。

原作は押切蓮介さんによる漫画作品なのだけど、押切蓮介さんと言うと自分の中では今年の夏クールに放映されていたアニメ「ハイスコアガール」の印象なので、あれだけ温かなラブコメ作品を描ける人が全く正反対のこういった作品も描けるって凄いなぁ⋯と。あと主演の山田杏奈さんが漫画原作の実写映画「咲-Saki-」で、染谷まこというちょっと口の悪くてくるっとした髪型のキャラクターを演じていたので、今作での正統派美少女姿(本来はこちらに近いのかな?)は印象が違って見えて凄い。
えぐい…。もっと点数下げたいけど、目が離せない吸引力があった。胸糞だけど、やっぱりエンタメだなぁ。
グロいの苦手なんですけど見やすかったです。清々しい感じで見れました。
>|